オークション出品代行って何?おすすめのヤフオク代行サービス
ブランド品やその他いろいろなものを売るときに便利なツールである「ネットオークション」ですが、実際に利用するとなると「会員登録」やら「商品撮影」やら「説明文の記載」やら「配送手続き」やらでめんどくさそう・・・というイメージが先行してしまいます。

最近ではそんな手間を省く「オークションの代行サービス」というものもありますので、今回はオークションの出品代行サービスに焦点を当てて、メリットやデメリットなどをご説明していきます。

ブランド姫ブランド姫

私の要らないブランド品もヤフオクとか使えば、買取店に出すよりも高く売れるような気もするけど・・・なんかシステムとかがめんどくさそうなのよね。

買取キング買取キング

たしかにオークションは使うのにコツも手間もあるし、初心者にはとっつきづらいよね。最近は代行サービスもあって、面倒な手続きがいやだっていう人にはけっこういいサービスなんだ!

オークション代行サービスって?

オークションの代行サービスは、とにかくオークションに出品して売るまでの工程を、すべて業者がやってくれるサービスです。こちらはオークションで使用するアカウントすら取得する必要はありません。最初から最後まですべて業者任せです。

使い方も簡単で、基本的には売ってもらいたい商品を代行業者に送るだけです。このあたりは宅配買取とも似ていますね。商品の査定も業者おこない、オークションで一番難しい価格設定も向こうでおこなってくれます。

ヤフオクと提携しているオークション代行もある!?

実際に「Yahoo!オークション」と提携している代行業者もあります。「QUICK DO(クイックドゥ)」はヤフオクの「出品代行サービス」と直接提携している業者で、ヤフオク公認の代行業者ということになります。

こちらを利用するとヤフオク内の「QUICK DO-ヤフオクストア」にて出品されます。このように自分の売りたいものを、代理で出品してくれるのがオークション代行業者です。

けっこう怪しげな代行業者も中にはいるので、場合によってはブランド品など高額商品を送らなければいけないというサービス上、こうした正式にヤフオクと業務提携している業者を利用するのがおすすめです。

  1. クイックドゥ

    QUICK DO(クイックドゥ)

    クイックドゥは唯一のヤフーオークションと業務提携しているオークション出品代行業者です。コースも三段階「初心者丸投げコース」「中級者売り切りコース」「上級者コメント指定コース」とあり、どんなものでも出品対応してくれます。手数料10%~と安く、落札されて初めて料金が発生する安心対応。価格設定から写真の撮り方、商品説明文まで、オークションのプロの力を借りて商品を売ることができます。

    QUICK DOで無料代行お申し込み

手数料やマージンはどうなってるの?

一番気になるのは手数料がどれくらいかかるのか?どれくらいマージンを取られるのか?だと思います。まずオークション代行サービスの一番の特徴は、落札成立した場合のみ手数料が発生する点です。

最初に商品を送るときの配送料や、登録料などは一切かかりません。あくまで商品が売れてはじめて手数料を支払うという形です。業者としては完全歩合制のようなものですので、こちらも安心して利用することができます。

手数料は業者によって多少は差がありますが、上にあげたクイックドゥの場合は、以下のような料金形態になっています。

落札価格 お客様の受取額 代行手数料計
300,000円~ 90% 10%
100,000円~300,000円 88% 12%
50,000円~100,000円 83% 17%
20,000円~50,000円 78% 22%
5,000円~20,000円 70% 30%
1,500円~5,000円 63% 37%
100円~1,500円 一律100円
1円~100円 0円

これが一番安い「丸投げコース」の料金プランになります。基本は「1円スタート」で売り切ることを前提としたコースなので、自分で価格を指定したり、コメントなどを指定できるコースだと、これより少しだけ手数料の割合が増えます。

このように落札金額が高いものであれば、最大で「入札金額の90%」が戻ってきます。30万以上となると少し現実味がないため、現実的なブランド品などのラインでいくと、1万円前後で落札されるものが多いのではと思います。

例えば)
自分の売りたいものが1万円で落札されたとすると.

7,000円(受取金額)+3,000円(手数料計)=10,000円(落札額)
となり、手元には7,000円が入ってきます。

手数料の詳しい内訳

手数料といっても、正確には「代行手数料」と「ヤフーオークションのシステム利用料」が含まれています。

代行手数料が代行業者が手にするマージンのことで、ヤフーオークションのシステム利用料は落札額にかかわらず一律7%です。システム利用料は誰でもヤフーオークションで落札が成立したときに、支払わななければいけない分です。自分で出品したときにも、このシステム利用料はかかります。

先ほどの1万円で落札された例の30%の手数料の内訳は)
3,000円(手数料計)=2,300円(代行手数料)+700円(ヤフオクシステム利用料)
となっています。

買取に出すのとどっちがお得か?

