hOME
どのブランドも圧倒するステータスを持つ「Hermès(エルメス)」のバッグ。中でもバーキンとケリーという二大バッグはエルメスそのものの歴史といってよいほどどの時代のセレブからも愛されてきました。

今回はエルメスの中でも「特別な存在であるバーキンとケリー」というバッグについて、とにかく熱く語りたいと思います。

後半は買取業者からも特別視される二つのバッグというテーマで、私個人の意見も語らせていただきました。

ブランド姫ブランド姫

バーキン・ケリーっていうととにかくセレブ!女子の憧れって感じがすごいわ!正直エルメスっていったらその二つっていうほど二つのバッグはずば抜けて人気よね!


買取キング買取キング

そもそも限定品なわけもないのに新品をブティックで買えないバッグなんてほかにないからね!中古品になると新品より全然高いし、いろんな意味で特殊なバッグであることに違いないよ!

エルメスはなぜここまで人気なのか?

「HERMES(エルメス)」は元々、高級馬具製品を造っていましたが、自動車が普及するようになって、馬具製品だけではなく革製品(鞄や小物)をメインに移し、成功を収めたブランドです。

パリ発の高級ブランドは「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」「CHANEL(シャネル)」などをはじめ有名なブランドが数多くあります。その中でもエルメスは数多くのセレブから支持を集めるブランドで群を抜いてパリの鞄ブランドでは1番ではないでしょうか?

ブランドのアイコンであるバーキンとケリー

理由としては「バーキン(Birkin)」「ケリー(Kelly)」といった二つのバッグが存在するからです。またこのバーキン、ケリーはエルメス直営店に行っても購入できる訳ではなく、顧客のみに案内されるバッグだということ。色の指定や皮の素材、金具の色だったりと選ぶこともできないほど格式の高いものです。

このようにほかのブランドにはないプレミアな演出をすることによって、セレブ達のステータスになる鞄を「普通には手に入れることができない」と言った理由からエルメスは他のブランドよりも高く格付けされているとされています。

中でも更に希少な特別なバーキンとケリー

エルメスのバーキン、ケリーは基本的には皮で作られていて、金具の取り付けだったり「ビス打ち」や「刻印」までも全て職人による手作業で作られています。

金具の色は「ゴールドとシルバーの2色」しか存在しませんが、カラーと皮の素材は無数にあります。中でも中々エルメスブティックで購入が困難と言われているのが「クロコダイル素材」のバーキン、ケリーです。

クロコ素材のバーキン・ケリーは超VIPの証

一般的にエルメスブティックで案内されるバーキン、ケリーの皮の素材は「トリヨンクレマンス(雄牛の皮)」「ヴォースイフト(雄仔牛)」「トゴ(仔牛)」などといったオーソドックスな素材の中、クロコダイル素材のバーキン、ケリーは顧客の中でもVIP顧客のみに案内される特別な存在です。

そのクロコ素材の中でもほぼ手に入らないと言われている種類が「ヒマラヤ」といった真っ白なクロコダイル素材のバーキンとケリーです。ブティックでの案内価格以上の値段で中古市場では販売されているほど希少で、その美しさに全世界を飛び回って探している各国のセレブも少なくはないといいます。

買取業者から見るバーキンとケリー

エルメスブティックで買えないバーキンとケリーが中古ブランドショップにて数多く売られています。どこの中古ブランドショップでも、エルメスブティックで案内される定価の金額よりも高い金額で販売されていて、はっきりいってこんなバッグは周りを見渡してもほとんどありません。

そのため数多くあるブランドバッグの中でもバーキンとケリーという2トップに勝るバッグは買取業者目線でもないと言っても過言ではありません。

hermes

どのブランド品よりも単価も人気も高いエルメス

その秘密はバッグ1点に対する単価と需要が圧倒的に他ブランドよりも長けていることです。

例えば…バーキン30 ゴールド金具 トゴ ブラック X刻印(2016-2017年製造)の新品の価格は以下です。

エルメス ブティック販売価格:130万円前後

中古ブランドショップ買取相場:140-150万

中古市場相場(業者間):160-165万前後

中古小売相場(販売):180-210万円前後

どのブランドのバッグでも流れは同じですが、通常は定価が一番高いのに対し、バーキンは下に行けば行くほど高くなっていくという異常さ。仮に中古ブランドショップにて店頭買取が140万円で成立した場合、そのまま小売で販売できれば利益率は約50-70万円と業者からすると驚異的です。売れなくても業者間での手競りオークションに出品すれば少なからず利益が出ます。

