Damier

Louis Vuitton(ルイヴィトン)今も昔もいわずと知れたトップブランド。200年近くの歴史を持ち、日本でも老若男女問わず、様々な世代で支持されています。

「モノグラム柄」「ダミエ柄」など一目でヴィトンとわかる模様は、バッグやウォレットなどアイテムを問わず普遍的な人気を誇ります。

ここではヴィトンの買取についての情報などをまとめています。これからヴィトン製品を売りたいという方に、少しでも高く売るお手伝いができたらと思います。

ブランド姫ブランド姫

ヴィトンのバッグを売りたいんだけど・・・どこで売るのが一番いいんだろう?ヴィトンクラスになると人気とか流行によってけっこう値段とか変わるのかしら?

買取キング買取キング

ヴィトンは数あるブランドの中でもトップクラスに中古品の市場もとても大きいんだ!だから高額で買取してくれる業者がたくさんあるよ!中でもバッグや財布の定番モデルは安定的に高く買取してくれるよ!

ルイヴィトンの買取についての気になる情報

ルイヴィトンはとにかく製品のラインナップも多く、中古品市場にも多くの商品があふれています。そのため買取率も非常に高く人気の商品で状態の良いものであれば、定価の8割ほどで買取してもらえるものもあります。

あくまでも目安でしかありませんが、中古でも状態が良いものであれば、「新品価格の4割~8割程度」の値段で買い取りしてくれます。

実際に数あるブランドの中でもヴィトンはトップクラスの買取率を誇ります。その中でも買取査定が良い商品はどんなものなのか詳しくまとめてみました。

どんなライン(柄)が人気なのか?

ヴィトンの買取市場で一番人気なのはやはり、「モノグラム」や「ダミエ」など古くからあるデザインの商品です。限定物や派手な商品はピンキリですが、全体的な傾向から言うと、古くからずっと続いている定番製品のほうが安定的に高額な査定で買い取ってもらえます。

それに加え、比較的最近ラインナップに加わったにも関わらず、すでに定番商品になりつつある「アズール(ダミエ柄の白基調モデル)」や、シンプルなラインの「エピ」、モノグラム柄のカラフルなバージョン「マルチカラー」、独特の質感が人気の「ヴェルニ」などがこれに続きます。

柄に関してはヴィトンの2トップともいえる「モノグラム」「ダミエ」がやはり一番の高値がつきやすいです。他の柄はカラーの製品も多く、素材も特殊なため比較的汚れも目立ちやすい、つきやすいというのも査定が下がるポイントです。

やはり流行に流されない「モノグラム」「ダミエ」などの定番ラインが中古市場でも一番人気があります。

普遍的な人気のモノグラム柄
(モノグラム柄は一目でルイヴィトンと分かる定番ライン。)

なぜエピ・ヴェルニは買取で査定が低いか?

エピに関しては素材が特殊というのが一番です。特殊な革素材を使用していて、経年劣化とともに「べたつき」が出るという特徴があります。正直言ってしまうとこうなってしまったエピは二束三文にしかなりません。

傷んでしまったエピも正規品の場合はヴィトン正規の修理が受けれます。下手したら修理してから査定に出したほうが、修理代差し引いても得になるかもしれません。

ヴェルニに関しても同じでエナメル素材というのが一番ネック。エナメル系に関してはヴィトンだけなく、ブランド品全体であまり中古で査定が伸びない素材です。劣化しやすいというのが一番の理由で、修理もしづらいのでエピよりもヴェルニのほうが少し安いです。

もちろん「エピ」「ヴェルニ」ともに根強い人気はありますので、ほぼ新品での買取となれば上の話は変わってきます。新品であればどちらも買取率70%くらい
は期待できます。

