【決定版】不用品売りたい時は!?~不要な物を何でも売る方法~
家にある不用品を回収してほしい・・・あわよくば少しでも値が付いたらいい・・・なんて思ったことありますよね?

捨てるのはちょっともったいないけど、家に置いてあっても使わないものなど、効率よく処分する方法を、不用品のジャンルごとに分けて説明していきます。

ブランド姫ブランド姫

要らないものだけど捨てたくないものがいっぱい・・・そんなこと言ってるから部屋が片付かないんだけど・・・わかってはいるんだけど・・・


買取キング買取キング

そういうものを手軽に回収してくれる業者もいるし、不用品がどれくらいで売れるのか見てみない?

不用品が出るときはこんな時!

家にあるものが不要になるときはだいたいこのようなときが多いです。

  • 大掃除や引っ越しのとき
  • 新しいものを購入したとき
  • 身内が亡くなったとき

ごみとは言わないけど、必要のないものや、捨てるに捨てられないものは、こういったタイミングで出てきては溜まっていきます。日頃から気を付けて、不用品を溜める癖をなくすようにしましょう。

不用品を回収・売る方法はどんなものがあるか?

現状不用品を回収してほしい・売りたいといったときに選択肢として挙げられるのは以下のようなものがあります。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップはとにかく多ジャンルにわたり、利用することができる不用品を買取する方法の一つです。

本だったら「ブックオフ」。ブランド品だったら「KOMEHYO」や「大黒屋」など、専門ジャンルであれば、専門のリサイクルショップを利用するのが、より高額に売るときのコツです。それ以外のものは街の、なんでもリサイクルできるショップにもっていくと良いでしょう。

しかし、リサイクルショップは比較的状態の良いものでないと買取不可になってしまうこともあります。「まだ使用できるけど、不要だから売りたい」そんなものを手軽に売りたいときに便利です。

不用品回収業者に頼む

不用品回収業者は、リサイクルショップに出すには程度の悪いものなどを、あくまで「回収」してもらいたいときに利用しましょう。こちらはお金を出して引き取ってもらうので、まだ使用できて売れそうなものを業者に出すのは少々損になります。

ですが家電や家具など大きなものでも引き取ってもらえるといったメリットがあります。不用品回収については、地方自治体が運営しているものもありますが、民間企業がおこなっている業者のほうが値段は安い傾向があります。電話一本で出張してくれるような便利な業者も多いです。

粗大ごみの整理などに使用するのが主な使い方になります。

知人・友人に譲る

当たり前ですが、知り合いで需要がありそうなものであれば、譲るのが一番リサイクルとしては効率が良いかと思います。家電などは状態の良いものであれば、けっこう引き取り先も見つけやすそうです。趣味のもので、同様の趣味を持つ知人がいれば、そういった方に任せてもいいです。

ゴミをおしつけることだけはやめましょうね。

フリーマーケットに出す

家にあるものを、大小かかわらず幅広く売りたい時には、フリーマーケットを利用するのも手です。買取や回収とは違い「自分で値段をつけられる」というのがポイントかなと思います。ですが会場が限られていたり、出店の手続きなども多少面倒で、他の方法より多少手間がかかるのも否めません。

都内であれば、けっこういろんなところで頻繁におこなわれています。フリマの開催状況をまとめているサイトなどもあります。

多くのものを一度に売りたい、楽しみながら自分の手で売りたい方向きですので、早く処分したい方などは向きません。

ネットオークションを利用して売る

“フリマにわざわざ出すのは面倒だけど、ちゃんと自分で値段をつけて売りたい”という方には、ネットオークションを利用するのもおすすめです。ネットオークションの大手「Yahoo!オークション」はユーザーもとても多く、毎日多数の商品が出品されています。

そのほかにも最近ではフリマアプリなどもあり、スマートフォンなどからでも気軽に不用品を売ることができます。お客さんとの直接取引になるため、価値のあるものに関しては、回収業者やリサイクルショップなどに出すよりも、ウンと高い値段で売ることができます。

デメリットは配送などの手続きを自分でおこなわなければならないことと、システム利用の手数料などの費用がかかってしまう点です。実際これらを代行しているサービスなどもあるため、オークションで高い値段で売りたいけど、面倒な手続きはいやという方はこれらを利用するのも手です。

代行サービスについてはこちらで詳しく説明しています>>オークション出品代行って何?おすすめのヤフオク代行サービス

ネットの宅配買取で売る

今買取業界で伸びてきているのが「宅配買取」という買取サービスです。これはネットで申し込みをすると、宅配キットと呼ばれる段ボールや配送用のセットが届き、これに売りたいものを詰めて、業者に返送するだけで不用品を査定してくれるという便利なサービスです。

大手リサイクルショップなどはこの宅配買取を積極的に取り入れてきており、専門の業者に手間なく査定をお願いできることが一番のメリットです。基本的にどこの業者も無料で査定見積もりをしてくれるので、気軽に不用品を売りたいときなどに便利です。

