赤本や参考書の処分に困った人へ~赤本を買取に出す知識まとめ~
まさに終わってしまえば不用品、そして処分に困るものの代表として、受験勉強などに使用した「参考書」や「赤本」が良く挙げられます。

他人や後輩に譲れればベストですがそう簡単にはいかないことも。なんとなく受験の大変な思い出を残しつつ、部屋の隅っこに積み上げられた参考書はありませんか?

ここではそんな「赤本・参考書を効率よくお金に換える方法」をご紹介します。

ブランド姫ブランド姫

受験の時期は参考書や赤本も何冊も買って勉強してたわ・・・そういえば赤本まだウチにあるわね。


買取キング買取キング

赤本とかは受験が終わればもういらないけど、なんとなく捨てずにいる人が多いよね。実は赤本や参考書は、専門業者に売るのが一番換金率も良いし、効率よく処分できるんだ!

赤本や参考書の処分はどうする?

実際に受験で使った赤本や参考書を、処分する方法として一番多いものは.

  • 他人や後輩に譲る
  • ブックオフで売る
  • 普通にゴミとして捨てる

これら3つの選択肢にほとんどの場合当てはまるかと思います。

1つ目は良いでしょう。知り合いの誰かが必要とし、自分によって不要なものを再利用してくれることはベストです。

ですが、2つ目と3つ目に関しては、損している場合もありますので、これから処分しようとしている方は気を付けましょう。

ブックオフで売るのはもったいない?

中古の本ならなんでも買取してくれる「BOOKOFF(ブックオフ)」。もちろん多くの場面で手軽に利用できるリサイクル業者の一つですが、赤本や参考書に関しては、そんなにプロじゃないと思ったほうが良いでしょう。

ブックオフは様々な本を取り扱いがある分、専門書などの買取金額にクローズアップしてみるとそこまで高額とは言えません。

もちろん何かほかに売りたい本が大量にあり、“面倒だから一緒に処分したい”などの動機があれば、まだぎりぎり許せますが、赤本などをブックオフで買取してもらうことは基本的に安くて損します。ましてや捨てるのなんて愚の骨頂です。

参考書類は普通に古本屋で売ると二束三文にしかならない

具体的に金額を挙げると、定価2,000円~3,000円程度の赤本を中古でブックオフで買取した場合、程度にも寄りますが、悪いもので50円~相当程度の良いもので300円くらいが相場になっています。

受験生は平均で5冊程度の赤本を使用すると言われていますので、全部売れても1,000円ちょっととかなり損している感じがします。

書き込みなどがあると買取不可の場合も多い

こうした参考書類や、使用するにあたり書き込みやマーカーなどをしているケースがかなり多いと思います。ブックオフなどの大手古本屋は、書き込みがあるものだと買取不可にされてしまうことも多いです。

持っていても値段がつかなかったら、捨てに来たと同じになってしまいます。

買取キング買取キング

ブックオフやその辺の古本屋だと赤本も普通に古本と同じ程度の扱いにしかならないから、高く売れるとまではいかないんだよ・・・ほかに売りたいものがあったりするならいいけどあまりおすすめはしないね。

赤本や参考書を高く売る方法

それでは具体的に、ブックオフを利用したり手軽に思い浮かぶものではなく、高く売るための方法などをまとめていきます。

参考書の専門買取業者で高く売る

赤本や参考書は、それらを専門に取り扱う業者にて買取に出したほうが、高額で売ることができます。

専門業者を使うことのメリットは以下です.

  • ブックオフなどの何倍も高く買取してくれる
  • マーカーや書き込みなどがあっても買取可
  • 予備校のテキストなど関連品も一緒に売れる

ブックオフなどより高く買取ができる

専門業者の場合、それらだけを専門に取り扱っていて、販売経路や流通経路をいくつか確保しているため、ブックオフや古本屋などよりも高額な査定ができます。

ブックオフの最高価格くらいで、最低でも買取してくれるので、何冊もあればそれだけで数千円以上もの差が出てきます。

細かな書き込みやラインマーカーがあっても買取可

通常は買取不可、もしくは値段が付かない参考書でも買取してくれるケースがほとんどです。

具体的にラインマーカーであらゆるページにマークがしてあるような、参考書や赤本でも買取可です。その際は査定も少し減りますが、それで値段がつかないという場合は少ないです。

予備校のテキストなどもまとめて売れる

専門業者の場合、参考書・赤本といったもの以外にも、予備校で配られたテキスト(これも書き込みがあっても可)や、大学の教科書などの買取も可能です。

予備校のテキストなどを丁寧に取っていたりすると、それらにも数百円などの値段がつくこともあるので、ある場合は必ずまとめて査定に出すようにしましょう。

宅配買取で手間なく手軽に売ろう

上で挙げた業者は、いわゆる「宅配買取」という方法を利用して、赤本や参考書を売ることができます。

宅配買取はとても手軽にものを買取査定に出せるサービスで、主な流れは以下です.

  1. ネットから申し込み

    公式サイトで住所や簡単なフォームの入力・買取査定の申し込みをします。

  2. 宅配買取キットが指定の住所に届く

    申し込みから数日で、指定の住所に宅配キット(段ボール・梱包材・申し込み用紙など)が届きます。売りたい赤本や参考書を詰めたら、すぐに返送しましょう。

  3. 後日査定の結果がメールで届く

    ものを返送して数日で業者に到着すると、そこで査定がおこなわれます。査定が済んだら、その結果がメールで送られてくるため確認してみましょう。

  4. 査定に納得いったら買取成立!指定口座に即日振込!

