Yoshida & Company Tanker

吉田カバンは日本が世界に誇るバッグブランドです。

ブランド名である「PORTER(ポーター)」を知らない人は、いまやほとんどいないほどに有名です。

それだけに買取需要も高い人気ブランドですが、ブランド品買取業者の中には「取り扱いしていないところ」も少なくありません。

今回は吉田カバンの製品に関する買取情報をまとめてみました。

  • 何が高く売れるのか?
  • どこで売れば一番良いのか?

上記のようなポーターの買取に関して気になることを徹底的に解説していきます。

ポーターはいくらくらいで売れるの?

“そもそもポーターは売れるのか?”

これは買取業者で簡単に売ることができます。

だがしかし定価を見ればわかるように、あくまでハイブランドではありませんので、そこまで高く売れるとまでは言えません。

ざっくり買取価格を提示するならば、どんなバッグでも基本的に「6,000円-15,000円」くらいが妥当な金額です。

そのためポーターの買取においては、あまり高望みしすぎるのは禁物です。

ブランドとしての位置づけ

改めておさらいすると「PORTER(ポーター)」は「吉田カバン」というメーカーが展開するブランドの一つです。

他にも「LUGGAGE LABEL(ラゲッジ レーベル)」も同メーカーが展開しているブランドとして有名です。

歴史はかなり古くポーターが発表されたのが50年以上前のことになります。

以来「日本製(MADE IN JAPAN)」にこだわり一針入魂というテーマで商品展開しています。

現在ではハイブランドでさえもどこかしら中国製の品物も展開していることが多いですが、ポーターはバッグなどすべての商品が「日本の職人による手作り」という現在ではかなり希少なブランドです。

そのため、海外などでも信頼度が高いというのがこのブランドの最大の特徴です。

品質も良く長持ちするため中古でも人気が高い

ポーターに関しては品質が高いことはもちろん、長く使えるといった面でも高く評価されています。

ブランドの顔ともなっている「ナイロン製のオリジナル素材」やウレタンコーティングがされた「高密度キャンパス素材」など丈夫さに特化した素材は、素材自体が傷つきにくいのはもちろんのこと、中に入れたものを守ることも考えられて製造されています。

ポーターを高いと言う人も中にはいますが、日本製でこれだけこだわって作られたものがあの価格帯と考えると納得の価格設定だと感じます。

ポーターの製品は長く使えるといわれているため、中古市場でも人気が高いです。

買取ではどんな品物が人気なのか

ポーターのメイン層は会社員の方などです。

そのためメンズ用の品物が高く売れる対象になっています。

買取で高く売れるのはバッグ

買取でも人気が高い品物は主に以下のような品です。

  • ブリーフケース
  • ショルダーバッグ
  • キャリーケース

ます定番モデルとして人気なのが「ブリーフケース」です。

特に「2WAYブリーフケース」はポーターのベストセラー商品で、中古市場での人気も高いです。

そしてもう一つは小型のショルダーバッグです。「CAMERA BAG(カメラバッグ)」などといった商品名で展開されている小型のショルダーバッグに関しても人気が高いです。これらは定価1万円-2万円くらいの商品ですが「買取査定で5,000円くらい」つくこともあります。

その他にも大型の「キャリーケース」なども人気の高い品物です。

財布やパスケースなどの小物類

バッグ以外にも財布やパスケースなど小物類も展開されています。

財布に関してはバッグと同じくらい需要もありますが、バッグ以上に価格にぶれがあります。

安いものだと1万円以下の品物もあるため、安めの品は「買取では1,000円くらい」しか値段が付かないケースが多いです。

しかし高級路線だと3万円を超える品物もあります。

こちらは革も高級品を使用しているため経年劣化にも強く、買取でも評価が高く「査定3,000円程度」となる品も多いです。

財布以外にもパスケースやキーケースなど様々な商品展開がありますが、1万円以下のシリーズに関してはオマケ程度の金額となってしまいます。

革とナイロンはどっちが人気?

