バーキンの買取情報を徹底解説

エルメスの「バーキン」は数あるブランドバッグの中で、もっともリセールバリューに優れた資産価値の高い品です。

他のバッグと違う点として、バーキンは「サイズ素材」などバリエーションも豊富にあり、同じバーキンでも色や素材によって買取相場に差があるという特徴があります。

このページでは、以下のバーキンの買取時に気になる項目を徹底的に解説しています。

  • バーキン(サイズ・色・素材別)のリアルな買取相場
  • 少しでも高く売るための査定ポイント
  • バーキンの売却はどこのお店がおすすめ

また、近年バーキン25サイズの買取価格が大幅に高騰しており、トレンドによって買取価格も変動します。

最新情報も踏まえて解説していますので、大切なバーキンの売却を検討されている際の参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事

今回は実際にHermès(エルメス)の人気バッグ「バーキンを買取査定に出したらどこの買取店が一番高いのか?」という検証をおこなってみました。ブランド品の中でも特に高額品と知られるバーキンは、買取査定においても非常に高額なことでも知られています。一般的なブランド品の買取相場はせいぜい定価の10%-20%程度とされていますが、バーキンの場合、定価の50%以上が平均で定価以上の金額で売却できる場合もあります。そんなバーキン二点を実際に買取店で査定をしてもらい、どこが一番高かったのか解説しています。バーキンを売りた...

買取店の選びの重要性

バーキンを高く売る上では、買取店選びがとても重要です。

バーキンの買取相場は人気トレンドだけでなく、為替や株価などの様々な要因で変動し、数ヶ月で数十万円単位で買取相場が変わることも珍しくありません。

そのため買取店側には“フェイクかどうかを見抜く”といった基本的な知識だけでなく、バーキンの相場に対する最新が求められます。

お店によって買取金額が異なるのは、単純にどれだけ利益を乗せているかだけでなく、最新相場を把握しているかどうかが主な要因です。この点がお店によってかなり差があると分析しています。

リサイクルショップや質屋で売るのがおすすめできない理由

まずバーキンを売る時には、質屋やリサイクルショップはおすすめしません。

理由はリサイクルショップや質屋は、幅広い商品を取り扱いしており、相場変動が激しいバーキンに対する専門知識や差しんの情報に乏しい可能性が高いからです。

そうしたお店は高額なバーキンを取り扱うこと自体少ないはずなので、他所より高く評価してくれるケースは少ないです。

バーキンの買取は必ず専門店で

バーキンの買取査定を依頼するには、必ず「ブランド専門の買取店」を選ぶようにしましょう。

その中でも専門性に長けた、バーキンやケリーなど高額な品物をメインに取り扱いしているお店がベストです。

ほとんどのブランド買取店が、基本的にブランド品であればなんでも取り扱いしてくれますが、お店によって強いジャンルやブランドは異なります。

貴金属や宝石に強い買取店もあれば、エルメスよりもルイヴィトンやプラダといった安めの価格帯の商品に力を入れている買取店もあり、そうした買取店もおすすめしません。

バーキンの買取におすすめの買取店

ここでは実際に査定に出した買取店や、口コミ評判などを元にバーキンの査定におすすめの買取店を紹介しています。

以前、当サイトで検証した記事「バーキンの買取査定比較」を、あわせてチェックしてみてください。

色々調査した中でも、もっとも評価が高かったのが「出張買取専門店ファーストクラス」です。

FIRST CLASS-ファーストクラス-

中古バーキンを査定に出した際に、一番高値を提示してくれたのがファーストクラスでした。

大手と比較すると知名度こそまだまだ低いですが、バーキンの買取にはおすすめです。

バーキンに関して高価買取の情報を掲載しているお店は多いですが、実際の買取事例を掲載しているお店は少なく、ファーストクラスはたくさん事例を掲載している点も信頼できます。

関東エリア(東京・千葉・神奈川・埼玉)は出張での対応が可能で、それ以外のエリアでは宅配での対応となっているため、やや使い勝手が限られるかもしれない部分がデメリットです。

当然査定にかかる費用は「全て無料」で、出張であれば持ち込む手間もなく、スムーズにバーキンを換金することができます。

ファーストクラスの公式サイトへ

様々な買取方法について

バーキンを換金するための買取方法についても少し解説します。

基本的にバーキンを取り扱う買取店で利用できる方法は下記の三つです。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

どれを選んだから高い安いというのは基本ありません。自分にあった買取方法を選ぶのが良いと思います。

一般的とされる店頭持ち込み以外の買取方法について補足しておきます。

宅配買取はトラブルが不安?

宅配買取に関しては、高額品だと不安がある方も多い思います。バーキンのような高額品であれば事前に問い合わせすることをおすすめします。

ただ私も宅配買取サービスを何度も利用し、当サイトでもレビューを書いていますが、傷つけられて返送されたり紛失などといったトラブルに巻き込まれたケースは今のところありません。

しっかり対応してくれる買取店であれば、高額なバーキンでも問題なく利用できると思います。

注意点としてバーキンは小さな傷などの有無で査定金額が変わることもあるため、配送時の梱包はより厳重に行う方が良いでしょう。

手軽で便利な出張買取

個人的にバーキンなど高価な品物であれば、出張買取を利用することがおすすめです。

出張買取は査定員が自宅などまで来てくれますので、品物を持ち込む手間もなく、一度で複数点売却することもできます。

宅配や店舗と異なり、査定員のスキルによって査定時間が異なるため、品物が多い場合には事前に時間の目安などは聞いておいても良いと思います。稀に査定に異常に時間がかかったなどの口コミも見られます。

出張買取については、無理な営業や押し買いなどが度々取り沙汰されますが、予約制のブランド専門の買取店はそうしたお店はあまりないと思います。不安な方は事前に査定だけでも可能かどうか問い合わせておくのが良いでしょう。

ただし飛び込み営業の不用品回収系の業者や、ポスティングのビラなどから出張買取を申し込むのは絶対に避けた方が良いです。

LINE査定は気軽にできるが参考までに
バーキンのLINE査定は不正確
写真:大手買取店ではLINEでも査定ができるが

大手の買取店ではより気軽に査定ができる「LINE査定」というシステムを取り入れているところも多いです。

しかしバーキンは状態や年式などによって、同じ品物でも査定にかなり幅がありますし、実物を見てみないと評価が難しいです。

より細かく情報を伝えれば、ある程度の目安は提示できますが、大まかな情報だけだと金額の幅や実際の査定と差異が出てしまう恐れもあります。

例)
バーキン30 エトゥープ トゴ □L刻印
LINE査定の結果⇒100万円〜150万円

大まかな情報だけだと、あまり参考にならない幅のある買取金額を提示をする買取店も多いです。

新品であれば大きな差額は出ないと思いますが、傷等がある中古品の場合には、数十万円以上の減額となる可能性も高いです。

簡易的な目安としては参考になりますが、実際に中古バーキンの買取価格の比較として、LINE査定を利用する際には注意が必要です。

大手の買取店の査定は高いのか

バーキンの買取店ごとの査定の差に関しては、いわゆる大手というほど大きいところよりも、比較的小規模の専門性に特化したところの方が高い傾向があります。

大手の場合、極端に安いということがない点では安心できますが、反対にもっとも高値をつけるところは意外とバーキンの買取に特化した中規模から小規模のお店のケースが多いです。

