不用品回収は損をする!?不用品を売ってお金に換える方法と各ジャンルの買取業者を徹底解説!
家にある不用品を回収してほしい・・・あわよくば少しでも値が付いたらいいな・・・誰もが思ったことあるかと思います。

捨てるのはもったいないけど「家に置いてあっても使わないものなどを効率よく買取する方法」を紹介しています。

近年はかなり多ジャンルにわたり専門の買取業者がいるため、どんな品物でも売りやすくなっています。

ここでは不用品のジャンルごとに分けて「どこで売るのが良いのか?」「いくらくらいで売れるのか?」などを詳しく解説していきます。

不用品を処分する方法について

以下のようなときには不用品の処分が必要になるケースが多いのではないでしょうか。

  • 大掃除や引っ越しのとき
  • 新しいものを購入したとき
  • 身内が亡くなったとき

こういったときに不用品は出てきます。

不用品の処分には大きく分けると四種類の方法が考えられます。

  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップや買取業者で売る
  • フリマやオークションなどで自分で売る
  • 捨てる

まずは売れるものと売れないものを区別することが重要です。

しかしまだ使えるような品であれば、ほとんどの場合売ることができます。

不用品回収業者を使う

不用品回収は正直いってゴミを捨てるのとほぼ変わりません。

あくまで「回収」ですし、引き取りの費用も発生します。粗大ごみを捨てるのとほぼ変わりはありません。(※粗大ごみとして地方自治体に出すよりは安い場合もある)

電話一本で出張してくれるような便利な業者も多く使い勝手は良いですが、売れるものもすべて回収されてしまうことになるため、基本的にはあまり利用しない方向のほうが得かと思います。

どうしても処分に困る「大型の家具・家電(再利用が難しい品)」のみ利用するようにしましょう。

総合リサイクルショップで売る

不用品を売る方法として一番手軽なのが「総合リサイクルショップ」を利用することです。

総合リサイクルショップとは、簡単に言えば「どんな品物でも査定してくれて買取してくれるお店」のことです。

再利用の価値があるような品物は基本的になんでも買取してくれます。

専門分野には弱いため一つ一つの査定は安い

総合リサイクルショップの場合なんでも買取してくれるというメリットがある反面、専門分野に対する知識はさほど深くありません。

“見る人が見れば価値がある”といった貴重な品物でも安く買いたたかれるデメリットがあります。

一度に大量の不用品を買取してもらうことはできますが、価値のある品などが多い場合は金額的にはかなり損をする場合があります。

ブランド品なども対応してくれますが、ブランド専門の買取業者のほうが査定は高いです。

買取業者を利用して売る

ここでいう買取業者とはリサイクルショップなどではなく、専門分野に長けた業者のことです。

  • ブランド品買取業者
  • 家電・PC機器買取業者
  • 古本屋・古本買取業者

上記のような専門的なお店が該当します。

総合リサイクルショップのようになんでも買取してくれるわけではありませんが、専門分野に特化している分、自らの分野では比較的査定が高いという特徴があります。

不用品といっても様々なジャンルの品物がありますから、専門業者ごとでうまく使い分けながら売るというのがもっとも不用品を効率よく処分する方法です。

専門買取業者の宅配買取サービスについて

今買取業界で伸びてきているのが「宅配買取」という買取サービスです。

これはネットで申し込みをすると、宅配キットと呼ばれる段ボールや配送用のセットが届き、これに売りたいものを詰めて業者に返送するだけで不用品を査定してくれるという便利なサービスです。

持ち運ぶ手間などがかからない分「手間なく不用品を査定に出すことができる」というのが一番のメリットです。

宅配買取も「ブランド品・貴金属」や「洋服」、さらには「フィギュア」「楽器」などのかなりマニアックなジャンルでも専門業者があり、各ジャンルでかなり充実しています。

業者によって多少違いはありますが、基本的に無料で利用できるため使い勝手も良いです。(※業者によってはキャンセル時の返送料が発生する場合有り)