「ブランド品」や「洋服」さらには「フィギュア」などの専門業者があったりと、各ジャンルに富んでいます。デメリットはリサイクルショップと同様に、不用品といっても使用できる程度の良いものでなければならない点です。なんでも買取・査定できるわけではありませんのでご注意を。

出張買取査定サービスを利用する

こちらも近年とても増えている買取方法で、宅配買取と少し似ていますが、こちらは家まで専門の査定員が出張買取にきてくれるサービスになっています。宅配買取と同様にネットで申し込みすると、最短で当日すぐに査定にきてくれるスピードが一番のメリットです。

その場で顔を合わせて査定してくれるため、細かいところにも突っ込めますし、交渉などの余地もあります。査定額に納得いけばその場で現金買取も可能なので、とにかく素早く売ってお金に換えることができます。

ですがこれも状態の良いもの、ブランド品など比較的価値の高いものが対象であることがほとんどです。地域によっては対応していない地域もまだまだ多いですが、これからどんどん増えていく買取サービスかと思います。

買取キング買取キング

せっかく値の付きそうなものをお金払って回収してもらうのはもったいないね!不用品と言っても「売れそうなもの」と「そうでないもの」は区別が必要だね!

【不用品のジャンル別!】回収先や買取業者の情報

ここからは不用品のジャンルに応じた、買取・回収の方法。高く売れるかそうでないかなど、気になる情報をまとめています。

一見不要なものでも誰かにとって価値があれば、それは高額買取のチャンスがあるということ。これを機に今一度家にある不用品の状況を見直してみてください。

要らない洋服・古着など

不用品として多く挙げられるのが、要らなくなった洋服です。特に流行りを追いかける人や、ワンシーズンで何着も服を買う人は、すぐにクローゼット中がいっぱいになってしまうことでしょう。

古着は不用品の中でも、かなりリサイクル性の高いものです。もちろんファッションブランド服や、ハイブランド服なら、「リサイクルショップ」「オークション・フリマ」などどこに行っても需要がありますし、ユニクロなどのファストファッションですら、回収してくれる業者は多数あります。

古着ジャンルは宅配買取サービスなどもとても盛んで、一度に多数の洋服を売ることができる「ブランディア」などをはじめとする、たくさんの業者が古着の買取・回収に利用されています。

バッグやブランド品

お金に換えられるチャンスが多いのは間違いなく、ブランド品のバッグなどがその筆頭です。人気や流行り廃りが激しい業界なので、商品の査定などはかなりピンキリで、専門の業者でないと扱いが難しいジャンルでもあります。

ブランド品はもちろんのこと、バッグ類や小物などもできるだけ、ブランド品のリサイクルを専門に扱っている業者にお願いするのがポイントです。このジャンルは物や状態によっては、購入時の定価などを上回る可能性も秘めています。

ブランド品などといった価値があるものは、いつでもどこでも売れる可能性が無限大です。そのためいくつかの業者で査定してもらい、しっかり比較した上で高額で買い取ってくれるところで売るのがベストです。

アクセサリー・金や宝石類

ブランド品などと同様に、価値はあっても査定しづらいのが、アクセサリーや金・宝石関連の製品です。これらもまずは専門の業者にて、査定をお願いするのが一番です。「宅配買取」や「出張買取サービス」などの業者も多数あるジャンルですので、まずはこれらを利用して価値を見てもらうのがおすすめです。

中でも宝石や金などは扱いが難しく、個体差や状態・グレードなどによって値段も大きく変動します。素人からすると買取額をごまかされたり、少なく見積もられることなどもあるため、これも必ず複数業者に査定に出した上で、納得できる価格で手放すようにしましょう。

家電製品・PCなど

家電製品は売れるものはリサイクルショップへ、破損があるものや使用するのが困難なもの、いわゆるジャンク品などは不用品回収業者に頼むという選択肢が主です。引越しなどに家電が不要になる場合には、引っ越し業者などに引き取ってもらうことなどもでき、これは業者などより安く引き取ってくれることもあります。

パソコンやその他周辺機器・カメラなどの専門性が高いものであれば、古いものや状態が悪くても、値が付くものも多いです。専門の買取業者やリサイクルショップなどもあるため、「パソコン」や「カメラ」、「オーディオ」や「ゲーム機器」などはその道の専門業者を当たるようにしましょう。

家具や雑貨

家具や雑貨も家電と同様に、リサイクルショップに出して、売れるものは売る、それ以外は不用品買取という流れになります。家具に関しては何点か査定する品があれば、リサイクルショップでも出張買取をおこなってくれます。状態の良いものであれば、買取してくれる場合も多いため、粗大ごみとして出す前に、査定だけでも出してみるべきです。

引越しなどで整理するときに家具は一番大きく邪魔になるため、真っ先に業者に回収に出したり、引っ越し屋さんにお金を払って回収してもらうことが多いですが、ソファなどあまりにも損傷が激しいものでない限り、リサイクルショップでも取り扱ってくれることを覚えておきましょう。