限定柄はピンキリ

限定柄も製造が終わってしまっていて、人気の高いものもありますが、奇抜なデザインが多いため、思っているほど高値にはならないことも多いです。

とはいえ中には定価以上の値段になっているものもあるので、人気のものならかなり高額査定が期待できます。草間彌生コラボのルイヴィトンのラインはいまだに人気も高く、定番モデルのネヴァーフルなどは定価以上の値段で取引されています。

ヴィトン草間彌生デザインの限定モデル
(photo by llkak Jukarainen)

買取キング買取キング

ヴィトンの中古市場で圧倒的人気があるのが「モノグラム」と「ダミエ」!残念ながらその他の柄は素材の関係で美品でないと高額査定は難しいよ。

どんな製品が高く買取できるのか?

一番多く流通していて、人気が高いのがバッグ商品です。中でも普段使いできるトートバッグタイプなどが近年は人気が高い傾向があります。「ネヴァーフル」や「トータリー」などが安定的に高値で買い取ってもらえる商品です。

ネヴァーフルに関しては綺麗な品であれば買取率70%は堅いというほど人気の製品。どこの買取業者も欲しい定番バッグです。手持ちタイプのバッグや、ドレス寄りのバッグは普段使いできるものより、若干控えめな査定額となる場合が多いです。

バッグや財布をメインに革製品が高額買取

バッグのほかにも小物や財布などもヴィトンの人気製品です。財布はバッグよりも低下が安いため、額自体はそこまでいきませんが、買取率はバッグと同じくらいです。

小物類に関しては、キーケースなど人気は高いものの、使っていると使用感もすぐに出てきてしまうので、買取は少し落ちます。未使用品であれば定価の7割ほどでの買取も可能です。小物類は複数点あるなら、まとめて査定に出して、プラス評価してもらうとよいでしょう。

ヴィトン人気の革製品
(バッグや財布などの革製品がもっとも買取率が良い。)

製造が新しいものほうが高査定

ルイヴィトンは長年ラインナップされている定番商品でも、マイナーチェンジを比較的頻繁におこないます。バッグの縫製などは常に改良され続けているため、新しい製品のほうが性能も良いため、当然高額な査定につながります。

基本的によっぽどのプレミア商品でもないかぎり、新しい製品のほうが高値が付きます。寝かしておいてもよいことはないため、使わないルイヴィトンは早めに査定に出すほうがお得です。

正規品でも一度修理に出したものは注意

長く使用していたバッグや革製品の場合、正規店で修理したことがあるという方も少なくないと思います。ヴィトンの正規品には必ずどこかに正規品を表すタグが付いています。

たとえば革を取り換える修理などをしている場合、それと一緒にタグが切り取られてしまっているケースがあります。この場合たとえ正規品だとしても買取不可とする業者もあります。

型押しのタグの場合にも、型押しされた場所が張り替えられていたりすると、正規品なのにタグなしになってしまいます。これは完全にヴィトン側の仕様なので仕方がありません。買取業者側もタグがないものは、売るときにも支障が出てしまうため買取を避ける場合が多いです。

正直どうしようもないケースですが、一度修理に出したことがある方は内側にタグがあるかどうか必ずチェックしてください。

売るときに必要な付属品

ルイヴィトン(バッグ)の付属品には以下のようなものがありますので、買取に出す際にはこれらが揃っているのか今一度ご確認ください。

布袋

バッグの鍵・ストラップ

ヴィトンのバッグにつけられている「南京錠」はこれだけでも売りに出せるような付属品です。ストラップも2WAYのバッグなどだと、使っていないどちらかが家に眠らせがちだったりします。足りないとそれだけで減額になってしまいます。

説明書やショッピング袋

バッグなどは生地によって簡易の説明書のようなものが付属します。時計などの製品ですと、より分厚い説明書が付属します。購入したときのショッピング袋も揃えておいたほうが良いでしょう。

ルイヴィトンの化粧箱
(売るときは化粧箱もセットだと査定額もアップ!)