このような流れで、参考書や赤本などを売ることができます。すべて自宅にいながら段ボールに詰めて返送するだけなので、とても簡単です。

もしなん十冊も売りたい参考書類がある場合、古本屋などに持っていくとなるとかなり大変です。宅配買取では家から出ることなく、参考書類を買取してもらうことができて便利です。

専門業者・ネット専門だからこそできる高額査定

赤本の買取業者の中には宅配買取専門のところもあります。実店舗を持たないことや、そのほかの経費を削減している分、他の古本屋やリサイクル業者よりも高値での買取が可能です。

ブランド姫ブランド姫

ネットの宅配買取業者には赤本・参考書の専門の買取業者もあるみたいだわ!その道に精通していれば販売ルートもたくさんあるでしょうし、より強気な価格を提示してくれそうね!

赤本・参考書を買取してくれる業者まとめ

赤本は普通にブックオフなどで売ると一冊数十円にしかなりませんが、専門業者であれば一冊数百円で買取してくれる場合もあります。

ここでは赤本を専門に扱う買取業者をピックアップしてみました。赤本や参考書を売る際には一般的な古本屋よりも専門の買取業者を利用するのが得策です。

  1. 学参プラザ

    学参プラザ

    買取実績 5.0
    対応速度 4.5
    オススメ度 5.0
    費用一切無料
    赤本・参考書買取No.1
    どんな参考書でも基本買取OKの専門業者!

    「学参プラザ」では、大学受験の参考書・赤本や問題集の他にも、駿台・代々木ゼミナールなどのテキストなど、幅広い受験関係の本を買取ができます。ネット専門の買取業者なので、コストも削減し、どこよりも高く赤本を買取することを掲げています。

    全国どこからでも利用でき、20冊以上まとめて売れば送料なども一切かかりません。段ボールなどの宅配キットも申し込みからすぐ届き、最短3日での入金が可能と対応スピードもピカイチです。買取実績も赤本・参考書の買取ではトップクラスです。

    管理人のレビュー

    赤本・参考書類の買取でおすすめNo.1なのが「学参プラザ」です。他では買取不可だったり、ブックオフなどで値段が付かない、書き込みがある赤本などにも値段が付くと好評です。買取保障サービスや、査定アップキャンペーンなども随時おこなっているので、必ずチェックして一番高いときに売りましょう。

    学参プラザで査定申し込み

  2. 学参ブックス

    学参ブックス

    買取実績 4.0
    対応速度 4.0
    オススメ度 4.0
    予備校テキスト
    高額買取できる
    赤本や参考書の買取専門業者!

    「学参ブック」も参考書・赤本などを専門に取り扱う買取業者で、査定額も高いと評判です。他と違うのが、予備校テキストなど、ほかが少し敬遠するようなものまで、高値で積極的に買い取ってくれるということです。

    しかも予備校テキストに関しては、書き込みなどが多いほど高額査定という力の入れっぷり。赤本や参考書以外にも、予備校テキストがいっぱいあるという方は、おすすめです。ここも基本的に段ボールなどは無料で、同じく20冊以上査定で送料無料です。

    管理人のレビュー

    予備校のテキストや資料などがいっぱいあればここを利用するのも手。たくさんあればあるほど、思わぬ大金になる可能性すらあります。ここは予備校テキストの書き込みはOKですが、赤本などは綺麗なものでないと買取してもらえないので注意しましょう。

    学参ブックスで査定申し込み

  3. ネットオークションで参考書を売るのはどうなの?

    高額で売る方法としては、もう一つ「ネットオークション」を利用するという手もあります。

    これはユーザーとの直接やり取りになるため、うまくいけば高額で売ることも可能です。

    しかしネットオークションを利用して赤本や参考書を売る場合には、難しい点が2つあります.

    • 単品で出品しないと高値が付きにくい
    • どれくらいの時間で売れるかわからない

    オークションだと基本単品売りがおすすめ

    少し覗いてみるとわかりますが、ネットオークションだと基本的に単品で売ると、業者などで買取するより高い値段で入札が入る場合がありますが、まとめてなん十冊系の出品の仕方をすると、あまり値段が伸びない傾向があります。

    赤本や参考書といったもの、一人一人需要が異なっているので、まとめてとなるとかなり限られた人にしか、すべて必要ということにならないからです。

    オークションで全て捌くには時間も要する

    オークションで赤本などを全部売ろうとなると、ある程度時間もかかりますし、適正価格が掴めないと、なかなかすぐに捌ききることができません。上で挙げたように、まとめて売ると結局安く買いたたかれる可能性も高いのです。

    なんだかんだオークションは手間がかかる

    実際にオークションでは配送に手間がかかったり、手数料なども取られます。そのため、赤本や参考書といった個々の需要が高いものを、いくつか売ろうとしたときは、あまり効率的な売り方とは言えないかと思います。

    時間がかかってもいいから、少しでも高値で売りたいという方にはおすすめです。しかし手っ取り早く処分したい方などには、赤本・参考書の専門業者で一度にまとめて売るのが一番おすすめです。

    買取キング買取キング

    オークションは高く売れるかもだけど、その分手間がかかって面倒も多い。専門業者は無難に他より高く売れて、なにより手間がかからない分おすすめだよ!