ポーターのバッグには大きく分けて二つの素材があります。

  • 高額ラインである本革シリーズ
  • 実用性に優れたナイロン製やキャンバス地のシリーズ

本革シリーズだとバッグでも「3万円-6万円」くらいの価格帯で、ナイロン製やキャンバス地であれば「1.5万円-4万円」くらいが平均的な価格帯になっています。

買取に関していうと、定価が高いためより高値が付くのは本革シリーズですが、人気でいうとナイロンやキャンバスなため買取率はこちらのほうが高いです。

ポーターの商品に関しては「平均して買取率15%くらい」を目安にしてください。

品物ごとのだいたいの目安は以下です。

  • バッグ(本革):買取率15%
  • バッグ(ナイロン・キャンバス):買取率20%
  • 財布(本革):買取率20%
  • 財布(ナイロン・キャンバス):買取率15%
  • その他小物:買取率10%

ポーターを買取してもらう際の注意点

Got a Porter bag for my new Macbook Air.

ポーターの買取については選択肢がそこまで多くありません。

ポーターの買取に強い業者はかなり少なく、そもそも取り扱いしていない業者も多いです。

だからといってなんでも売れる古着屋やリサイクルショップなども基本的に高値がつかないためおすすめしません。

大手のブランド品買取業者は取り扱いしていない!?

ポーターは大手のブランド買取業者では取り扱いしていないケースが多いです。

例えば「大黒屋」などはホームページにこそ取り扱いと書いてありますが、2WAYバッグなど大きめの商品でかつ人気どころでないと値段をつけてくれないケースも多いです。

他にも「ブランドオフ」なんかだとそもそも取り扱いすらしていません。

こういった業者に持ちこむのは時間の無駄にもなってしまうため気を付けましょう。

ポーターを売るのにおすすめの買取業者

ポーターはブランドとしての立ち位置もかなり難しく、ハイブランドをメインに取り扱いしているような業者だとあまり受けが良いブランドではありません。

そのためポーターが高く売りやすいのは、ハイブランドだけでなくファッションブランドなども取扱いしてる買取業者がベストです。

  1. ブランディア

    ブランディア

    買取実績 5.0
    対応速度 4.5
    オススメ度 5.0
    無料で簡単宅配買取
    超大手ブランディア
    幅広いブランド品に対応かつ高額査定!

    ブランディアは高級ブランドからファッションブランドなど幅広い衣類やバッグや財布などの買取に長けた宅配買取業者です。宅配買取を専門におこなっているため、はじめての方でも簡単に利用できる宅配買取システムも魅力です。完全に利用料は無料で、かつ配送用の段ボールも無料で配布しています。

    基本的にノーブランド品以外は売れるということも魅力ですが、もっともおすすめなのが低価格帯のブランド品です。海外への販売経路に関してもどこよりも強いといっても過言ではないため、ポーターのバッグや財布などの定番どころはかなり高い金額で売ることができます。

    管理人のレビュー

    ブランディアは手数料・送料など一切無料の宅配買取の業者です。ネットから申し込みで自宅に届く無料の宅配キットを利用し、手軽に利用できるのが最大の利点です。ポーターなど、ファッションブランド寄りの品物を売るのにもっとも適していて、洋服などを合わせて査定に出したい品物があれば、一緒に送ってしまってもすべて査定してくれます。

    ブランディアで宅配買取の申し込み

  2. スピード買取.jp

    スピード買取服

    買取実績 4.0
    対応速度 5.0
    オススメ度 4.5
    古着やブランド小物即日買取!
    成約率98%の買取業者
    ポーターの品物も即日で現金化!