買取店ごとの傾向や特徴について

バーキンの買取に力を入れている買取店ごとの特徴について簡単にまとめていきます。

ファーストクラス

先ほども紹介したファーストクラスに関しては、無店舗ながらバーキンの買取価格が高く、対応も良いため非常に人気も高くおすすめです。

電話でも「バーキンの詳細(色・素材・金具の色・刻印・使用感)」を伝えれば目安も丁寧に教えてくれます。買取事例がホームページ上にたくさんあるのも良いところです。

基本的には出張での対応ですが、宅配も受け付けてくれますので、気軽に相談してみるのも良いかと思います。

ファーストクラスの公式サイトへ

ブランドピース

ブランドピースは大手と比較するとそこまで大きな規模ではありませんが、エルメスにはかなり力を入れているお店です。

関西を中心に展開していて、関西は複数店舗、都内は池袋にお店を構えていて、査定が高いと評判が良い買取店の一つです。

エルメス専門の販売店も構えていて、新品のバーキンなどもかなり力を入れて買取してくれる傾向にあります。

ブランドピースの公式サイトへ

コメ兵

ブランド業界で最大手と言われているのがコメ兵で、全国展開している大型ブランド専門買取店になります。

おそらく一番多くのデータを持っているブランド買取店ですので、幅広いジャンルを取り扱っており、逆を言えばバーキンに特化している印象もありません。

ただし販売力は強いため、バーキンの人気どころの新品製品など、ハマればどこよりも高い高額買取が実現する場合もあります。

コメ兵の公式サイトへ

なんぼや

なんぼやもコメ兵に次ぐブランド専門買取店ですが、コメ兵と異なる点は買取専門であるところです。近年は店舗数もかなり増やしており利用者数も増えている印象です。

なんぼやのスタート当初は本当にどこよりも高く買取してくれる店と言ってもよいほど、買取価格が高いことが噂になっていましたが、最近は平均的になってしまったという声も多いですね。

おたからや

総合買取店として最大規模の有名店がおたからやかなと思います。積極的な広告戦略をおこなっていますし、チラシなどでもよく目にします。

おたからやに関しては、特に弊社に寄せられる口コミ評価もかなり厳しいものが多く、査定価格や対応なども良い評判はほとんど聞きません。

元々他のブランド買取店とは異なり、フランチャイズ展開が多い店でサービスにばらつきがあるのは仕方がないとはいえ、バーキンなどはおすすめできないかなというところです。

近年のバーキン買取における傾向と分析

バーキンのカデナの大きさ比較

バーキンは非常に高額で売れるブランドバッグです。

定価が高いということもあり、数万円で買い叩かれるということはありえません。(※どんなに状態の悪いバーキンでも10万円以下になることはないと思います)

また、世界中のセレブが欲しがるほどの人気を持ちながら、全て手作業で作られるため生産数も決して多くないため、中古品の需要も非常に高いです。

そのためバーキンは売値が落ちにくく、資産価値がある唯一のバッグと形容されることもあります。

ただし金額が高額で世界中で需要があるため、為替の影響やトレンドの変化によって相場が大きく変動するという特徴があります。

2023年今現在の相場感について

コロナウイルスの世界的流行により、いっとき相場は激しく上下しましたが、今は落ち着いてやや右肩上がりな状況です。

為替や株価が世界的に下落している状況下においても、ラグジュアリーブランド製品全体で価値が高まっています。エルメスのバーキンはそれを象徴するアイテムの一つです。

相場が上昇している主な要因としては、以下のように分析しています。

  • 物価の上昇に伴った定価の改定
  • SNSの普及による人気の上昇
  • ブランドバッグの最高峰というブランディング

近年は物価高騰が世界中で取り沙汰されており、エルメス製品も例に漏れず価格改定によって定価も上昇しており、それに伴い中古相場も上昇しています。

バーキンと他のブランドバッグが異なる点は、どれだけ値上げしても、需要に対して供給が圧倒的に足りていない点です。

また「バーキン=ブランドバッグの頂点」というブランディングは揺らいでおらず、匹敵するバッグがないこともあり、実質一強のような立ち位置を確立している点も大きいです。

いわゆるバーキンのプレ値はここ数年でどんどん高騰しています。

色による買取価格の差が広がっている

色による買取価格の差は年々大きくなってます。

以前のように、バーキンであれば何色でも需要があるという状況ではなく、人気の色であることが中古相場では大事になってきています。

そのため人気の色ブラックやエトゥープなどの新品買取相場はかなり高く250万円-300万円近い金額となっているものもありますが、赤系や青系などになると買取相場が100万円下がることもあります。

中古市場では、売れるバーキンと売れないバーキンの差が広がっている傾向にあります。

新品のバーキンは小さいサイズなら定価以上で売れる

バーキンの買取情報を解説
写真:新品状態のバーキン25

新品買取に関しても、過去最高クラスに高い水準となっています。

定価が安く需要が高いバーキン25サイズに関しては、色や素材に限らず、最低でも200万円以上での売却が可能となっていて、確実に定価以上で売ることができます。

バーキン30に関しても、トゴやエプソンといった人気素材であれば、色は問わず定価以上で売却できる可能性が高いです。

バーキン35だけは定価も高額となっていて、かなり需要が下がる傾向にあるため、ブラックやグレー系など人気の高い組み合わせでないと定価以下となってしまうことも多いです。

人気の高いバーキンに関しては、下記の例のように非常に高い買取相場となっています。

  • バーキン25新品(エトゥープ・トゴ・GLD金具)買取相場:270万円以上
  • バーキン25新品(ゴールド・エプソン・GLD金具)買取相場:240万円以上
  • バーキン30新品(ブラック・エプソン・SLV金具)買取相場:200万円以上

