「ブランド関連コラム」の記事一覧(2 / 4ページ目)

シュプリーム×ヴィトンの現在の相場とは

空前のブームとなった「ルイヴィトン×シュプリーム」コラボ!爆上げする買取額の実態と今後の再販について

6/30の発売以来、空前のブームとなっている「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」×「Supreme(シュプリーム)」のコラボ製品。 その後の福岡、大阪、名古屋での再販も大盛況に終わり、今現在も全てのコラボ製品がプレミア化しているという異常な事態となっています。 発売から一か月以上が経ち、今・・・

真の高級ブランドは安売りをしない

高級ブランドごとのセールやアウトレット事情について。安売りしないブランドこそ資産価値が高い理由

“真の高級ブランドは安売りをしない” 私は個人的にこのような印象を持っています。 とはいえ実際にはアウトレットがブームになり、高級ブランド品が安く買える機会というのは増えてきているようにも感じます。 そんな「海外高級ブランドのセール事情」について詳しく迫っていくとともに、アウトレットセールや並行輸入・・・

シュプリームとヴィトンのコラボ

これを見たら転売する気持ちがわかる!?ルイヴィトン×シュプリームのコラボ製品の高騰ぶりが異常!

6月30日から南青山の期間限定ポップアップストアにて発売が開始された「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」と「Supreme(シュプリーム)」のコラボ製品。 連日お店に入るための抽選券を求めて数千人規模の大行列ができるほど、空前絶後の盛り上がりを見せました。 それにより予定されてた日数よりも・・・

紳士が愛用するブランドの財布はなんだ

女子ウケ抜群!?今どきのイケてるメンズが持ってる高級ブランド財布10選

今どきのイケてるメンズやイケてるおじさまが持っている高級ブランドのメンズ財布をブランド業者目線でまとめてみました。 これを愛用しているだけで女子から一目置かれること間違いなし! 「財布だけは良いものにこだわりたい方」なんかもぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 あわせて読みたい記事 イケてるメンズ・・・

世界中で人気があるバーキンの資産価値とは

純金買うくらいならエルメスのバーキンを買え。高級ブランドが誇る最高の資産価値

投資価値が高いもの・・・と聞かれて頭に浮かぶものは何でしょうか。 純金やプラチナですか?それとも有価証券の類・・・今だったら仮想通貨なども候補に挙がるかもしれません。 ましては物となれば新品より中古品が高い品などそうそう見つかりません。 そんな中で投資目的でブランド品を買おうなんてと思う方はほんのご・・・

フェラーリとコラボしたウブロの高級時計

フェラーリモデルのウブロの腕時計がフェラーリより高い!?ついでにアホほど高い腕時計まとめてみました

超高級時計っていわれて想像するのは具体的にいくらからでしょうか? 誰に聞いてもそう答える腕時計のひとつに、今年発表された「HUBLOT(ウブロ)」の「MP-05 フェラーリ・ラフェラーリ・サファイア」というモデルがあります。 これは高級スポーツカーの代名詞である「Ferrari(フェラーリ)」とコラ・・・

ブランド勢力図

海外高級ブランド業界の勢力図とは!?~三大勢力と独立ブランドの関係性など~

高級ブランド業界の力関係や組織の大きさや規模などを調査してみました。 「どこのブランドはどこのブランドの傘下か」などもわかりやすくまとめ、現在のブランド業界の情勢なども解説していきたいと思います。 高級ブランドの勢力図ってどうなってるの? 現在ブランド業界には「三大勢力」といわれる大きなブランドグル・・・

ロレックスの人気モデルデイトナ

ロレックス「デイトナ」がどれくらい値上がりしているか相場を調べてみた!

高級時計には資産価値があるとまで言われますが、その中でも「ROLEX(ロレックス)」の人気モデルである「コスモグラフ デイトナ」の価値は特別です。 世界的に常に品薄状態であり、正規ロレックスでは外商などを通さない限り購入するのが難しいといわれています。そのため二次的に販売している時計屋や中古ブランド・・・

紳士服ブランドで最高級の価値を持つベルルッティ

【老舗高級紳士靴ブランドのベルルッティとは】近年憧れる若者が急増中!?

老舗高級紳士服ブランドとして世界中で評価されている「Berluti(ベルルッティ)について今日はお話していきたいと思います。 ベルルッティは以前から日本でも高級紳士服ブランドとして、靴や財布や鞄などがとても人気でした。最近では若者にも注目されるようになり、以前にも増してじわじわと人気が高まっているよ・・・

MARC BYに続きメンズラインも撤退!マークジェイコブスは大丈夫!?

ルイヴィトンのデザイナーとしても有名な「MARC JACOBS氏(マーク ジェイコブス)」自らが手がけるブランド「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」のセカンドラインである「MARC BY MARC JACOBS(マーク・バイ・マーク ジェイコブス)」が統合によって実質撤退したのは201・・・