不要な楽器はゴミや回収せず売ろう!楽器の買取情報と査定のコツ
不要な楽器は処分の仕方に迷うことも多いです。迷った挙句普通にゴミに出したり、大きいものだとお金を支払い不用品回収してもらうという選択肢を選んでしまう方も少なくありません。

しかし「不要な楽器を買取してくれる業者」はたくさんあります。そのため捨てたりお金を払い回収してもらうのではなく、できるだけ買取に出すのがおすすめです。

手軽な趣味としての「エレキギター」や「アコースティックギター」、「トランペット」「アルトサックス」などの管楽器、「キーボード」や「ピアノ」など大型のものまで、楽器の売り方について紹介していきたいと思います。

ブランド姫ブランド姫

演奏しなくなった楽器は置き場所にも困るし、処分したくてもどうやって処分したらいいかわからないわよね・・・


買取キング買取キング

要らない楽器は不用品買取や粗大ごみとして出してしまうことも多いんだ!でもまだまだ演奏できる楽器なら捨てるよりも、絶対に買取してもらったほうがお得だよ!

楽器を売るときのポイント

楽器を売るときには、まずしっかりとした業者に査定に出すことです。総合リサイクルショップや、ジャンクショップなどでは安い値段の査定しか付きません。

そのため「楽器店」や「楽器専門の買取業者」に頼むのがおすすめです。

楽器の宅配買取が高く売れる

中でも今いろいろな買取ジャンルで普及してきている「宅配買取」が、楽器を売るときにはベストです。

なぜなら

  • 配送なので持っていく手間がかからない
  • 宅配専門業者なら楽器店より査定が高い

などのメリットがあるからです。

手間なく気軽に楽器を売れる

宅配買取は送料や手数料なども無料で、手間なく簡単に査定に出せることが一番のメリットです。

宅配買取は具体的に以下のような流れになっています。

  1. ・インターネットで宅配買取の申し込み

  2. ・数日で自宅に宅配キットが届く

  3. ・楽器をキットに詰めて梱包し発送

  4. ・後日メールなどで査定結果をもらう

このように自宅にいながら、買取査定に出せ、重い楽器をわざわざ店頭に持っていたりする必要もありません。

宅配専門の買取業者は査定も高い

そして宅配買取専門業者などで見積もりを出すと、有名な楽器店などより高く見積もってくれます。

店舗を持たないサービスなので、余計なコストを削減でき、その分査定が他の場所より高く見積もることができるのです。

買取キング買取キング

楽器の場合、ピアノなど大きなもの以外は宅配買取に出すのが一番おすすめ!高額で買い取ってもらえるものも多いよ!

楽器ジャンル別の買取方法のまとめ

楽器と言っても、持ち運びが比較的たやすい“ギター”や“トランペット”のようなものから、動かすのすら困難な“グランドピアノ”などまでさまざまです。

それぞれ楽器のジャンルによっても、買取の方法などが違いますので、それをジャンルごとでまとめています。

ギターの買取

趣味でギターをやっている人はとても多いですが、簡単に始められる分、途中でやめてしまう人も多いです。リサイクルショップなどの取り扱いも多いため、中古ギター自体もかなり需要が高いです。

ギターは不用品回収業者などに出しても、基本的にはこういったリユースショップに流れていくのがメインなので、それだったら直接買取に出したほうがお得です。

エレキギター・ベース

エレキギターやベースは部品も多く、壊れていても比較的修理して使えるため、買取業者としても力を入れて買取してくれるジャンルです。

「アンプ」や「シールド」「エフェクター」など周辺機器も多いため、できるだけそれらも全てまとめて売ったほうが、査定の評価にもプラスされてます。よほど人気の高いプレミア商品でない限りは、新品に近い新しいモデルのほうが高額査定が付きます。

アコースティックギター

アコースティックギターやクラシックギターは、状態の良し悪しで査定が大きく違ってきます。エレキギターと違い、修理できる部分がたかが知れているため、致命的な欠陥があると買取してもらえない場合もありますので、注意が必要です。

状態の良いものや、大事に使っていたものであれば、高額査定も期待できます。

買取キング買取キング

エレキギターやエレキベースの場合は付属品もいっぱいあるから、1点1点しっかり査定してくれて高値になる業者がいいね!

ギターのおすすめの買取業者

  1. ガクヤ楽器

    ガクヤ楽器

    ギターの買取にとても力をいれていて、どこよりも高い査定がでることでおすすめなのが「ガクヤ楽器」です。配送料・手数料無料で全国どこからでも利用することができます。もちろんギターだけでなく、ベースや付属品ケース、周辺機器、バンドスコアなども買取してくれます。

    ガクヤ楽器で無料査定のお申し込み

管楽器の買取

管楽器も人気が高いため、中古市場では人気があります。ギターほど流通量は多くありませんが、1点1点高額なものも多いため、中古品の価値も高いです。

管楽器には「金管楽器」「木管楽器」がありますが、どちらかというと金管楽器のほうが全体的に買取率が高い傾向があります。

金管楽器

金管楽器には「トランペット」「トロンボーン」「ホルン」「チューバ」などがあり、入門モデルでもそこそこの値段がするジャンルです。やはりトランペットが一番人気で、中古市場でももっとも人気があります。

傷やへこみがなく、しっかりメンテナンスされているものであれば高額査定も期待できます。買ったときの音質をどれだけ維持できているかが査定の時のポイントです。

木管楽器

木管楽器は「フルート」「サックス」「クラリネット」などがあります。中でもサックス(アルトサックス)は、ロックやジャズといった様々な音楽ジャンルで使用されることもあり、中古市場でも人気が高いです。