オークション出品は実際に入札者(買い物する人)と直接やりとりができる点が一番のメリットです。余計な中間業者を介さない分、売るときの金額も買取業者などより高く売れる場合も多いです。

商品によって相場なども違うため、一概には言えませんが、ブランド品などの場合はオークション出品のほうが高い値段が付く場合も多いです。

買取の場合は商品が綺麗であったり、店頭に並ぶことも加味されるため、状態の良いものでは高額査定が付く傾向があります。逆に使用感が多少あるものなどは、オークションの需要のほうが上回りますので、オークション出品がおすすめです。

代行業者の場合は落札額が大きくなるほど、手数料の配分も少なくなりますので、だいたい落札価格を1万円ほど期待できるのであれば、代行サービスを利用したほうが得するのではないかと思います。

高額商品・超高級ブランドの出品には注意

オークションは買取業者より高い値段がつくことも多いですが、逆に高額商品などは売れづらいというジレンマがあります。やはりオークションには、店舗で購入するような信頼感は正直ありません。実際に偽物が売られている悪質な出品も多々あります。

そのため高額商品やブランド品などは、ユーザーが偽物をつかまされることも警戒するため、思ったように入札が伸びないことも多々あります。しっかりと保証書があったり、付属品などが揃っているときは、専門の買取業者に買取をお願いしても、しっかり適正価格で買取してくれます。

買取キング買取キング

オークションで高く売れるなた手数料差し引いても買取業者で売るよりお得なケースもあるね!

オークション代行の出品で面倒な点やデメリット

実際にオークションに出品すれば、通常よりも高く売れるケースも多いですが、デメリットなどもありますので確認しておきましょう。

ここでは代行サービスの落とし穴なども少し紹介しています。

すぐにお金に換えられない

代行に関わらずオークションの一番のデメリットは「すぐにお金に換えられない」点です。あくまでも商品が売れてはじめてお金が入ってくるので、買取業者などで査定してもらい、その場で買取してもらうのとはわけが違います。

代行業者を利用すれば、自分で出品するのに比べると手間は一切省くことができますが、すぐにお金に換えたい場合にはオークションはおすすめしません。

落札後に確定した受取額は指定口座への振込で支払われますが、これも落札から1か月後くらいと考えておいてください。決まったら即振り込まれるわけではなく、月に2回ある締め日を通して金額を確定し、まとめて支払われます。

そのためオークション代行を利用すると、支払いにはかなりタイムラグがあるというデメリットがあります。

プランコースによっては安く売られることもある

一番安い丸投げコースなどの場合だと、前提は売りきることなので比較的安くても売られてしまうリスクがあります。業者のさじ加減もあるのでなんともいえない部分です。

ただし業者としても、落札額に応じてマージンを得ることができるので、いい加減な安値で手放すことはしないとは思いますが、リスクとして頭に入れておきましょう。

このあたりが心配なのであれば、完全お任せコースではなく、「初回開始価格」を最低限指定できるコースがおすすめです。

一度商品を送ってしまうと返送に手間がかかる

オークション代行を利用する手間は商品を送ることです。商品を送りさえすれば、あとは業者が勝手に出品までおこなってくれます。(※おまかせコースの場合)

ですが、もし商品を戻したい、やっぱり売りたくないといった場合には、返送手数料がかかります。基本的には日数を指定して、そこまでの期間は業者に預けてないといけないのが原則です。

そこまで預けたのに、落札されない商品などに関しては無料で返送してくれますが、それ以前にやっぱやめたという場合には別途手数料が発生しますので、注意してください。

それ以外に、商品を送ったものの、業者が「出品不可」と判断したものに関しては、無料で返却されます。あまり例はないようですが、「アンティーク物」や「骨董品」「楽器」など高額商品は該当することもあるようです。

時間をかけて少しでも高く売りたい人向け

オークションがそもそもそういった方向けのものだと考えていますが、オークション代行の場合はさらに時間がかかることを想定しておきましょう。

仮にすぐに落札されたとしても、お金が振り込まれるまでには時間がかかります。

あくまでオークション代行を利用するのであれば

  • そこまですぐにお金に換えたいという気持ちはないが高く売りたい
  • オークションに関する知識もなく手間もかけたくないので業者に任せたい

といった意識で利用するようにしましょう。

それさえクリアできれば、手軽にプロの力を借りてオークションで物が売れるいいサービスです。気軽に売りたいものがあるけど・・・リサイクルショップなどで安くお金に換えるのは嫌だという方などにはうってつけです。

買取キング買取キング

それでもオークションでなんの手間なく物が売れる出品代行サービスは便利だね!

ここまで読んでも、もし自分でオークションをやりたいという場合には、こちらでオークション利用の際の注意点などを別途まとめていますので、目を通してみてください。