食器などキッチン用品

キッチン用品は不要とはいえ、まだまだ使用できるというものがほとんどかと思います。基本的にリサイクルショップで取り扱ってくれますが、ブランド食器など高価な品に関しては、専門の買取業者があるため、そちらを利用したほうがより高額な査定が付きやすいです。

そのほかにも日本では要らなくなった食器を、発展途上国などに送り、リサイクルしている業者なども多いです。不要と言っても使えないわけではないキッチン用品は、こうした業者に出すのも手です。

本・漫画・DVD・CDなど

本や漫画・CDなどは洋服と並び、とにかく量が多くて困る不用品のジャンルです。売れるものは「ブックオフ」などの書籍を専門に扱うリサイクルショップに出すのが無難です。基本的には二束三文にしかなりませんが、ちりも積もれば山となる可能性もあります。

特定のジャンルに特化した(アイドルグッズなど)書籍やCD・DVDなどは、それを専門に扱う「宅配買取」業者なども多数あります。限定品などのレアものなどは、ブックオフなどで売るよりもこうした専門業者に査定に出すか、もしくは自らネットオークションなどで売るのが一番値が付きます。

ピアノやギターなどの楽器

楽器はリサイクルショップなどでは、取り扱っている場所も少なく、一見捨てるか譲るくらいしか選択肢がないように思えます。しかし、知名度は低いですが専門の買取業者があるので、そういった場所で査定をお願いするのがベストです。ピアノなどは特に持ち運びなどもできないため、専門業者で出張買取をお願いするしか方法はありません。

ギターなど比較的小型の楽器なども、楽器専門のリサイクル業者を当たりましょう。状態にかかわらず引き取ってもらえることは多いですが、楽器の値段は落ちやすく、人気の商品でもない限り、かなり高額なものでさえ定価の1/5くらいの価格で買いたたかれてしまいます。回収してくれて、少しでもお金になればいいかな程度に思っておくのが良いでしょう。

玩具・フィギュアなど

コレクション性が高いものや、マニアがいる玩具屋フィギュアについては、高額な買取も期待できます。小さな不用品とも取れる玩具につきましては、街のリサイクルショップにもっていくか、普通にゴミとして破棄するしか方法はなさそうです。

フィギュアなどは近年少しブームにもなっており、フィギュア専門の買取業者などもあるため、こうした業者を利用するか、もしくはネットオークションなどが一番です。

スポーツ用品

「テニス」「野球」「ゴルフ」や「スノーボード」「サーフボード」などといったスポーツ用品は、リサイクルの需要も多く、多くのリサイクルショップまたは、スポーツ用品専門の買取業者などで売ることができます。中でも「ゴルフ用品」「スノーボード」などは不用品としては、場所も取るし最悪な部類ですが、中古市場としての規模は大きく、買取先には困りません。

査定に出す前に、多少磨いたりメンテナンスをおこなうことで、より高く売ることができます。

カー用品

カー用品は大きなものだと「タイヤ・ホイール」「マフラー」などから、小さなものだと、室内周辺用品まで様々ですが、まだまだ使用できるものは、カー用品専門の買取業者などで売ることができます。特に大きなものだと値段もつきやすく、「タイヤ・ホイール」などは4本セット(バイクなら2本)と欠落していない限りは買取してくれます。

カーナビなどもよほど古く使用できないものでない限り、PC機器などと同じような扱いで買い取ってくれる業者も多いです。室内で使用するような小さいものだと、買取してくれるところもあまりなく、知人に譲るか処分するくらいしか方法はありません。

遺品について

不用品としても売るに売れない、処分が難しいものの一つが「遺品」です。遺品整理をしたいと思っていても、なかなか進まないのは売りづらいことも関係してるかと思います。よくわからないけど、故人が集めていたものなど、価値がわからないという理由がほとんどです。

遺品の回収・買取にも専門の業者がいますので、面倒であれば業者に一括査定に出すのがおすすめです。「ブランドなどもよくわからない洋服や毛皮コート」などから、「収集していた着物や切手」など、とにかく古くて価値がよくわからないものなども、とにかくなんでも査定してくれるのが、遺品買取業者の特徴です。

出張買取サービスなどを展開している業者が多いので、遺品を整理・回収してもらいたいときは利用してみるとよいでしょう。

ブランド姫ブランド姫

なんとなくだけど、価値のありそうなものと。そうでないものがわかってきたわ。価値がありそうなものは「リサイクルショップ」「宅配買取」「出張買取サービス」などを積極的に利用して、場合によっては「ネットオークション」なども使えると効率が良さそうだわ。

買取キング買取キング

廃品回収や不用品回収を業者にお願いするのは、見るからにジャンク品なものとか、とにかく最終手段なんだ!まずは身近にあるほとんどのものが、今はリサイクルできる環境が整えられつつあるのを知ってほしかったんだ!