最大で定価のプラス100万円以上で売却できるモデルも多く、非常に高い相場であることがわかるかと思います。

バーキンの買取率や基本知識

中古のブランドバッグに関しては、平均しても定価の10%前後程度が買取相場となっています。

ごく一部のルイヴィトンやシャネルなどの定番バッグであれば、30%〜50%前後の値がつくケースもありますが、極めて需要が高い人気モデルに限ります。

通常使ってしまうと、ブランド品のバッグとはいえ、定価の10%から最大20%程度が買取価格の大まかな基準となります。

中古品の大まかな買取率

バーキンの場合、買取相場は平均しても定価の50%程度となっています。

人気や年式、状態などによって、金額はかなり大きく上下しますので、幅を見ると「だいたい買取率40%〜70%」くらいがバーキンの売値の目安となります。

状態が良く珍しいバーキンに関しては、年数が経っていても定価以上で売却する品もあります。それだけ中古品でも高値がつきやすいです。

特にレアものではないバーキンでも、当時定価100万円くらいで購入している場合、買取価格は70万円前後というのが大まかな目安です。

人気の高いバーキン25やバーキン30であれば、使って多少傷があっても定価以上で売れることもあります。

バーキンが高値で売れる理由

バーキンが高く買取される理由は、流通状況にあります。

そもそもバーキンは誰もが気軽に買えるバッグではなく、正規店で購入するのはとても難しいです。

欲しくても正規品の新品はまず買えない

今すぐバーキンが欲しいからといって、エルメスの正規ブティックに行ってもバーキンは出てきません。

ブティックで新品のバーキンを購入するためには、日ごろからエルメスで買い物を重ね、エルメスから顧客と認められる必要があります。

入荷数も決して多くないことに加え、VIP顧客に優先的に案内されるため、新品定価でバーキンを購入するハードルは極めて高いです。

案内されたからといって好みのサイズや色のバーキンが購入できるとは限らないため、そういった時間的、金銭的リスクを踏まえて、プレ値で購入するという人も多いです。

ハンドメイドなので製造数が少ない

バーキン含めエルメスの革製品は今でも全てハンドメイドです。

そのため製造数も少なく、人気の色や素材のバーキンは世界中で争奪戦となっています。

レアものの限定商品などにプレ値がつく理由と同じように、バーキンは定番商品でありながら、中古市場では常にプレ値が付いている製品なのです。

状態の悪い中古品であっても高値付く

バーキンに関しては、ある程度使用した中古品に関しても高値がつきます。

中古品で状態の悪い品を基準にすると、買取率は「30%前後」となります。

かなり状態の悪い品で30%を切るケースもありますが、ほかのブランドバッグと比較すると、それでもなお高水準といえます。

傷や汚れがある状態の悪いバーキンであっても、最低でも30万円-40万円程度は値が付くと思っていただいて問題ありません。

バーキンの定価は上がり続けている

また、バーキンの定価は発売以来上がり続けています。

以下はバーキンの定価の推移をグラフにしたものです。

バーキン発売当初から2020年までの定価推移
発売当時はバーキン40のみの展開、現在の価格はバーキン30を参照

発売以来バーキンの定価は伸び続けていて、現在では発売当初の2.5倍以上に高騰しています。

定価が上がるにつれて中古品の値段も高騰しているため、買取率で見ると、定価が安い時に購入した、今も人気色のバーキンが一番高い可能性もあります。

ブランド品爆買いブームのその後

数年前、中国人の爆買いブームをきっかけに、新品のバーキンは当時定価130万円程度にも関わらず、中古市場での販売相場が軒並み200万円を越えていました。

その後は少し落ち着きを取り戻し、コロナウイルスの感染拡大前は人気バーキンのみが200万円前後、平均すると170万円前後程度の相場となっていました。

しかし2020年以降は相場が上昇し続け、2022年に入った今では人気バーキンは販売相場300万円以上にまで高騰しています。

それによって再度買取相場も上昇していて、バーキンの買取相場は中国人爆買いブームのピーク時を超え、高く過去最高を記録しています。

色や素材の人気によって買取相場が大きく上下する

非常に人気の高いバーキンエトゥープ
写真:抜群に人気の高いバーキンエトゥープ

バーキンの買取相場は人気や流行によって買取価格が大きく変動します。

そのため、バーキンの査定で重要視されるポイントは、細かく分けると主に以下の4つです。

  • サイズ(25cm・30cm・35cm・・・40cm以上のものは珍しい)
  • カラー(100色以上あります・・・)
  • 素材(よく使われるものだけでも20種類近く・・・)
  • 金具の色(ゴールドorシルバー、最近はローズゴールド等も登場)

同じバーキンでも、この組み合わせによって買取相場が大きく変わってきます。

現在は小型のサイズでかつ、ブラックやグレー系などシンプルで使い勝手の良いバーキンの需要が高い傾向にあります。

バーキンのサイズは小さいほど人気

バーキンの大きさを比較
写真:左からバーキン25、バーキン30、バーキン35

サイズは買取相場に大きく影響する項目です。

人気傾向は、バーキン25>バーキン30>バーキン35と小さい品ほど高値となります。

サイズが大きくなるに連れて定価は高くなりますが、買取価格はサイズが小さい方が高いというのが近年の傾向です。

新品で比較すると、バーキン25とバーキン35では、買取価格が100万円以上変わるケースもあります。

バーキン40以上の大型のサイズの買取相場

それ以上の大きなサイズである「バーキン40」「バーキン50※」は、通常のバーキンと異なりメンズ需要がメインです。(※バーキン50は現在ほぼ製造されていないとされています)