高額な品は出張買取サービスを利用できる場合も

ブランド品や着物など一部高額な品に関しては「出張買取」というサービスをおこなっている業者も存在します。

出張買取の場合は査定員が自宅まで来てくれて、その場で品物を査定して買取してもらうことができるため、宅配買取よりもさらに手軽に品物を売ることができます。

対面での対応になるため「より安心できる」という方も多いです。

フリーマーケットやネットオークションを利用する

リサイクルショップや買取業者以外でも「フリーマーケット」や「ネットオークション」最近では「フリマアプリ」などを利用して自分で売るという手もあります。

買取や回収とは違い「自分で値段をつけられる」というのがポイントで、一円でも高く売りたいという場合にはこの方法がベストである場合も多いです。

フリーマーケットなども都内であれば、けっこういろんなところで頻繁におこなわれています。

以下のようにフリマの開催状況をまとめているサイトもあるため参考までに。

フリマアプリやオークションも使いやすいが手間も少々

ネットオークションやフリマアプリは利用者も増えていて、かなり使い勝手も良くなっています。

しかし買取などと比較すると、自分でおこなわないといけない「出品作業」や「配送作業」などもあるため、手間を惜しまずやれる人でないと不向きです。

品物が売れるかどうかという面でも時間がかかる場合がありますので、すぐに処分したいという場合にも向かないでしょう。

ただこれらを代行しているサービスなどもあるため、オークションで高い値段で売りたいけど、面倒な手続きはいやという方は代行サービスを利用するのも手です。

ただし手数料を差し引かれた上で、買取よりも高い金額となるかどうかは品物によりけりな部分もあります。

不用品のジャンル別、買取や売るための情報まとめ

不用品はまず捨てたり、不用品回収に頼むのではなく、買取業者で売ることができるか調べましょう。

ここでは不用品のジャンルに応じた買取業者の情報を主にまとめています。

それ以外にも「実際にどれくらいの値が付くのか?」「高く売れるのか?」といったところまで掘り下げて解説していきたいと思います。

要らない洋服や古着など

古着を高く売る方法とは

不用品としてもっとも多く挙げられるのが「要らなくなった洋服」です。

特に流行りを追いかける人や、ワンシーズンで何着も服を買う人は、すぐにクローゼット中がいっぱいになってしまうことも多いかと思います。

古着は中古の市場もかなり大きいですし、比較的なんでも売ることができ買取業者もかなり豊富です。ファストファッションより上の品物であればほぼなんでも買取してもらうことが可能です。

量が少なく、高価な品物であればフリマアプリなどでも売りやすい品物です。

宅配買取サービスもとても盛んで、一度に多数の洋服を売ることができる「ブランディア」などはかなり利用しやすく査定も高いです。

不要な古着はいくらくらいで売れるの?

古着に関しては品物が多くないと金額的には伸びません。

ジャンルを通じての「買取率(※定価に対して何%で売れるか)」は5%程度となっているため、5,000円の洋服でも500円くらいが相場になっています。

アウターなどは利率も良いなどはありますが、そこそこのファッションブランドの古着10点くらいでも「3,000円-5,000円」くらいが相場になっています。

バッグや財布などのブランド品

ブランド品買取の傾向

お金に換えられる確率がもっとも高いのは「ブランド品のバッグ」などです。

流行り廃りが激しい業界なので、品物によって査定はかなりピンキリで、専門の業者でないと扱いが難しいジャンルでもあります。

リサイクルショップなどでも売ることができますが、ブランド品専門買取業者などのほうが査定が高いです。

査定額に関しては主に「販売力の高さ」に比例するため、リサイクルショップでも売れるような安めのブランド品であればリサイクルショップでもそれなりにがんばってくれる可能性があります。

ブランド品はいくらくらいで売れるのか?

ブランド品は品物によってピンキリですが、特に「バッグ」や「財布」は中古品としての需要が高く、一点数万円以上の値が付く品物も多いです。

ルイヴィトンやシャネルといった特に人気の高いような高級ブランドであれば、中古品でも「買取率20%-30%」くらい付く品も多いです。

ブランド品全体でみると“定価の10%-15%くらいの値が付けばよいかな”というのが平均値になっています。

貴金属や宝石・アクセサリーなど

ジュエリーを売る場合

ブランド品などと同様に価値が高い品が貴金属やジュエリー類です。

この辺りは普遍的な価値があるといっても良いため、金やプラチナなどはいつの時代でも高く売ることができますし、ダイヤモンドなどもグレードの良いものはまとまった金額で売ることができます。

ただし偽物も多く真贋の判定などが難しい部類ではあるため、専門的な業者でないと正しく査定することはできません。

金やプラチナなどの固形資産に関しては、事前に必ずある程度相場感などは調べておきましょう。

貴金属やジュエリーはいくらくらいで売れるのか?

