ダイヤモンドの買取で回った8社

今回は比較的珍しいと思われる「2.0カラットのダイヤモンドジュエリー」を買取店に出して比較したらどれくらいの金額になるのか?またお店によってどれくらい違う金額が提示されるのか?などを調査してみました。

前回調査した「金のネックレスとコインを比較して売った時」よりも値幅も大きく興味深い結果になりました。

今回売ったダイヤモンドジュエリーのスペック

今回買取に出すダイヤモンドジュエリー

まずはざっと今回買取に出した品物のスペックを紹介していきます。

商品名:ダイヤモンドネックレス
ブランド:ノーブランド
石のスペック:【一粒ダイヤ】2.0カラット
       【メレダイヤ】0.74カラット
             計2.74カラット
チェーン部分:18Kホワイトゴールド
付属品:ケースのみ
宝石鑑定書:なし
推定定価:70万-80万円

いわゆるノーブランドジュエリーと呼ばれるものですが、真ん中の一粒ダイヤの大きさは2.0カラットとかなり巨大です。もし仮に高級ブランド品のジュエリーでこの大きさであれば200万円くらいはくだらないというほど、かなり大粒のダイヤモンドです。

とはいえダイヤモンドの価値は「大きさ・重さ(CARAT)」もさることながら、それ以外にも「研磨(CUT)」「色(COLOR)」「透明度(CLARITY)」といった項目での総合評価にて価値が定められます。(ダイヤモンドの4Cなどと呼ばれています。)

そのため単純に大きな石だから高額とは限りません。

ダイヤなどの石の情報は台座に刻まれている

素人であれば見た目からは石のスペックは到底判断できないと思います。(※実際はプロでも見た目で何カラットかは判断できません)

そうした場合にはダイヤの台座部分などのどこかしらに石の情報が刻印されています。ちゃんとした宝石店などで購入した品であれば刻印がないということはまずありません。

何カラットかわかる刻印

素材がわかる刻印

この品物には上の写真のように二箇所に刻印がされています。

一つ目の写真は「2003」と「074」という数字が刻まれています。前の数字は真ん中の一粒ダイヤの大きさが「2.003カラット」ということを示していて、後の数字は周りの小粒のダイヤ(メレダイヤ)の部分が「合計で0.74カラット」だということを示しています。

二つ目の写真はチェーンの留め具の部分です。ここには「K18WG」と刻まれています。これによりチェーン部分の素材が「18K ホワイトゴールド」だということがわかります。

このようにジュエリーは鑑定書などがなくとも、商品そのものにある程度スペックが刻まれている場合が多いです。

大きくとも品質が良い石ではない

はっきりいってこのダイヤに関しては上記したような品質の観点からすると、良質なダイヤとは言えない一品です。

2.0カラットのダイヤモンドネックレス

写真から判断することは難しいかと思いますが、色や透明度などもよくありませんし、肉眼でも確認できるほど内包物も多いです。

単純に新品価格は70万円ほどの高額な品物ですがこうした状態が悪いという部分を、買取業者がどう判断するのかは気になるところです。

実際に2カラットの一粒ダイヤという品物自体そこまで多く流通していないため、この品物に関しては各社評価基準が全く異なっている可能性も高いです。

1円玉との大きさを比較

ちなみにわかりやすい(?)ように「1円玉」と大きさも比較してみました。何も知らない人が見てもかなり大きいということはわかっていただけるのではないかと思います。

実際に8社回ってみた

今回も大手8社の買取業者を実際に回って比較してみました。先に結果から表で一覧にしていきたいと思います。

査定金額 各社評価概要
コメ兵 120,000円 鑑定書があればもう少し高くなるかも。キャンペーンでプラス1万円
質大黒屋 80,000円 内包物が多く、石自体にも中に傷が入ってしまっているためマイナス評価
七福神 40,000円 状態が悪くダイヤモンドとしての価値が低い。大きさだけの値段
リファウンデーション 60,000円 石自体裏側に欠損があるためマイナス評価
なんぼや 130,000円 5万円スタートから交渉⇒13万円
ロコシーラ 85,000円 ノーブランドジュエリーのため高額査定は難しい
歌舞伎屋 80,000円 ノーブランドジュエリーは苦手としているため低評価
一風騎士 100,000円 鑑定書があれば上がるかもしれないし下がるかもしれない
MAXの差額 -90,000円

今回回った8社の査定結果をまとめてみました。そして各社の評価の内容を軽くまとめてみました。実際に査定の時に言われたポイントなどです。

いくつかの業者で言われたのが「状態が悪いため高額はつけられない」「良くも悪くも鑑定書があると違う結果になるかもしれません」といった二点です。

結果はもっとも高かったのが「なんぼや」で、その次に「コメ兵」「一風騎士」という業者が続くという結果になりました。大手の2つに対して今とても勢いがある「一風騎士」が続くという買取業界の人間からすると、ある意味妥当な結果になったように感じます。