以前はバーキン35同様に高値が付きづらい傾向にありましたが、生産数が少なかったこともあり近年相場は上昇傾向にあります。

男性向けということもあり、ブラックはグレー系といった色の品物は、バーキン30と同じくらい高値が付くモデルも出てきました。

人気カラーと素材の組み合わせ

カラーと素材に関しては、毎年のように流行が入れ替わります。

ただトレンドに左右されず安定して買取相場が高いのは、「ブラック」「エトゥープ」「エタン」「クレ」「ゴールド」などの定番色です。

素材は傷が目立ちにくく、耐久性に優れた素材ほど人気の傾向にあります。

エトゥープに似た色は高価買取

エトゥープやエタンに近いシックなグレー系カラーは全体的に買取相場が高いです。

  • グリアスファルト
  • グラファイト
  • トゥルティエールグレー
  • グリメイヤー

その他にも近年はホワイトベージュ系の定番色「クレ」に似た系統の「ベトン」「ナタ」なども同じくらい人気が高いです。

反対に鮮やかな赤系や青系、蛍光色などは需要が低く、買取価格は下がります。

素材はトゴが一番人気

現行のバーキンの素材に用いられる主要な素材は以下です。

  • トゴ
  • トリヨンクレマンス
  • スイフト
  • エプソン

この中でも「トゴ」「トリヨンクレマンス」は傷が目立ちにくく、カジュアルな装いにも合わせやすいとされ、中古人気も高いです。

エプソンは少し買取価格は下がり、もっとも繊細なスイフトは定価が一番高い素材にも関わらず、買取査定ではもっとも値段が付きにくいです。

金具の色はゴールドが人気

バーキンの金具の色は主に「ゴールド」「シルバー」と二種類あります。

基本的にゴールド金具のほうが高値が付く傾向にあり、同じバーキンでもゴールド金具であれば5万円程度相場も高くなっています。

また、近年はほぼ製造されていませんが、マット加工された金具のバーキンに関しては、通常の金具より人気が低いです。

新登場したローズゴールド、シャンパンゴールドの金具はゴールドとほぼ同じ

近年新しく「ローズゴールド金具」「シャンパンゴールド金具」なども登場しています。。

まだそこまで流通量が多くないため、ゴールド金具とほぼ同じか、本体色との組み合わせによっては、少し高めに買取してくれるお店もあります。

今後さらに定番化していけば、相場も安定していくと思われます。

製造年が新しい品ほど高値が付きやすい

サイズや色、素材以外にも、製造年によって大幅に査定が変わってきます。

製造年が5年前のバーキンと最新のバーキンでは、他が全く同条件でも、30万円以上査定額が変わるケースもあります。

バーキンは新しいものほど高値が付きやすく、古くなればなるほど買取相場は落ちてしまいます。

製造年は刻印として、バッグ本体に刻まれているため、一切ごまかしの効かない項目の一つです。

バーキンの製造年刻印について

バーキン製造年刻印の位置
写真:ベルトの内側にある製造刻印

バーキンは本体に製造年を示す刻印が施されています。

刻印の場所も年代によって異なるため注意しましょう。

  • 2015年以前:右側のベルトの裏側
  • 2016年以降:バッグ内側の左側面の上部

この刻印の初めのアルファベットが製造年を表す記号です。

バーキンの製造年刻印一覧表
製造刻印一覧※2021年はZ刻印、2022年はU刻印となっています。

上の写真のバーキンでは「T OT 004」と刻印されています。

製造年を表すのは一番左の「T」の部分。「T」は2015年に製造されたバーキンに施されているため、製造年を判別することができます。

より新しい刻印が施されたバーキンほど、高値が付くため事前にチェックしておいて損はありません。

バーキンの新品状態の基準とは

新品で箱入りのエルメスバーキン
写真:新品状態のバーキンの梱包

お店によってバーキンの「新品状態」という基準に多少違いこそあるものの、原則としてどこも以下のような厳しい基準を設けています。

  • 箱を開封しただけで一度も使用していない
  • 保護シール等も一切剥がれていない
  • 製造されて2年以内のバーキン(2021年のZ刻印or2022年のU刻印)

この基準を全て満たして初めて、新品という評価が下されます。

上二つ満たしていても、製造が古い品物は、「新品」ではなく「新品同様(中古品としてはもっとも状態が良い品)」というワンランク下の評価とする買取店が多いです。

バーキンの買取相場を詳しく解説

バーキン35ゴールド
写真:バーキン35ゴールド

ここでは「バーキンの品物の現実的な買取相場」について、詳しく解説しています。

実際にバーキンの買取価格を、各種サイズ別・カラー別・素材別でまとめています。

2022年現在の買取相場となっているため、買取を検討されている場合にはチェックしてみてください。

いくつか前提条件や傾向などを先に解説しているため、それを踏まえた上で参考にしてみてください。

高く売れるバーキンの主な特徴

まず、高く売れるバーキンの基準は簡単にいうと下記の3つの項目です。

  • 人気のサイズであるか?
  • 人気の色であるか?
  • 人気の素材であるか?

そのため下記の表においては、「サイズ」「色」「素材」でお手持ちのバーキンと照らし合わせながら、大まかな買取相場を調べてみてください。

全種類網羅しているわけではありませんが、近しい色などと比較すれば、そこまで大きな差にはなりません。

実際の中古バーキン買取価格の目安

下記で記載している買取相場の金額は、「中古品Aランク:一般的に状態が良いUSED品」という状態を基準としています。(※中古品新品同様には至らない品)

多少使用はしているが、傷などがないことが条件です。

製造年などは問わない平均価格ですので、同じ色素材でも、古い品であれば記載されている金額以下、新しい品であれば記載されている金額以上となる場合もあります。

金具の色による区別はしていませんが、おおよそゴールド金具のほうが人気が高い傾向にあります。

  • ゴールド金具であれば買取相場+5万円
  • シルバー金具であれば買取相場-5万円

上記に加えて、参考にしてみてください。

ブラック・モノトーン系のバーキン買取相場

バーキン30ブラック

流行に流されることなく安定して高値が付き、相場も変動しにくいのがモノトーン系カラーです。

ブラック」と「エトゥープ」は、今現在もっとも高く売れるカラーとなっていて、中古でもサイズや素材によって定価以上で売れることもあります。

またモノトーン系の中でも「クレ」や「ベトン」などの白色も、海外での人気が高く、以前と比較して相場が高騰しています。

中古品に関しては、ブラックやグレー系の方が高値が付きやすいですが、いずれにせよモノトーンカラーはバーキンでもっとも高く売れる傾向にあります。

この系統の主要なカラー
ブラック エトゥープ トゥルティエールグレー エタン グリメイヤー セージ グラファイト クレ ナタ ベトン ホワイト パルシュマン マロン バニラ など

ブラック
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:170万円
バーキン30:130万円
バーキン35:90万円
ヴォーエプソン バーキン25:150万円
バーキン30:120万円
バーキン35:80万円
ヴォースイフト バーキン25:130万円
バーキン30:100万円
バーキン35:70万円
トリヨンクレマンス バーキン25:160万円
バーキン30:1200万円
バーキン35:85万円
ボックスカーフ バーキン25:-
バーキン30:90万円
バーキン35:60万円
アルデンヌ バーキン25:-
バーキン30:70万円
バーキン35:50万円
フィヨルド バーキン25:-
バーキン30:60万円
バーキン35:45万円
エトゥープ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:180万円
バーキン30:150万円
バーキン35:110万円
ヴォーエプソン バーキン25:160万円
バーキン30:130万円
バーキン35:95万円
ヴォースイフト バーキン25:120万円
バーキン30:100万円
バーキン35:70万円
トリヨンクレマンス バーキン25:170万円
バーキン30:120万円
バーキン35:100万円
エタン
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:160万円
バーキン30:120万円
バーキン35:90万円
ヴォーエプソン バーキン25:140万円
バーキン30:110万円
バーキン35:75万円
ヴォースイフト バーキン25:120万円
バーキン30:100万円
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:150万円
バーキン30:110万円
バーキン35:80万円
セージ
素材 買取相場(サイズごと)
ヴォースイフト バーキン25:130万円
バーキン30:-
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:140万円
バーキン30:110万円
バーキン35:80万円
トゥルティエールグレー(グリトゥルトゥレール)
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:140万円
バーキン30:110万円
バーキン35:80万円
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:100万円
バーキン35:70万円
グリアスファルト
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:150万円
バーキン30:120万円
バーキン35:100万円
トリヨンノビーヨ バーキン25:140万円
バーキン30:110万円
バーキン35:90万円
クレ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:160万円
バーキン30:130万円
バーキン35:90万円
エプソン バーキン25:140万円
バーキン30:110万円
バーキン35:85万円
トリヨンクレマンス バーキン25:150万円
バーキン30:120万円
バーキン35:90万円
新品状態のモノトーン系は買取相場は180万円前後

モノトーン系の新品の場合、買取相場は「平均180万円前後」となっています。

ブラックとエトゥープをはじめ、ほとんどの色で、バーキン25とバーキン30であれば確実に定価以上の金額が期待できます。

ブルー系・グリーン系のバーキン買取相場

バーキン30青系

ブルーやグリーン系のバーキンは人気は今ひとつです。

比較的新しめの「ブルーエレクトリック」「ブルーザンジバル」「ヴェールヴェルティゴ」「マラカイト」などは、中古品でも100万円以上で売却できる可能性が高いですが、古めのブルージーンなどは値段が付きにくい傾向にあります。