貴金属の場合、現在の相場はすぐに調べられるため、重ささえわかればある程度金額を予想することができます。

2017年10月現在のおおまかなレート

  • 金相場:5,000円前後
  • (18K相場:3,500円前後)

  • プラチナ相場:3,700円前後

ただ宝石に関しては査定してみないと正直わかりません。単純に大きいだけでもダメですし、状態などによって大きく査定も変わってきます。

正直買取業者間でも数万円単位で査定額が違ってくるケースも多いため、ダイヤモンドや宝石に関しては複数業者で見積もりを取ってから売却することをおすすめします。

家電やPC機器・スマートフォンなど

PCやスマートフォンも買取できる

家電やPC機器は主に売れるものはリサイクルショップや買取業者で売り、破損していたり使用するのが困難ないわゆるジャンク品などは捨てるか、大型の品は不用品回収や粗大ごみとして出すという選択肢になります。

近年ではスマートフォンや携帯電話などはかなり買取してくれる業者が増えていて、機種変する際には古い端末を売るという方も多いです。(※使わなくなったスマホやガラケーは買取できる!?の記事へ)

またカメラなどの専門性が高いものであれば(※「少しでもカメラを高く売るポイントとは?」記事へ)、古いものや状態が悪くてもカメラ専門業者などで売ることができます。

家電類はいくらくらいで売れるのか?

ざっくりですが家電類はまだ使用できる状態の良い品であれば「買取率15%程度」とそこそこいい値段が付きます。

ノートパソコンやスマートフォンやタブレットなどの場合は買取率30%程度付く品もありますし、まとまって売ればかなりいい値段になります。

売るという選択肢がない方も多いですが、使える品であれば基本的に値が付きます。

家具やインテリア雑貨など

インテリアや家具の買取

家具やインテリア雑貨に関しても、売れるものは買取業者で売ることができますが、売れる品物のハードルが比較的高めです。

基本的に雑貨などの小物類は、よほど価値のあるような品でないと買取は難しいですし、ソファなどの大型家具も状態が良い品でない限り基本的に売れません。

中古市場がまだまだ大きくないジャンルですので、現状ですとフリーマーケットやネットを通じて誰かに売るというのが、高く売るという意味では効率的です。

家具・雑貨類はいくらで売れるのか?

正直家具や雑貨に関しては、そこそこ名のあるブランド品でないとほぼ価値がありません。

そして長年使ってしまった品ともなると、基本的に家具や雑貨は二束三文となってしまいます。

しかし一部アンティーク価値の高いような北欧家具などは古くなっても、中古の需要が高く購入時の価格の3割程度で売れる品もあります。

食器などキッチン用品

食器やグラスは売れるのか

キッチン用品の場合、不要と言ってもまだまだ使用できるというものがほとんどだと思います。

リサイクルショップで取り扱ってくれますが、ブランド食器など高価な品に関しては専門の買取業者があるため、そちらを利用したほうがより高額な査定が付きやすいです。

そのほかにも日本では要らなくなった食器を発展途上国などに送り、リサイクルしている業者なども存在しますが、基本的には「未使用品のみ買取してもらうことが可能」です。

ブランド食器はいくらで売れるのか?

食器やキッチン家具で売れる品物は原則ブランド品のみとなります。

プレゼントとしていただいた未使用の食器などが主に買取の対象です。

ブランドによって人気不人気はありますが、未使用であれば「定価の20%-30%程度」の金額で売ることができます。

本・漫画・DVD・CDなど

漫画買取で手軽に漫画を処分しよう!おすすめ買取業者や高く売るためのポイントまとめ

漫画やCDなどのはとにかく量が多くて処分に困るという方も多いと思います。

これらは「ブックオフ」などの書籍やメディア類を扱う買取業者にまとめて売りに出すのが無難です。

特定の参考書や専門書(※「赤本や参考書の買取情報を解説」記事へ)、アイドルの限定販売CDやDVD(※「ジャニーズグッズの買取情報を解説」記事へ)などは、それらを専門に扱う買取業者などもあるため、より価値の高いような品はまとめて売る品からは除いておくことをおすすめします。

漫画やCDはいくらくらいで売れるの?

漫画やCDはとにかく一点一点が安いです。古い品だと一点5円-10円なんていう査定がザラですので、数が多くないとまとまった金額になりません。

しかし人気の高い新しめの漫画であれば一点100円ほどつく場合もありますし、ライブDVDやブルーレイなどは比較的相場も高く一点1,000円を越える品も多いです。

そうした高い品物がないと、買取に出したとしても数千円が限界かなと思います。

ピアノやギターなど楽器類

楽器は高く売れるのか

楽器はリサイクルショップなどでも取り扱いしている場合も多いですが、楽器は楽器専門店で買取してもらうことがベストです。

大型の楽器やピアノなどに関しては出張査定をしている専門業者も多く、それらを利用するようにすると簡単に見積もり等が出せます。

ギターなど手軽な楽器は宅配買取業者なども豊富にいます。

楽器はいくらくらいで売れるのか?