なんぼやは「最初は5万円提示」そこから交渉して最終的に13万円に至りました。(知識ない人だったら最初の提示で成約してしまうかもしれませんので、個人的にこういうやり方はあまり好きではありませんが高値が出たのは事実です)

前回金の買取では一番高額だった「七福神」がもっとも安く、宝石系に強いといわれている「リファウンデーション」はかなり安めの査定となりこの辺りは意外な結果になりました。

一番安かったところと高かったところの差額は「9万円」とかなり大きくなったという点がまず今回の検証の成果です。

高値を付けたところは大きさを評価された


高値を付けたところではまず2.0カラットという大きさを評価していただいた形です。たしかに品質はいまひとつではあるが、これほど大きな石自体珍しいため高額な査定をつけてくれました。

安かったところは石の品質が悪すぎるため、宝飾品としての価値が極めて低いということで査定が伸びませんでした。

ちなみに真ん中の一粒ダイヤ以外の小粒の部分に関しては、どの業者でもほとんど評価してくれていません。

同じ大きさのダイヤモンドでも「一粒ダイヤの1.0カラット」と「メレダイヤ(小粒のダイヤ)が合計1.0カラット」では価値が全然違います。

ダイヤの場合は圧倒的に一粒ダイヤが金額的にも高く、売れるのは一粒ダイヤといってよいほどです。

鑑別書の有無について

ブランド品などにも同じことが言えますが、ダイヤをはじめとする宝石の場合は特に「鑑定書や鑑別書が重要」だといわれています。(※正確には鑑定書と鑑別書はまったく異なる意味合いですが同じく品質を保証するものという体は一緒なので説明は割愛します。)

査定に影響するという意味で重要な要素であることには違いないですが、鑑定書があれば必ずしも高くなるというのは間違いです。

品質が悪い石なら鑑定書がないほうが良い!?


今回のように石の品質が良くない場合には、それを証明する鑑定書はないほうがむしろ査定は高い可能性が大いにあります。

鑑定書のないダイヤモンドの場合は各業者の査定員が独自の指標に当てはめて鑑定します。そのため見方によっては個人差が生じます。悪く言えば鑑定書がない分ごまかしも効くということです。

鑑定書があればそれを見て査定をおこないますから、品質の悪いものに関してはごまかしが一切効きません。

今回各所で「鑑定書があると結果が変わるかもしれない」といわれたのは、ある意味業者からすると自身の鑑定に自信がないという見方もできます。(今回どの業者もやたらと区切りの良い提示金額でしたし・・・)

鑑定書はお金を払えば後から取得することもできるため、また次回実際に鑑定書を取得してみてからもう一度査定してもらいたいと思います。

鑑定書の結果が良ければもう少し高値が付く可能性は大いにありますし、鑑定書の結果が悪いようなら上で出た価格よりも安い金額を提示してくる業者もあると思います。

ダイヤモンドやジュエリーは業者ごとでばらつきがある

ダイヤモンドは金やプラチナなどのように相場の指標が明確に定められていません。これは「ルビー」や「サファイヤ」といった色石にも同じことが言えます。

そのため売るとなった時でも業者ごとで査定金額はかなり違ってきます。

今回一番安かった「4万円」という査定と、もっとも高値だった「13万円」という査定は金額で比較しても9万円という大きな差がありますが、単純に安いところの3倍近い金額を提示していると思うと恐ろしいです。

金やプラチナなどは相場が一定であるためここまで大きな金額の差は生まれません。

そしてジュエリーの場合には石の品質などの要素も加わってきますので、買取相場も安定していないことのほうが多いです。

特に今回のようなノーブランドジュエリーの場合には、ある程度石が保証されている高級ブランドジュエリーと比較しても、売却時の査定金額の差は開きがちです。

まとめ

陽が落ちた新宿の街

実際に池袋と新宿にある業者に足を運んで調査してきました。

ここまで何店舗も回るというのは面倒であるかもしれませんが、値段が大きい品物になればなるほど金額の差は大きくなりますので、特にダイヤモンドなどを買取してもらう際には複数業者で見積もりを取ることをおすすめします。

もし仮に「買ったときはものすごく高額で、品質も最高クラスに良いダイヤモンドだったはず・・・でも鑑定書をなくしてしまった・・・」なんていう場合にはあとから鑑定書を取得することをおすすめします。(※権威のある鑑定書はGIAや中央宝石研究所(CGL)などが有名)

手間はかかりますがそれだけで金額が倍になるなんてこともありえます。

逆に「そこまで品質は良くないだろう・・・」というものでしたらそんなことをしないほうが金額的に得をする場合も多いです。

今回は結局売らずに後日鑑定書を取得して再度持っていきたいと思っています。それで面白い結果が出たらまたご紹介させていただきたいと思います。