その反面ブラックに近い濃いめの色の「ブルーニュイ」や「ブルーアンクル」「ヴェールグリス」「ヴェールシプレ」などであれば、かなり高めの相場になっています。

この系統の主要カラー
ブルージーン ブルーパラダイス ブルーアトール ブルーザンジバル ブルーエレクトリック ブルーニュイ ブルーアンクル ミコノス セレスト バンブー マラカイト ヴェールベルティゴ ヴェールグリス ヴェールシプレなど

ブルージーン
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:70万円
バーキン35:45万円
ヴォーエプソン バーキン25:100万円
バーキン30:60万円
バーキン35:45万円
ブルーパラダイス
素材 買取相場(サイズごと)
ヴォーエプソン バーキン25:-
バーキン30:90万円
バーキン35:-
ヴォースイフト バーキン25:100万円
バーキン30:80万円
バーキン35:-
プルーエレクトリック
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:120万円
バーキン30:100万円
バーキン35:-
ヴォーエプソン バーキン25:110万円
バーキン30:-
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:110万円
バーキン30:90万円
バーキン35:70万円
ブルーアトール
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:80万円
バーキン35:55万円
トリヨンクレマンス バーキン25:100万円
バーキン30:80万円
バーキン35:50万円
ブルーニュイ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:130万円
バーキン30:100万円
バーキン35:80万円
トリヨンクレマンス バーキン25:120万円
バーキン30:95万円
バーキン35:70万円
バンブー
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:125万円
バーキン30:80万円
バーキン35:70万円
ヴォーエプソン バーキン25:-
バーキン30:80万円
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:75万円
バーキン35:60万円
マラカイト
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:135万円
バーキン30:100万円
バーキン35:80万円
ヴォーエプソン バーキン25:120万円
バーキン30:85万円
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:90万円
バーキン35:-
新品状態のブルー系の買取相場は110万円前後

ブルー・グリーン系の色のバーキンで新品状態の場合ですと、130万円前後が相場となっています。

ブルー系は似たような色でも、新色と古くからある色が混在していて、古い品だと未使用品であっても80万円程度になってしまいます。

濃いめの色でないと値段は付きづらい傾向にあります。

レッド・オレンジ系の買取相場

バーキン赤系

赤系の色は、色によってかなり相場が異なります。

新しめの色は90万円程度の高値がつく可能性が高いですが、オレンジ系や古い赤系などは50万円-60万円前後と安めになっています。

ドブリスなど特殊な素材でない限り、全体的には値段がつきにくい傾向にあります。

この系統の主要カラー
ルージュビヴォワンヌ ルージュヴィフ ルージュアッシュ ルージュセリエ ルビー ブーゲンビリア オレンジ フーなど

ルージュヴィヴォワンヌ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:-
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:80万円
バーキン35:-
ルージュガランス
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:80万円
バーキン35:40万円
ヴォーエプソン バーキン25:100万円
バーキン30:70万円
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:65万円
バーキン35:40万円
ルージュヴィフ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:80万円
バーキン35:60万円
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:80万円
バーキン35:60万円
アルデンヌ バーキン25:-
バーキン30:40万円
バーキン35:30万円
フィヨルド バーキン25:-
バーキン30:40万円
バーキン35:30万円
クシュベル バーキン25:-
バーキン30:40万円
バーキン35:30万円
ルビー
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:70万円
バーキン35:40万円
ヴォーエプソン バーキン25:100万円
バーキン30:70万円
バーキン35:35万円
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:65万円
バーキン35:40万円
ブーゲンビリア
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:110万円
バーキン30:-
バーキン35:-
ヴォーエプソン バーキン25:-
バーキン30:80万円
バーキン35:-
トリヨンクレマンス バーキン25:-
バーキン30:70万円
バーキン35:40万円
オレンジ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:100万円
バーキン30:70万円
バーキン35:45万円
ヴォーエプソン バーキン25:90万円
バーキン30:60万円
バーキン35:35万円
ヴォースイフト バーキン25:80万円
バーキン30:55万円
バーキン35:40万円
ドブリス バーキン25:250万円
バーキン30:150万円
バーキン35:-
新品状態の赤系カラーの買取相場は130万円前後

赤系のバーキンの新品状態での、今の買取相場は130万円前後を目安となります。

ただし赤系も全体的に濃い色は人気が高く、薄い色やオレンジ系の色だと人気が低い傾向があります。

小型のバーキンであれば定価以上で売却できる可能性がありますが、バーキン30やバーキン35などだと定価以上出る可能性は低いです。

ピンク系の相場表

バーキンピンク

ピンク系のバーキンは一時人気が高まり、ブラックなどを越えた時代もありました。

現在ではローズサクラ以外の色の相場は落ち着いていますが、他色に比べてやや高い買取相場となっており、中古品でも100万円以上で売れる可能性が高いです。

数年前はショッキングピンクや濃い系のピンクが人気でしたが、近年は薄めのピンクが人気です。

この系統の主要カラー
フューシャーピンク キャンディーピンク ローズサクラ ローズアザレ ローズメキシコ ローズテリアン ローズパープル ローズリップスティック など

ローズサクラ
素材 買取相場(サイズごと)
ヴォースイフト バーキン25:200万円
バーキン30:150万円
バーキン35:-
ローズショッキング
素材 買取相場(サイズごと)
シェーブル バーキン25:130万円
バーキン30:100万円
バーキン35:-
ローズテリアン
素材 買取相場(サイズごと)
ヴォーエプソン バーキン25:-
バーキン30:90万円
バーキン35:-
ローズアザレ
素材 買取相場(サイズごと)
ヴォースイフト バーキン25:130万円
バーキン30:-
バーキン35:-
新品状態のピンク系の買取相場は150万円前後