木管楽器は金管楽器よりも繊細ですので、保存状態が良いものでないと、楽器そのものの状態も悪くなってしまっています。長い間放置してしまっているものなどは、早めに売りに出すのが得策です。

管楽器のおすすめの買取業者

  1. 楽器買取ネット

    楽器買取ネット

    管楽器の買取でおすすめなのが「楽器買取ネット」です。メーカー特定ではありますが、一部管楽器の査定10%プラスキャンペーンなどをおこなっていますので、今が一番お得です。もちろん送料手数料などのコストは一切無料で、Web専門の宅配買取業者だからこその高額査定がウリです。

    楽器買取ネットで無料査定のお申し込み

ピアノの買取

ピアノは要らなっても、どう処分していいか困る楽器No.1です。そもそも大きなピアノは動かすことすら容易ではありませんので、専門の業者にて査定にきてもらうしかありません。

もちろん宅配買取も利用することができませんので、基本的には専門の買取業者に依頼します。無料引き取り業者などもありますが、よっぽど状態の悪いものでない限り、ほぼ確実に買取が可能ですので、引き取ってもらうより買取してもらうようにしましょう。

ピアノには、

  • ピアノ(アップライトピアノ、グランドピアノなど)
  • 電子ピアノ(オルガン・エレクトーンなど)

がありますが、基本的に扱いは一緒です。

ピアノの査定の基準


ピアノの査定は「保存状態」「製造年」「モデル(メーカーブランド・品番など)」から評価されます。

保存状態に関しては、定期的にメンテナンスやクリーニングやオーバーホールをしていれば問題ありません。湿度が高い場所に長期間置かれていたものなどは、中がかなり劣化してしまうため、査定額が大幅に減少してしまう恐れがあります。

製造年やモデルに関しては、あまりに古いものだと値段がつけられない場合もあります。基本的には新しいものほど高値で買取してくれます。

買取キング買取キング

ピアノの場合は特に高額なものだから、必ず一括見積もりを利用して査定を比較してから売りたいね!

ピアノのおすすめ買取業者

  1. ズバットピアノ買取比較

    ピアノの場合は宅配買取や気軽に査定に出すということができません。そのためいくつかの業者で“一括見積できるサービス”を利用するのが一番おすすめです。中でも評判がよく平均5社まとめて一括見積できるのが「ズバットピアノ買取比較」です。見積もりだけでも無料で取ることができますのでおすすめです。

    ズバットピアノ買取比較で一括見積りする

そのほかの楽器や音楽機器

上の3つが中古品としても流通量が多く、需要もあり買取業者が喜んで買取する楽器のジャンルですが、そのほかの楽器や音楽機器もありますね。

下記はすべて「楽器買取ネット」で買取が可能な楽器や音楽機器になります。

  • 弦楽器(ヴァイオリン、ビオラなど)
  • 打楽器(ドラム、電子ドラムなど)
  • DJ機器(ターンテーブル、DJミキサーなど)
  • レコーディング機器(マルチトラックレコーダー、ミキサーなど)
  • その他(マイク、チューナー、オーディオインターフェースなど)

まずは無料でできる宅配買取で、査定してみてはいかがでしょうか?

楽器を査定に出す前にすべきこと

基本的に楽器全般にいえる、査定に出す前に最低限しておくべきことを紹介していきます。ですが査定にも響くことですので、必ずチェックしておきましょう。

埃や汚れなどはあらかじめ落とす

長い間タンスで眠らせていた楽器や、その辺に放置してた楽器は埃が溜まっていたり、汚れていたりする場合も多いです。

そのまま査定に出してしまっては、「保存状態が悪かったもの」として認識されてしまいます。そういうイメージを持たれては何かと損ですので、最低限自分で綺麗にできる場所は掃除しておきましょう。

かなり汚れがひどいものに関しては、あらかじめ気合いを入れて自分で綺麗にしてから、査定に出したほうが絶対に損しません。

ケースや付属品は必ず一緒に売る

楽器についてきた付属品、説明書などの書類関係や、ケースなどは必ずまとめて査定に出すようにしましょう。あるかないかでは査定額にけっこうプラスされます。

ケースは純正品がもちろんベストですが、仮に純正以外のケースなどを使用していた際も、まとめて査定に出すようにしましょう。ケースは輸送中の傷なども防止できるメリットもあります。

型番や品番も確認しておく

査定に出す前に「メーカー」や「品番」「型番」などを調べて置き、査定に出す際に添えておくことで、業者としてもスムーズに査定することができ、鑑定もしっかりおこなうことができます。

古い楽器などだと特に型番が判別しづらいものもあります。説明書などの付属品が必要なのはこのためもあります。購入時の価格などもあれば添えておくとよいでしょう。

ブランド姫ブランド姫

この3つは最低限押さえておくとよさそうね。スムーズに査定してもらうことができるわよ!

まとめ

楽器は意外にもまだまだ買取が浸透していないジャンルです。安くリサイクルショップで売ってしまったり、不用品回収や粗大ごみとして出してしまう方もまだまだいらっしゃいます。

使おうとすれば、まだまだ使える楽器を捨ててしまうくらいなら、買取してもらって、必要としてくれる誰かの手に渡るほうが、なにかと理想的です。

要らない、使っていない楽器が家に眠っている方は、「楽器の買取サービス」を少しでも利用していただけたらと思います。