これはあくまで新品による参考金額ですが、買取業者目線から見るとバーキンが一番おいしい中古品であることがわかると思います。

バーキン・ケリーは業者によって査定が大きく変わる

中古品のバーキン・ケリーに関しての相場ももちろんあるが、中古といっても値段は幅広いです。「製造年」「角スレ具合」「金具の傷」「バッグ全体の型崩れ」など細かな項目で精査され、かつ業者によって基準も異なり、X社が中古ランクAをつけてもY社は中古ランクBなんてことも多々あります。

一般素人の目利きでは中古のバーキンがどれぐらいの相場かなんてわかる訳がないので、悪意のある鑑定士に当たると「買取相場80万円くらいのバッグを50万円で提示したり」などという事例もあり売るときには得に注意したり、他社と比較したりすることが重要です。

エルメスのバーキンとケリーは単価も高く、利益の額も大きいことから力を入れる買取業社が数多く存在します。買取大手である「BRAND OFF(ブランドオフ)」という業者もほかのヴィトンやシャネルよりも圧倒的にエルメスの高額買取を重視しています。

色や素材によっての相場の違い

バーキン、ケリーは全部が全部高い訳ではありません。そこで重要になってくるのが素材と色の組み合わせです。
例えばですが、
バーキン30 中古Aランク ブラックとブルージーンでは状態、製造年、金具の色、素材が同じでも約30万円くらいブラックの方が高いです。
また同じように、
バーキン30のトゴとヴォースイフトでは状態、製造年、金具の色、カラーが同じであっても20万円前後トゴのが高いのが現状です。

あくまでも2017年現在の相場にはなりますが、人気不人気によって同じバーキンでも大きく金額(売値)に差があるというのは頭にいれておいてよいでしょう。売るときのこと考えるなら普遍的で人気の高いブラック・シルバー金具などがおすすめです。

スペシャルオーダーのバーキンやケリー

クロコ素材のバーキン同様、VIP顧客にしか案内されない「SPオーダーのバーキン」も存在する。特徴としては型は普通のバーキンに変わりはないのだが、3色を取り入れたバーキン。(持ち手がレッド、外側がブラック、金具ストラップがグリーン)また正面上部の「HERMES PARIS」というロゴの隣にエルメスのアイコンでもある「馬蹄刻印」がされています。

バーキン、ケリー以外にはそうはないですが、馬蹄刻印がはいっていればエルメスでのオーダー品だということが一目でわかります。このパーソナルオーダー品もクロコ素材同様に通常のバーキンやケリーよりも高い買取額で、買取業社も一目を置くバッグといえます。

素人でも見分けられるバーキンのコピー品の秘密

普段バーキンを手にとっている方は知っている方もいるとは思いますが、程度の低いバーキンのコピー品を簡単に見分ける方法があります。

バッグ正面の上中心部に左右のストラップをかける金具があります。これは本来、ストラップを閉め、カデナ(鍵)をかけることによってバッグに蓋をすることができます。

バーキンの金具真贋判定
(写真はバーキン正規品の金具部分です)

写真のように中心部の金具ですが、先端は輪っかのように丸型になっていて、その内側部分に注目してみてください。正規品は写真のように段差があり外側が沈んでいます。コピー品の場合ここに段差がなく平らな場合が多いです。外見は同じバーキンでも金具まで再現しきれていない品物は多いです。

バーキンなどの真贋はこうした細かな項目をいろいろチェックしておこないます。

買取キング買取キング

これだけ人気があって値段も高いバーキンやケリーは当然偽物も多いんだ!ただやっぱり物自体すごい精巧に作られているから、業者の鑑定士ならいくつかの項目をチェックすることで真贋を判別できるよ!