今回こちらでお話しする内容はせどりについてです。近年もうせどりは稼げない・・・なんて話も聞かれますが、個人的にはまだまだそんなことないと思っています。

せどりといってもいろいろですが、その中でも私が重点的に売買している物が「ブランド品」になります。

フィギュアなども物によってはかなり儲かるみたいですが、当方フィギュアなどに関しては、いかんせん無知すぎて実行できていないです。本当はやってみたい分野ですが。

軽く私の自己紹介ですが、私は普段都内などで数多く開催されるブランド物の市場にいき、手競りでブランド物を落札したりしています。いわゆる買取業者に勤めています。

ですがこの際に落札される商品に関しては、私が副業でおこなっている手競りには全く関係ありません。副業は副業で完全に分けて行っています。

せどりを始めたきっかけ

私自身本格的にせどりをはじめたのが22歳で大学生の頃でした。きっかけはささいな事からです。

大学の学食でごはんを食べていた時に隣の席の子たちが、’聞いて〜!昨日メルカリで◯◯のバッグ売れた〜!あんなに汚かったのに◯円だよ!?’と言っていたことがきっかけです。

メルカリとは簡単に言うとフリマアプリ(基本的にはどんな物でも出品できます)で、登録などにお金がかかる訳ではなく、売れてはじめて手数料がかかる多くのスマホユーザーが活用しているアプリです。

元々私は高校生の時からヤフーオークションで、自分が使っていた洋服などを売っては買って繰り返していました。ただそんなに頻繁に活用していた訳ではなく、いらなくなった物を売っていただけなので、利益を出すためにやっていた訳ではありませんでしたが、メルカリをきっかけに気づいた時にはせどりとして立派に利益がでていました。

せどりの利益・取引の仕方

私は一ヶ月平均ですが、だいたい30件から多い時で50件くらいの取引をしております。もちろん月によってバラつきもありますが、だいたい仕入れに70万円前後、売り上げで100万円くらいになります。なので利益は毎月30万円ほどです。

発送するための雑費などを差し引いても、利益が29万円くらい手元に残ります。(月によって多少バラツキがあるので平均的な数字ですが)

先ほど私はブランド物を重点的に売買していると述べましたが、まず理由として私はブランド物が大好きという理由、そしてブランド物は売買する中でも単価が高いといった点です。

と、これだけ聞くとブランド物が好きで、ブランド物の市場で仕事してたらそれなりに相場などがわかるに決まってんじゃん!と思う方も多いと思いますが、正直な話こんなの知識なくてもできます。

ブランド物に限った話ではないのですが、しっかり物の相場を下調べすればブランド物に限らずなんでもできます。

ブランド物は新品も中古も、楽天市場やヤフーショッピングなどを見れば、たくさんの商品が出品されていて、AブランドのBバッグは大体これくらいで売られているという情報も簡単に手に入ります。

これはあくまでも、私がブランド物を売る時のおおよその値段ですが、大体市場平均の2割安い金額で設定します。

安いので売れやすいといった理由もありますが、私の場合ブランド物の売買は他の物と違って、たくさんのコピー品などが出回っており、一般の方にはわからない点などもたくさんあるということ。また扱う金額も金額なので、ある程度の信用が必要ということです。

どのオークション、フリマアプリにも評価といって、過去に取引した者同士がその人に対しての評価をつけることができます。

もしあなたが買う側になった時売り手側の評価に’商品説明には美品と記載されていましたが、実際に届いたら汚れなどが目立った物が届きました。’なんて評価がしてあったらなんとなく購入する気が引けますよね?

あくまでもインターネットでの売買は対面式ではないので、この評価が大事になります。ブランド物を取引する際には特に重要です。

一方、楽天市場やヤフーショッピングが販売しているブランド物は、ちゃんとした会社が一つのツールとしてネットショッピングに出品しています。会社の知名度が知れているほど、信用は高くなりますので同じ金額で出品しても売れないというのが経験上私の中ではあります。

仕入れの方法

さて1番せどりで肝心なのが仕入れです。仕入れがないことには始まらないので、私が今現在実際にどのように仕入れをしているかをお教えします。

質屋、リサイクルショップなどでの仕入れ

都内などを中心に中古のブランド物を扱っているお店は今では少なくありません。規模を問わなければ身近に必ずあるはずです。そこで売られている品物を買って、せどりを行なう方法。

元々日本では小売店が販売している価格に対して値下げを要求するといった風潮がありません。
極端な話にはなりますがコンビ二の100円で売られているジュースを店員に80円に値下げしてくれなんて話聞いたことないですよね?

