赤本や参考書は専門買取業者で高く売れる!?学習本の処分に困った人におすすめの方法!

終わってしまえば不用品、そして処分に困る書籍として、受験勉強などに使用した「参考書」や「赤本」が良く挙げられます。

他人や後輩に譲れればベストですがそう簡単にはいかないことも多いですよね。

なんとなく受験の大変な思い出を残しつつ、部屋の隅っこに積み上げられた参考書はありませんか?

ここではそんな赤本や参考書を「効率よくお金に換える方法」をご紹介します。

赤本や参考書の処分はどうする?

実際に受験で使った赤本や参考書を、処分する方法として多い以下の3パターンです。

  • 他人や後輩に譲る
  • ブックオフで売る
  • 普通にゴミとして捨てる

1つ目がベストですね。知り合いの誰かが必要とし、自分によって不要なものを再利用してくれることはベストです。

ですが2つ目と3つ目に関してはかなり損する場合もありますので、安易に売ったり捨てたりしなほうが無難です。

ブックオフで売るのはもったいない?

中古の本ならなんでも買取してくれる「BOOKOFF(ブックオフ)」ですが、なんでもかんでも高いというわけではありません。

特に赤本や参考書などの専門的な書籍に関しては、そこまで得意としていないといっても過言ではありません。

何か他にも売りたい本が大量にあり「面倒だから一緒に処分したい」などの動機があればOKですが、赤本だけをブックオフで買取してもらうことは基本的に相場より安い価格となってしまう恐れがあります。

参考書類は普通に古本屋で売ると二束三文にしかならない

具体的に金額を挙げると相場は以下のようになっています。

定価2,000円~3,000円程度の赤本をブックオフで査定

  • 状態の悪い品:50円程度
  • 状態の良い品:300円程度

受験生は平均で5冊程度の赤本を使用すると言われていますので、全部売れてもせいぜい1,000円ちょっとにしかなりません。

書き込みなどがあると買取不可の場合も多い

こうした参考書類は使用するにあたり書き込みやマーカーなどをしているケースもかなり多いと思います。

ブックオフなどの大手古本屋は書き込みがあるものだと買取不可にされてしまうことも多いです。

値段が付かなければ買取の意味がありませんから、それなら捨てるのと同じになってしまいます。

赤本や参考書を高く売る方法

それでは具体的な「赤本や参考書などを高く売るための方法」などをまとめていきます。

参考書の専門買取業者で高く売る

赤本や参考書はそれらの書籍を専門に取り扱う業者に買取に出したほうがより高く売ることができます。

それ以外にも専門業者を使うことのメリットをまとめてみました。

  • ブックオフなどの何倍も高く買取してくれる
  • マーカーや書き込みなどがあっても買取可
  • 予備校のテキストなど関連品も一緒に売れる

ブックオフなどより高く買取ができる

専門業者の場合は独自に販売経路や流通経路をいくつも確保しているため中古販売に強く、ブックオフや古本屋などよりも高額な査定ができます。

だいたい最低でも200円-300円くたいで買取してくれるので、何冊もあればそれだけで数千円以上もの差が出てきます。

細かな書き込みやラインマーカーがあっても買取可

専門業者では通常なら買取不可や値段が付かない品でも買取してくれるケースが多いのも特徴です。

具体的にラインマーカーであらゆるページにマークがしてあるような参考書や赤本でも買取可です。

その際は査定も少し減りますが、それで値段がつかないという場合は少ないです。

予備校のテキストなどもまとめて売れる

専門業者の場合、参考書・赤本といったもの以外にも、予備校で配られたテキスト(これも書き込みがあっても可)や、大学の教科書などの買取も可能です。

予備校のテキストなどを丁寧に取っていたりすると、それらにも数百円などの値段がつくこともあるので、ある場合はまとめて査定に出すのがおすすめです。

これらもブックオフなど一般的な古本屋では査定してもらえない品物です。

赤本や参考書を高く買取してくれる業者まとめ

赤本は普通にブックオフなどで売ると一冊数十円にしかなりませんが、専門業者であれば一冊数百円で買取してくれる場合もあります。

ここでは赤本を専門に扱う高額買取業者をピックアップしてみました。

赤本や参考書を売る際には一般的な古本屋よりも、専門の買取業者を利用することでより高く売ることができます。

  1. 学参プラザ

    学参プラザ

    買取実績 5.0
    対応速度 4.5
    オススメ度 5.0
    費用一切無料
    赤本・参考書買取No.1
    どんな参考書でも基本買取OKの専門業者!