ピンクは10年前くらいから登場した比較的新しいカラーです。そのため未使用品であれば、買取相場は150万円前後が目安となります。

ローズサクラなど人気色であれば、やや製造が古い品物でも定価を超える値が付くケースもあります。 ピンク系は特に小型のバーキンに人気です。

ブラウン系の相場表

バーキン茶色

茶色系のバーキンは古くからラインナップされていて、製造が古い「クシュベル」や「アルデンヌ」といった素材はあまり高値が付きづらいです。

現行の茶色系は「トゴ」がメインとなっていて、新しいゴールドのトゴ素材などは高値で売れますが、古い品はかなり安めとなってしまい幅が大きいです。

もっとも定番のゴールドに関しては、金具の色も重要で「本体カラーがゴールドx金具の色もゴールド」の組み合わせは特別人気です。

薄めのブラウンは人気が高い一方で、ショコラなどダークブラウン系のカラーはやや人気が低い傾向にあります。

この系統の主要カラー
ゴールド ナチュラル ナチュラルサブレ ショコラ カカオ エベンヌ チャイ タバックキャメル

ゴールド
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:150万円
バーキン30:120万円
バーキン35:90万円
ヴォーエプソン バーキン25:135万円
バーキン30:100万円
バーキン35:75万円
トリヨンクレマンス バーキン25:140万円
バーキン30:110万円
バーキン35:85万円
アルデンヌ バーキン25:-
バーキン30:70万円
バーキン35:45万円
バーキン40:70万円
クシュベル バーキン25:-
バーキン30:60万円
バーキン35:40万円
バーキン40:60万円
ナチュラル
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:130万円
バーキン30:100万円
バーキン35:75万円
ヴォーシャモニー バーキン25:-
バーキン30:75万円
バーキン35:40万円
フィヨルド バーキン25:-
バーキン30:60万円
バーキン35:40万円
クシュベル バーキン25:-
バーキン30:60万円
バーキン35:40万円
バーキン40:60万円
ショコラ
素材 買取相場(サイズごと)
トゴ バーキン25:120万円
バーキン30:90万円
バーキン35:60万円
エプソン バーキン25:110万円
バーキン30:80万円
バーキン35:50万円
新品状態のブラウン系の買取相場は140万円前後

ブラウン系の新品状態での買取であれば、140万円程度の相場となっています。

ただこの系統の色に限っては、最新の品でなければ高値はつきづらい傾向にあります。

最新のバーキン30(ゴールド・トゴ素材・GLD金具)などは人気が高く、200万円前後での買取も可能です。

古くから展開されているカラーも多いため、現行品にほとんど使われていないクシュベルやアルデンヌといった素材になってしまうと相場は半値以下になります。

クロコをはじめ特殊素材バーキンは超高額買取対象

高額間違いなしのバーキンクロコ
写真:販売価格400万円を越えるクロコのバーキン

上で紹介したモデルはあくまで一般的なレザー素材を使用したバーキンです。

中には、さらに高価買取対象となる「特殊な素材(※エキゾチックレザー)」のバーキンも存在します。

いわゆる「バーキン・クロコ」などは超高額モデルの代表格です。

バーキンで使用される主なエキゾチックレザーは以下です。

  • ポロサス(クロコ)
  • アリゲーター(クロコ)
  • ニロティカス(クロコ)
  • オーストリッチ(ダチョウ)
  • リザード(トカゲ)

これらのバーキンは定価300万円を超えるモデルも多く、通常レザーのバーキンよりさらに高価です。

ただでさえ購入が難しいバーキンですが、エキゾチックレザーの品はさらに入手が困難で、中古でも非常に価値が高い傾向にあります。

クロコのバーキンはどんなモデルでも、状態が良い品に関しては、買取価格200万円が最低ラインというほどの超高額です。

エキゾチックレザーとはいえ、高く売れるバーキンの傾向は通常レザーの品と同じで、人気のカラーであることや、サイズが小さめであることが高値がつく条件となります。

あわせて読みたい記事

エルメスのバーキンと言えば超高額バッグとして知られていますが、バーキンには通常の品のさらに上に「特殊素材バーキン」や「プレミアバーキン」と言われるレアものが存在します。特殊素材とは「クロコ」などと呼ばれるワニ革モデルなど珍しい動物の毛皮を使用した品で、その価値は数百万円にも上ります。当然買取においても高値がつくことは言うまでもないですが、これらの高額モデルのバーキンは一般の人がまず正規店で購入することができないなどの理由から、ほとんどの品に定価以上で売れるプレミア価値がついてます。ここではそ...

パーソナルオーダーのバーキンだとほぼ定価以上は確実

パーソナルオーダー品は「色(通常ないバイカラーなども可※)」や「素材(特殊素材も可)」「金具の色」などもすべてオーダーでき、特注で仕立てられたバーキンです。(※バイカラー(内側と外側での)に関してはパーソナルオーダー以外にも2017年に発売したヴェルソシリーズも存在します。)

中古市場においては既製品よりもパーソナルオーダーのバーキンの方が高い評価となりやすいです。
パーソナルオーダーのバーキンの特徴としては以下のような点が挙げられます。

  • 普通には売っていないような珍しい色使いのバーキン
  • 特殊素材をふんだんに利用した贅沢なバーキン

エルメスに特別に認められた顧客だけがオーダーすることができ、普通の人はまず手に入れることができないバーキンのため、通常の相場よりもさらに高い金額が付きます。

定価もピンキリで使う素材によって異なりますが、正規店で定価で購入していて「一目でパーソナルだとわかる珍しい色使いのバーキン」であれば、買った金額以上で売れることはほぼ間違いありません。

反対にパーソナルオーダーでも、あまり個性的ではない品、似たような色使いのモデルが既製品で存在する場合には、通常の品とそこまで買取価格は変わりません。

あくまでパーソナルオーダーのバーキンは本体の配色によって、相場が大きく変わってきます。

パーソナルオーダー品は馬蹄の刻印で判別可能

パーソナルオーダー品にはHermèsのロゴの横に「馬蹄の刻印」が施されているので、通常の品と区別することができます。

パーソナルオーダーの場合は普通に売られていないような、珍しい色や素材の組み合わせで特注する場合が多く、中古であっても欲しがるエルメスファンは多いです。

パーソナルオーダーと間違えやすい珍しいバーキン

バーキン35バレニア×キャンバス
写真:キャンバス素材を使用しているバーキンバレニア

稀に画像のもののような一見変わったバーキンがオーダー品以外の既製品として販売されることがあります。

上の品はバーキン35ですが「バレニア」というキャンバス地を組み合わせたモデルです。

同じようにキャンバス地を組み合わせたバーキンはいくつか製品化されていて、珍しい見た目ですがパーソナルオーダー品ではありません。

近年はありませんが、馬蹄刻印があるものの、既製品として販売されていた品もあり、知ってる人でも判別が難しい部分もあります。

一見珍しい通常バーキンの種類

バレニア以外にも以下のようなバーキンは珍しい品ですが、パーソナルオーダー品ではありません。

  • バーキン クラブ(バッグ中央に縦ラインが入っている)
  • バーキン ギリーズ(バックの角に沿って装飾された革が張ってある)
  • バーキン コントゥール(バッグの淵の部分に色が付いている)
  • バーキン ヴェルソ(バッグの中の色が本体と異なる)

ですが、いずれも希少価値は高いため、中にはプレミア価格が付いていて相場が高騰しているモデルもあります。

ショルダーバーキンなど変わったバーキンの買取相場

ショルダーバーキンブラック
写真:珍しいショルダーバーキン

バーキンには以下のような変わった形の品もあります。

  • ショルダーバーキン
  • タイニーバーキン

ショルダーバーキンは高さが通常の半分ほどのショルダーバッグ型、タイニーバーキンはポーチとしても使用できるほど小さいバーキンです。

ショルダーバーキンに関しては以前はあまり人気がないモデルでしたが、海外需要が上がっており、近年は買取相場が高騰しています。状態が良い品でかつブラックなど人気の高いカラーであれば、60万円前後が買取相場の目安となります。