楽器に関しては基本的に「定価の高い品ほど高く売れる」といった、ブランド品などに共通する特徴があります。

ギターなどでギブソンなどのブランド品であれば、状態が悪くともリぺアして再利用できるため、定価の3割程度は値の付く場合も多いです。

反対にピアノなどは定価が高い割に中古の需要が低いため「買取率10%程度」となることも少なくありません。

玩具・フィギュアなど

中には価値の高いおもちゃも

コレクション性が高いものや、マニアがいる玩具やフィギュアについては高額な買取も期待できます。

レゴなどは普遍的な人気があるため、安定して買取してもらうことができます。

正直このジャンルは「どんなものが時間の経過とともにお宝と化しているか」わかりません。

少しでも価値のありそうな品や、状態が良い品物はおもちゃやフィギュア専門の買取業者に査定に出してみることをおすすめします。

おもちゃやフィギュアはいくらくらいで売れるのか?

時間の経ったおもちゃ類に関しては、ほとんどが値の付かないガラクタとなってしまいますが、一部大化けするような品物も存在します。

実際に当時の定価の数倍の値が付いているフィギュアなどはたくさんありますし、ゲームカセットなどでもファミコンのものや古い品はプレミア化している可能性があります。

ほとんど品物が「0円」の世界ですが、稀に大化けするようなこともあり、一概には言えません。

スポーツ用品

ゴルフクラブは高く売れる

「テニス」「野球」「ゴルフ」や「スノーボード」「サーフボード」などといったスポーツ用品は中古の需要も高く、リサイクルショップやスポーツ用品専門の買取業者などで売ることができます。

中でも「ゴルフ用品」「スノーボード」などは不用品としては場所も取って早く処分したいという方も多いと思いますが、中古市場の規模はとても大きく売り先は豊富にあります。

フリマアプリなどを利用して売るのも良いですが、大きな品物が多いため数がある場合はスポーツ用品の買取店に持ち込むのも良いと思います。

スポーツ用品はいくらくらいで売れるのか?

スポーツ用品は買取率に関してはかなり低い部類です。

基本的にプレミアなどが付くことはほぼありませんし、使用していれば器具が劣化していくことは避けられません。

スポーツ用品全般で考えると「購入時の価格の5%程度」が目安だと思ってください。

カー用品

カー用品を高く売るためには

カー用品は大きなものだと「タイヤ・ホイール」「マフラー」などから、小さなものだと室内周辺用品まで様々ですが、これらはカー用品専門の買取業者などで売ることができます。

特に大きなものだと値段もつきやすいですが、「タイヤ・ホイール」などは4本セット(バイクなら2本)と完品している品が買取対象となります。

カーナビなども比較的売りやすく、こちらは家電やPC機器などと同じような扱いで買い取ってくれる業者も多いです。

カー用品はいくらくらいで売れるのか?

カー用品も買取率としては決して高くありません。基本的にどれも消耗品ではあるため、買取であれば購入時の価格の10%程度がせいぜいでしょう。

室内で仕様するカー小物などは基本値段が付きません。

カー用品に関してはオークションなどのほうが高い値段で売れますし、知り合いなどを通じて売るというのが第一候補になるかと思います。

着物や古物・遺品など

着なくなった着物

不用品としても「捨てるに捨てれない、処分が難しいもの」の一つが着物などの古物や遺品などです。

これらに関してはそもそも価値がわかる人が身近にいないというのが最大のネックとなりますが、近年は古物を扱う買取業者はかなり多いです。

特に着物などは古い品物でも専門業者がかなり高く買取してくれるため(※「スピード買取.jpで実際に着物を10点以上売ってみた!」記事へ)、まとめて処分するという場合には専門の買取業者を利用すると便利です。

遺品に関してはそうした古物全般を査定できる専門の業者もいますので、面倒であれば専門業者に一括査定に出すのがおすすめです。

古物はいくらくらいで売れるのか?

古物に関しては品物のジャンルによってさまざまです。衣服の場合は「毛皮のコート」「着物」などに関しては一点1万円以上付く品も多く、まとまった数があれば思わぬ大金になる可能性があります。

それ以外でも「古い切手」なども近年かなり相場が上がっていて数万円などの高額査定が出るケースも多いです。

古い品物は査定が非常に難しく、リサイクルショップなどではほぼ値段が付かないようなことも多いため必ず専門の業者を利用して売るというのがおすすめです。

まとめ

不用品といわれるような品物でも、買取などを利用して売ることができる品物をまとめて紹介していきました。

こうしてみると「ほとんどの品物が売ることができる」というのがわかるかと思います。

ゴミとして処分したり、不用品回収などをするのが手っ取り早くてラクだという方もいるかもしれませんが、全部買取に出すのと処分するのとではかなり大きな額の損失になる場合もあります。

各ジャンル専門の買取業者や手軽に利用できる宅配買取業者も非常に増えてきているので、不用品とはいえ第一に売る選択肢を探ってみても良いかと思います。

少しでも不用品を売りたいという方にお役に立てたら幸いです。