ですがこの二次流通業界(簡単に言うと一度市場に出た物を回収、再販すること)では値段交渉が行えます。
いかに安く仕入れるかがこのせどりの勝負どころではないかと私は思います。

数量限定品、プレミア価格が付く物を狙う

人気ブランドのバッグ、洋服など、数量限定、シーズン限定などの品物には、ほぼほぼプレミア価格がつきます。

具体的に挙げると有名なブランド、ルイヴィトンからですが2016年の夏に販売したルイヴィトンと藤原ヒロシがコラボしたモノグラムのブラックなど、楽天市場やヤフーオークションなどで定価以上で売られていて売り切れています。

また幅広い世代から支持されているファッションブランド、シュプリームなど…毎回新作が発売される前日の銀座ドーバーストリート前には長蛇の列ができています。

もちろん私用で購入される方もいればせどり用の商品として購入される方も多くないです。

こういった人気ブランドのバッグや洋服などはプレミアがつきやすい傾向があります。

楽天市場やヤフーオークション、フリマサイトから探す

題名通りですが、楽天市場やヤフーオークションで売られている品物を購入することです。

ん?と思う方もいると思いますが、ある日、楽天市場の中古を扱うお店から中古の洋服を13000円で買いました。実際に届いた商品を見たら私のイメージとは違く、一度も着ることなくヤフーオークションにて出品しました。

ですがオークションが終了した時には「入札17件の20,500円」で落札されていたことをきっかけに、今でも暇な時にインターネットにて探しています。

個人的には楽天市場などより、一般の方の参加が多い、ヤフーオークションやフリマサイトの方が良いです。理由としては設定金額が一般的な相場よりも安く出品されているケースが多いからです。

主にこのような形で仕入れをしております。

せどりの裏技(グレーな手法)

せどりでは、どうしても売れた時の金額が入ってくる前に、仕入れの金額が先に発生してしまいます。これは物を売買する事においては仕方ない点ですが、人によってはこのようなやり方もあります。

上で紹介した質屋やリサイクルショップでの仕入れに関してですが、例えば店舗で品物を一週間取置きをしてもらう。(その際に内金など発生しない会社もあります。)

お店で写真を撮り、それをオークション、フリマサイトに出品するといった方法です。少し大胆な感じもしますが、仮に売れると踏み込んで買っても売れ残ってしまうケースもあります。

その際に仕入れの代金は発生していますが、この方法は売れなければキャンセルすれば在庫として残ることもなく、もちろん仕入れ金額も発生しません。逆に期日までに売れればそのまま横流しすることだって可能です。

商品以外の「保証書」「箱」単品で稼ぐ

バッグ、財布、小物、ジュエリー、時計など様々な部類がありますが、そんな中私は一部ですが、こんなものも出品してます。

なにかというと、ブランドジュエリーやブランド時計に付属してくる箱やギャランティ(保証書)です。

ブランド物の時計はとても高額ということもあり、箱もとても豪華です。もちろん箱だけでは販売されていないので、こういったオークションなどのルートでしか手に入りにくいです。

例えばロレックスの純正時計ボックスでも箱が綺麗ならば10,000円前後で売れます。他にもギャランティですが、コレクションや転売に使う付属品としてお使いになる方に需要があります。

また単価自体は高くないですが、エルメスの保存袋やシャネルの箱など、こういった付属品もひとつ辺り1,000円前後で売れます。

このようにお店などでは販売されていない物になるので、私はオークションなどで安く売られている物を買って、そのまま出品してます。

仕入れできる可能性は少ないですが、利益率は高い商品です。

流行りそうなものを考えるのは大事

最近流行っているあるブランドバッグを買っていれば…、定価を越えた値段で売れるなら買っておけばよかったなど、基本的には流行ってからはじめて知る事も多いはずです。

ではどんな物が流行ると予想できるのか。また流行る確率が高いのか…。私はメディアの力が1番の影響力だと思っています。

なにが言いたいかというと大人気グループの3代目JSBについて考えてみてください。あれだけ大勢のファンがいて、新曲が出るたびに大ヒット、おまけにイケメンです。笑

ですがここで注目すべき点は彼らが着用しているブランド服だったり、ブランドアクセサリーです。

例で言うと3代目JSBのボーカル、登坂広臣さんが実際に愛用しているGIVENCYのバンビTシャツですが、メディアに出た瞬間洋服は売り切れ、オークションやフリマサイトでも定価以上の値段で取引されるようになりました。

他にもほぼメンバー全員が愛用しているシルバーブランド、クロムハーツ、元々人気のあるブランドではありましたが、これもまた3代目JSBやBIG BANGの影響で相場は上がったのも事実です。

このようにとても人気のある歌手や俳優、モデルが着用した物は自然と需要が高くなる傾向にあります。
少し博打的な面もありますが、こういったやり方もあります!

これからのせどり事情

ブランド物のせどりをメインにお話をさせていただきました。これから始めたいという方は、まずは安い単価の物からやってみてはいかがでしょうか?

その分利益も薄くはなりますが、リスクも少なく、数をこなせばコツなども掴めてくると思います。また空いた時間にできるといった条件が好条件かと。あくまでも私も副業なので、そこに時間を費やしすぎないことは気をつけています。

せどりの流行は終わったとも言われていますが、インターネットをうまく活用して、物の見極めを怠らなければ、まだまだ確実といっていいほど利益はでます。

誰にでもできる簡単な副業だと思うので、興味のある方は是非やってみてはいかがでしょうか。