タイニーバーキンは小型なバッグが人気な点と、流通数が極めて少ないため、確実に定価以上で売却できるプレミアモデルとなっています。

色によって買取相場はピンキリですが、100万円以上の値が付くことは間違いないでしょう。

バーキンと似ているエルメスの「オータクロア」に注意

バーキンとオータクロアは見た目ほとんど一緒
写真:左がバーキン、右がオータクロア

この二つの写真を見てどちらもバーキンだと思う方も多いと思いますが、右のバッグはエルメスの「オータクロア」というバッグです。

オータクロアはエルメスがバーキンよりも前から製造していたバッグで、それを元に改良したモデルがバーキンです。

オータクロアはバーキンより買取相場が安い

オータクロアはバーキンとデザインこそ似ていますが、買取相場は大きく変わります。

買取相場はバーキンが平均80万円以上なのに対して、オータクロアは「平均50万円程度」とやや安めの傾向にあります。

自分で購入した品を間違えるなんてことはまずありえませんが、人からいただいた品や中古で購入した品の場合、少なからずオータクロアの可能性があるかもしれません。

エルメスの中では人気の高いモデルではありますが、バーキンほど高値がつかないため注意しましょう。

バーキンとオータクロアの判別方法

バーキンとオータクロアの金具部分の違い
写真:左がバーキンの金具、右がオータクロアの金具

もっとも簡単に二つを判別できるのは金具部分の作りの違いです。

バーキンは金具が丸めの作りなのに対して、オータクロアは四角い作りをしています。

バッグ自体の形状も似ていますが、バーキンは通常25、30、35のサイズ展開なのに対して、オータクロアは28、32、36とやや大きめのサイズが主流です。

全体的にバーキンよりも縦に長いことも大きな特徴となっています。

フリマアプリなどをはじめ個人間の取引では、稀にバーキンだといってオータクロアが販売されているケースもありますので、この二つの違いについては知っておいて損はないと思います。

かなり古い年代物バーキンの買取について

基本的に購入から20年以上経ったブランド品は年代物といわれます。

通常年代物のブランド品は、たとえ高額品でも古くなればなるほど価値がなくなってしまいます。

しかしバーキンの場合は、数十年前の品であってもかなり高い金額で売ることができます。

20年以上前のバーキンに70万円近い値が付くケースもある

実際20年前くらいの品でも以下のような金額で買取してもらうことが可能です。

  • 状態の良い20年以上前のバーキン:買取価格 80万円前後
  • 状態の悪い20年以上前のバーキン:買取価格 40万円前後

バーキンは初めて発売されたのが1984年ですのでこれより古い品は存在しません。

販売当時は「定価およそ50万円ほど」で今の三分の一の価格からスタートしました。

さすがに当時の品に100万円以上値がつく可能性は低いですが、かなり古い品で状態の悪い場合でも、最低でも30万円以上は値が付くというのもバーキンの資産価値の高さを表しています。