    「学参プラザ」では、大学受験の参考書・赤本や問題集の他にも、駿台・代々木ゼミナールなどのテキストなど、幅広い受験関係の本を買取ができます。ネット専門の買取業者なので、コストも削減し、どこよりも高く赤本を買取することを掲げています。

    全国どこからでも利用でき、20冊以上まとめて売れば送料なども一切かかりません。段ボールなどの宅配キットも申し込みからすぐ届き、最短3日での入金が可能と対応スピードもピカイチです。買取実績も赤本・参考書の買取ではトップクラスです。

    管理人のレビュー

    赤本・参考書類の買取でおすすめNo.1なのが「学参プラザ」です。他では買取不可だったり、ブックオフなどで値段が付かない、書き込みがある赤本などにも値段が付くと好評です。買取保障サービスや、査定アップキャンペーンなども随時おこなっているので、必ずチェックして一番高いときに売りましょう。

    学参プラザで査定申し込み

  2. 学参ブックス

    学参ブックス

    買取実績 4.0
    対応速度 4.0
    オススメ度 4.0
    予備校テキスト
    高額買取できる
    赤本や参考書の買取専門業者!

    「学参ブック」も参考書・赤本などを専門に取り扱う買取業者で、査定額も高いと評判です。他と違うのが、予備校テキストなど、ほかが少し敬遠するようなものまで、高値で積極的に買い取ってくれるということです。

    しかも予備校テキストに関しては、書き込みなどが多いほど高額査定という力の入れっぷり。赤本や参考書以外にも、予備校テキストがいっぱいあるという方は、おすすめです。ここも基本的に段ボールなどは無料で、同じく20冊以上査定で送料無料です。

    管理人のレビュー

    予備校のテキストや資料などがいっぱいあればここを利用するのも手。たくさんあればあるほど、思わぬ大金になる可能性すらあります。ここは予備校テキストの書き込みはOKですが、赤本などは綺麗なものでないと買取してもらえないので注意しましょう。

    学参ブックスで査定申し込み

宅配買取専門だから高額査定が可能

上記した業者はいわゆる古本屋と違い店舗などを構えていない宅配買取専門の業者です。

そのため余計なコストなどを省き専門分野に特化することで、相場より高い金額で買取することが可能です。

宅配買取のシステムは売りたい赤本や参考書などを、段ボールに詰めて業者に送るだけです。

後日査定額の通知が届きますので、それでOKならば買取成約で金額が指定の口座に入金されるシステムです。

もちろんキャンセルすることもできます。(※返送時の送料が自己負担の業者もありますので注意)

ネットオークションで参考書を売るのは高い?

高額で売る方法としては「フリマアプリ」や「ネットオークション」を利用するという手もあります。

これはユーザーとの直接やり取りになるため、うまくいけば高額で売ることも可能です。

しかしネットオークションを利用して赤本や参考書を売るには難しい点が2つあります。

  • 単品で出品しないと高値が付きにくい
  • 時間と手間がかかる

自分でフリマアプリやオークションを利用して売る際には、単品で出品すれば業者などで買取するより高い金額で売れる傾向があります。

しかしまとめて売ろうとすると、そこまで高い金額をつけるとかなり売れづらくなり、相場の把握が難しいです。

赤本や参考書などは一人一人需要が異なっているので、まとめてとなるとかなり限られた人にしか売ることができません。

そしてある程度全部さばききるまでに時間も要するでしょう。

自分で売ると手間がかかる


実際にフリマアプリやオークションは配送に手間がかかったり、別途手数料なども取られます。

そのため赤本や参考書といった個々の需要が高いものを、まとめて売りたい時にはあまり効率が良くありません。

手っ取り早く処分したい方などは、赤本や参考書の専門買取業者で一度にまとめて売るのが無難に高値で売れて、手間もかからずおすすめです。

女子大の赤本が高く売れるって本当・・・?

ちなみに女子大の赤本などは特別高く売れるという傾向があります・・・(誰が買うのかはあえて触れません)

これはオークションやフリマアプリ限定の話ですが、通常の大学の赤本の2倍-3倍くらいの値が付く品も多いです。

中古のほうが高く売れるなんていうこともあるとかないとか・・・これが俗にいうフリマアプリの闇と呼ばれているものです。

まとめ

最後は話が少し脱線したような気もしますが・・・

赤本や参考書などの専門的な書籍に関しては、漫画や文庫本などと異なり「かなり高く売れる部類の書籍」といって過言ではありません。

しかし売る場所によっては普通の書籍と同じような扱いや、場合によっては売りさばきづらい品として扱われ査定が伸びないこともあります。

赤本や参考書などを売る際には必ず専門業者でまとめて売ることで、相場よりもだいぶ高く売ることができるためおすすめです。