買取キング買取キング

ヴィトン製品を売るときは必ずこれらの付属品は揃えておこう!大きいものだと付属品だけで数千円以上査定に影響することもあるんだ!

ヴィトンの買取でおすすめの方法

ヴィトンの買取はどこの業者もやっているため、どこに持っていっていいのか迷ってしまうことも多いです。ですがヴィトンはけっこう相場も動くブランドです。人気が高いこともあり、人気の製品の傾向も比較的変わりやすいです。定番商品については安定的に高値が付くものの、それ以外は時期なども大事です。

買取業者などは「今月“ルイヴィトン”強化キャンペーン!!」などをおこなている業者もあるため、そうしたキャンペーンを利用するのも一つの手です。バッグなどは1万~3万円ほど差がつくこともザラにあります。

ルイヴィトンの買取におすすめの業者3選

自宅にいながら査定がお願いできる「宅配買取」、もしくは「出張査定」をおこなっている業者の中で、特にヴィトンの取扱いに長けている業者をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  1. 買取プレミアム

    買取プレミアム

    買取実績 4.5
    対応速度 5.0
    オススメ度 5.0
    出張査定で
    対応スピードNo.1
    出張料・査定料・キャンセル料無料!!

    買取プレミアムはブランド品の「出張査定サービス」をおこなっている買取業者です。インターネットから申し込みで全国どこでも専門の査定員が自宅に出張してくれて、ブランド品を査定してくれます。その際にかかる費用は一切無料です。

    場所によって時間は違いますが、首都圏などは即日で対応することが可能です。査定額に納得できればその場で現金での支払いも可能なので、対応スピードは業界No.1です。ヴィトンの買取にも力をいれていて、公式サイトにたくさんの買取実績が載っています。

    管理人のレビュー

    買取プレミアムはブランド品の出張査定をおこなっている業者でもおすすめNo.1の実績です。対応の速度から丁寧さ、査定額のどれをとってもトップクラスです。特に今すぐブランドものを売りたい方へおすすめです。複数点同時に査定してもらうと、おまけで査定額がアップすることも多々あります。

    無料査定のお申し込み

  2. リファウンデーション

    リファウンデーション

    買取実績 4.5
    対応速度 4.5
    オススメ度 4.5
    ヴィトン買取強化中
    高額査定・様々なサービスが魅力
    都内に実店舗もあるブランド買取専門店

    「リファウンデーション」はとにかく高額な査定に自信を持つ業者です。宅配買取がメインですが、手軽に利用できる簡易見積もりサービスや、実店舗を池袋に構えているため、そちらに直接出向き査定をお願いすることも可能です。

    ハイブランド全般に強いですが、今はルイヴィトンに特に力を入れていますので、ヴィトンのバッグなどを買取するときは使ってみて間違いない業者です。返送料やキャンセル料なども一切かからないため、自宅にいながら気軽に査定に出すことができます

    管理人のレビュー

    実店舗を持つ宅配買取業者は珍しく、店舗がある分安心できるという意見も多く、近年流行の宅配買取業者の中でもリファウンデーションは特に人気が高いです。ヴィトンの高額査定にも評判が高く、ほかにもエルメスなどにも力を入れています。宅配買取以外にも事前見積もりサービスなどもあるので、気軽に査定に出すのにとても便利でおすすめです。

    無料査定のお申込み

  3. ブランディア

    ブランディア

    買取実績 5.0
    対応速度 3.5
    オススメ度 4.0
    宅配ブランド買取
    業界No.1大手
    CMでも話題の宅配買取業者!