買取価格に影響する査定ポイント

バーキンはしっかり査定で見られる

バーキンは状態の良い品ほど高値がつきます。また金額が高価なため付属品も査定に影響するポイントです。

実際に売る前にチェックしておきたい「査定に影響する付属品」や「状態の判断評価」などの解説しています。

バーキンの買取はとても高額ですので、査定に出す前に少し手を加えることで数万円査定が変わるポイントなども存在するためチェックしておきましょう。

バーキンの査定に影響する付属品

エルメスバーキンの付属品一覧
写真:新品バーキンの付属品一覧

査定時に見られるポイントとして、本体の状態以外に「付属品の有無」があります。

バーキンの付属品は上記写真となっており、もし新品として評価される場合はこれらが完品であることが必須です。

  • 保存袋
  • カデナ(南京錠・鍵2本)
  • クロシェット
  • タグ
  • レインカバー

もちろん中古品の場合でもすべて揃っているほど査定額は高くなります。

カデナとクロシェットは本体の一部

バーキンオーストリッチクロシェット
写真:オーストリッチのクロシェット

バーキンに付属するクロシェットなどは単体でも売られていることがあるほど、価値の高い品です。

カデナとクロシェットについては本体の一部ですので、欠品すると5万円以上減額されることもあります。クロシェットの中にあるカデナの鍵2本揃って完品となります。

バーキンは箱には価値があるのか

バーキンの箱はそれだけでも1万円程度の価値
写真:バーキンに付属するオレンジ色の箱

バーキンの箱は新品状態であれば必須の付属品です。

ネットオークションなどでは箱だけでも販売することができますが、基本的に箱のみの買取はできないという買取店が多いです。

ある程度使用感のあるバーキンの査定においては、箱によって数万円減額されるというケースはほぼありません。

本体の状態評価に関するチェックポイント

バーキンの査定で見られるポイント
写真:バーキンの新品についている金具部分のシール

査定の際に見られる本体の状態の確認項目を解説していきます。

今後売ることをお考えの方なども、これらを意識して大切に扱うことでバーキンの価値を損なうことなく扱うことができるためチェックしてみてください。

金具のシールを剥がすだけで5万円変わる

新品のバーキンには、全ての金具部分に保護シールが貼ってあります。

シールは買ってすぐに剥がしてしまう方もいますが、剥がしてしまうと減額対象となります。

製造がまだ新しい品であれば、シールが貼ってあれば5万円くらいは査定が上がると思っていただいて大丈夫です。

剥がしてはいないが、使い込んでいてシールが剥がれかけている場合にも、剥がさない方が無難だと思います。

金具の傷やスレが少しでもあると新品同様にはならない
バーキンの金具部分の小傷
写真:バーキンの金具の擦れや汚れ

バーキンの査定時には金具部分もよく見られます。基本的には少しでも擦れがあれば査定で減額されてしまいます。

これに関しては普通に使っているだけでも、年数が経てばどうしても傷ついてしまいます。

持ち手の汚れやわずかなスレも減額対象

バーキンの角スレアリ状態
写真:角スレありと判断されるバーキンの例

バーキンは買取価格も非常に高価なため、他ブランドの一般的なブランドバッグ以上に、ごくわずかな擦れ傷などでも大きな減額になりかねません。

上の写真のように、角が少し擦れているだけで状態が良いという判断にはなりません。それだけ新品同様の基準は高いです。

少し擦れているだけでマイナス10万円、かなり擦れているとマイナス30万円など、かなり大きく査定に影響する項目となっています。

トゥイリーを使用していれば持ち手の擦れは防げる

持ち手はもっとも使用感が出やすい部分の一つで、一度汚れてしまうとまず直すことはできません。

綺麗に保つために日頃からトゥイリースカーフなどを巻いて使用するなど工夫が必要です。

持ち手が汚れていたり使用感があると、本体が綺麗だとしても10万円以上は減額されてしまいます。

補色など社外で手が加えられると大幅なマイナス評価

エルメスの正規店で磨きなどのメンテナンスをした場合には、それ自体が査定にマイナスとなる影響はありません。

しかし、社外での修理やハンドルの交換、補色などをしてしまうと、大きく評価が下がってしまいます。

お店によっては買取不可とするところもあり、お店によって判断が大きく異なるため、そういったバーキンは複数社で見積もりを取ってから売却する方が無難です。

社外修理は状態が悪い以上に大きなマイナスとなるため、これから修理に出そうか考えているという方も、いずれ売却することを考えている場合には避けたほうが良いでしょう。

アクセサリー類もあわせて売ると査定アップ

カデナペガサス
写真:カデナペガサス

バーキンをはじめとするエルメスのバッグは、その他エルメスのアクセサリーをあわせてオリジナルのコーディネートをされるケースも多いです。

定番の「ロデオチャーム」や、上記の「別売りのカデナ」などもそういった例の一つです。

エルメスのアクセサリー類は安い品でも1万円程度、高い品だと単体で数十万円以上するような品もあります。

これらも買取時にあわせて売ることで査定アップにつながりますので、必要なければ同じ機会に売ってしまうのもおすすめです。

単体の査定では値段が付かないケースもありますが、バーキンと合わせて査定に出せば金額アップに繋がります。

すぐにできる少しだけ査定をアップさせる小技

中古品を売る際にもっとも重要なのは、普段から大事に使用していたかどうかです。

そのため、少し手を加えて査定をアップさせることはかなり難しいというのが現実です。

しかしバーキンは「一点当たり数十万円から百万円を超える品」ですので、状態が悪い品であれば「少し手を加えるだけで査定が数万円上がるポイント」が少なからず存在します。

特に状態が悪いバーキンを売却する場合、査定前に絶対にこれだけはしておきたいポイントを解説していきます。

型崩れは直すよう心がける

素材にも寄りますが、トゴやトリヨンクレマンスなど柔らかめの革を使用したバーキンは型崩れしやすい傾向にあります。

見るからに型崩れしていると10万円以上の大幅な減額対象になる場合もあるため、もし崩れてしまっている場合には、事前に詰め物をしてある程度置いておくことをおすすめします。

一時的ではありますが、それだけでも印象がだいぶ変わり、査定も上がる可能性があります。

内側のポケットなどは絶対に掃除しておく

バッグの内側にゴミが溜まっていたりすると査定員に悪い印象を与えます。

それだけで普段から扱いが悪いという印象を与えかねるため、最低限の掃除をしておくこともおすすめで。

内側に物が残っていたり、ゴミが溜まっていたりしそうな箇所は、査定の前に一度確認して、絶対に綺麗にしておきましょう。

臭いがついているものは日干しして消臭

タバコなどの臭い以外にも、香水の強い匂いが付着した品などは基本的に減額対象になります。

その場合は、風通しの良い場所に陰干ししてできるだけ臭い取りましょう。(※革が傷む可能性があるため天日干しは避けましょう)

臭いに関しては査定員の感じ方も個人差がありますが、査定時くらいならごまかせるポイントの一つです。

強烈な臭いが付いていて落ちない場合には、消臭スプレーなど使用して臭いを上書きしてしまう方が良いケースもありますがリスクがあるので自己責任でお願いします。(※素材を痛めるような成分には注意しましょう)

状態の悪い品は少し改善するだけで、数万円の差が出る

実際に直前にできることはこれくらいですが、10万円くらい変わる可能性があります。

その他にも湿気っぽいところに保管していると、やや革に湿り気が出たり、ベタつきが出たりすることもあります。

場合によっては革のメンテナンス用品を使用したり、乾燥させたりして多少改善させることができれば、査定価格も変わってきます。

とにかく「できるだけ状態をよく見せる」というのが高く売るためのポイントです。

正規品でも買取不可となる事例

バーキンの中でもお店によって買取不可としている特別な品も存在します。

そうしたバーキンは主に刻印で判別することができます。

買取が基本できないバーキンは以下の刻印があるものです。

  • S刻印(アウトレット品)
  • スターマーク(関係者品)

数は少ないですが、査定に出す前にこれらが該当しないか念のため確認しておきましょう。

買取できるお店もありますが、上記の品物は査定前に買取できるか問い合わせしておくと良いでしょう。

エルメスのロゴの横に「S」があればセール品

エルメスのソルド品の刻印
写真:ソルド品を示すSマーク

エルメスのロゴの横に「S」の刻印があるものは「ソルド品」といってアウトレットやセールに出された品を表します。

製造年によって多少位置の違いはありますが、基本的には「Hermès PARIS MADE IN FRANCE」の刻印の右側にあります。

刻印のない通常の品よりはやや査定が下がってしまう傾向にあるほか、買取店によっては買取不可となるケースもあります。

スターマークがついているのは非売品バーキン

エルメスのスターマーク
写真:関係者用など特別な場合に用いられるスターマーク

S刻印と同じようにエルメスのロゴの下に流れ星のようなマークが入っているバーキンがあります。

これは「スターマーク」といってエルメスの関係者など、通常の販売ルート以外で作られた製品を表します。

スターマークのバーキンもソルド品と同じく、査定価格が下がることがほとんどで、こちらも買取店によっては買取不可とする可能性もあるため、事前に確認することをおすすめします。

まとめ

バーキンは新品であれば定価以上で買取できる品も多く、中古品でも他のブランドバッグではあり得ないような高い利率で売却することができます。

中古品に関しては、色や素材の組み合わせだけでなく、状態の良し悪しによって買取相場が大きく異なります。

状態が悪い品でも他ブランドのバッグよりは買取率に優れていますが、状態が良い場合は使用していてもほぼ価値が落ちないケースもあり、とにかく中古需要が高い品物です。

売却する場合には、買取店によって査定基準が異なり、単価も高額なため店によって金額差が出る可能性が高いです。より専門知識に長けた買取店を利用することが高く売るための最重要項目となります。

大切なバーキンの売却を検討されている方に、少しでも参考になれば幸いです。

あわせて読みたい記事

エルメスのバーキンと言えば超高額バッグとして知られていますが、バーキンには通常の品のさらに上に「特殊素材バーキン」や「プレミアバーキン」と言われるレアものが存在します。特殊素材とは「クロコ」などと呼ばれるワニ革モデルなど珍しい動物の毛皮を使用した品で、その価値は数百万円にも上ります。当然買取においても高値がつくことは言うまでもないですが、これらの高額モデルのバーキンは一般の人がまず正規店で購入することができないなどの理由から、ほとんどの品に定価以上で売れるプレミア価値がついてます。ここではそ...

「Hermès(エルメス)」は高級ブランドの中でも、もっとも中古品の価値が高いブランドといっても過言ではありません。特に「バーキン」や「ケリー」などのバッグの人気は非常に高く、新品を正規店で購入することは難しいと言われています。その結果、他ブランドと比較しても中古品の需要が非常に高く「中古でも売値が高い」というのがエルメスが高く買い取りされる一番の理由です。ただ金額が高い分、売るときの買取店選びなどによって、思いの外大きな金額差が生まれたりするケースもあります。そういったことも踏まえ、エルメスを買...