    CMでも話題の宅配買取専門店の「ブランディア」は洋服がメインではありますが、ルイヴィトンやハイブランドも取り扱っているほかに、時計などの宝飾品も幅広く取り扱っています。ブランド品などもしっかり査定してくれるので安心です。

    とにかく買取実績は業界でも屈指の豊富さ。宅配買取に出した商品は1点1点買取の可否をおこなうことができます。一度提示してもらった買取金額が2か月は有効なので、そのほかの業者と査定額を比較することもできます。

    管理人のレビュー

    大手のブランディアは実績こそすごいですが、宅配買取でも最短3日と上二つの業者には速度で劣ります。一度提示してもらった金額は2か月有効で、その後もう一回査定に出しても同じ額で買い取ってくれますので、一番最初にブランディアで査定に出してみるのは、指標にもなるためおすすめです。

    無料査定のお申し込み

ルイヴィトンの偽物について

ヴィトンアズールの長財布
(ルイヴィトンの偽物はプロでも見分けがつきづらいほど。写真は本物のアズールの長財布)

ルイヴィトンは中古品でも人気が高いことを裏目に、偽ブランド品も多く出回っています。そのため偽物対策にもブランドとして力を入れていて、専門の買取業者であればすぐに偽物を見極めることができるようになってきています。

ですが相変わらずネットオークションなどに出品されているもの中には、偽物も多く混入しています。基本的にこれらには手を出さないようにしましょう。

ヴィトンはブランドイメージを特に重要視しているブランドで、本家がセールをすることもなければ、並行輸入品なども一切取り扱いがありません。

そのため正規のルートでは安く買うことができません。中古品を買うときはそれらを踏まえ、必ず偽物が混ざっている可能性があるような場所では、購入を避けるようにしましょう。

ここだけはチェック!偽ヴィトンを見極める項目

買取業者目線でのお話をすると、ルイヴィトンの偽物を査定に持ち込まれることは多いです。数にして、ヴィトンの商品を持ってきた30組に1組くらいは偽物判定されます。

その中は「ずっと本物だと思っていたものが偽物だった!」という方もいらっしゃいます。

いくつか初心者でも偽物だと見分けられる項目を紹介しますので、査定に出す前にチェックしてみてください。

製造番号の有無

ルイヴィトンの製品には、必ず6桁の製造番号が記載されています。頭文字2桁がアルファベット(製造国を示す)、残りの4桁は数字(製造年月日を示す)が必ずどこかに入っています。

偽物はこの数字が入っていない場合が多いです。この番号はバッグなどは、内側の素材に印字されていたりしますが、稀に非常に見つけづらい革タグのさらに裏側などに記されている場合もあり、製品によって様々です。

商品番号が入っているものは偽物!

上に挙げた製造番号ではなく、「M〇〇〇〇〇(アルファベット1桁+数字5桁がほとんど)」のような商品番号もありますが、こちらは本物の場合、絶対製品自体に記載されることはありません。

製造番号ではなく、こちらの製品番号が印字されている場合も偽物です。商品番号はルイヴィトンの公式サイトなどですぐに確認できるような番号です。

商品番号とシリアルナンバーがごっちゃになっているケースがルイヴィトンの偽物で一番多いパターンです。

Louis Vuittonロゴの形

アルファベットで必ず記されているルイヴィトンのロゴですが、偽物の特徴として多いのが、「Louis Vuitton」の「o」の部分が楕円になっていることです。

ヴィトンのロゴの「o」はよく見ると不自然くらい正円であることがわかります。これが少しでも楕円になっていたりすると、ほぼ偽物判定を下して間違いありません。

金具が安っぽくないかどうか

少し抽象的な表現になってしまいますが、偽物の場合は金具部分に安っぽさが感じられます。綺麗に研磨されていなかったり、面取りがしっかり行われていない場合は要注意です。

逆に言うと、素材だけで偽物と判断するのはプロでも難しいです。毎日ヴィトンの製品に触っていれば、判別も可能ですが、素人で素材を触って真贋を判別するのはほぼ不可能です。

ブランド姫ブランド姫

ヴィトンは人気なだけあって偽物の数も多いわね。プロでも偽物と本物の見分けがつかないなんて怖いわ・・・正規店以外で買う時はよっぽど気をつけなくちゃね!