    「スピード買取.jp」は洋服やブランド品などをメインに取り扱いしている出張買取の専門業者です。申込みから最短で即日で自宅まで査定に来てくれて、費用は無料というとても気軽に即日で品物を売りたい時におすすめの買取業者です。

    高級ブランドだけでなく、ファッションブランドの買取も可能で「ポーター」の品物も売ることができます。出張専門でおこなっている業者のため、大きく店舗展開しているような業者以上の査定が出ることも少なくなく、すぐに現金かしたいときにも高く買取してくれるため便利です。

    管理人のレビュー

    スピード買取.jpは最短即日での出張買取をウリにしている業者ですが、個人的にはかなり査定も高く優良業者だと感じています。ポーターなどの低価格なブランドでも構わず高く買取してくれるため、できるだけ早く現金化したいというときに利用するにはもっとも適しています。

    スピード買取.jpで出張買取の申し込み

  3. ネットオフ

    ネットオフなんでも宅配買取

    買取実績 4.0
    対応速度 3.5
    オススメ度 4.0
    大手宅配買取
    洋服などがなんでも売れる!
    いろいろな洋服をまとめて処分するのに便利!

    「ネットオフ」は宅配買取業者の中では最大手といっても良い買取業者です。月間100万以上もの取引をおこない、買取キャンペーンなどもその時々でおこなっているため、キャンペーンを狙って買取に出せば、思わぬボーナスが付くこともあります。

    ネットから申し込みをすればすぐに段ボールや梱包資材もすぐに届き、荷物の集荷まで素早く対応してくれますので、ポーターを売りたいときにも利用価値がある業者です。査定に関しては上の二つより多少劣る傾向がありますが、あくまで比較して売りたいという方にも手軽に利用することができます。

    管理人のレビュー

    ネットオフは幅広い品物を取り扱いしている宅配買取の大手です。ブックオフの混同されがちですが、あくまで別会社で、TSUTAYAなどを経営しているグループ会社が運営しています。ただしここは利用者も多く、品物を送ってからけっこう時間がかかるため注意していただきたいです。あくまでも比較対象として利用するのがおすすめです。

    ネットオフで宅配買取の申し込み

ポーターは偽物も多く出回っているので注意

実はポーターはかなり偽物が多いブランドとして業界では知られています。

偽ブランド品というとヴィトンやエルメスやクロムハーツといったハイブランドのイメージも強いかと思いますが、それと同等にポーターもかなり偽物が多く流通しています。

特にネットオークションなどで格安で出品されているものの中には、かなりの確率で偽物が混入しています。

これから売ろうとしている方にはまずないと思いますが、ネットなど正規店以外で購入したという方は一度確認してみても良いかと思います。

偽物の場合はまずは細かな部品に粗さが出ますので、裏タグ部分やボタン部分やファスナーなどの以下のような点がないかチェックしてみてください。

  • そもそもの作りが粗い
  • ロゴなどの文字がズレている
  • YKK製のファスナーではない

これらに該当する品は偽物である可能性もあります。

ポーターの偽物を買われてしまった方の記事がありましたので、合わせてご参照いただければと思います。

中国にはポーターに激似(!?)のブランドがある

ポーターには恐ろしいことに台湾に類似ブランドがあります。

ブランド名は「PORTER INTERNATIONAL」といってそのまんまの名前でロゴも酷似していて、さらに商品展開までもほとんど一緒です。

このブランドはあくまで本物とは違いますが、正式に「PORTER」の商標権やライセンスを吉田カバンから買い取って使用しています。

契約の内容はどうやら「PORTERという商標を日本以外の地域で使用することができる」ということらしく、正式に認められた模造品のような立ち位置です。

ただし日本に持ち込むと完全に偽ブランド品と同じ扱いになるため注意が必要です。

商品自体は同じような価格帯で売られているものの、作りや素材に関しては吉田カバンのもののほうが上です。

数多くのブランドの中でもこうした模造品が正式に認められているのはかなり珍しいです。

とはいえ日本で買取に出せはPORTER INTERNATIONALは完全に偽物と同じ扱いを受けますので注意してください。

※ブランド名を検索すれば中国語の公式サイトも出てきますので気になる方はご自分でお調べになってください。

まとめ

ポーターは日本製ということにこだわりを持ったドメスティックブランドでありながら、長い歴史を持ち多くの方に愛されてきた由緒あるブランドです。

ただし人気であることと同時に偽物が出回っている数もとても多いため注意が必要です。

ハイブランドほど高値でやりとりされるということはないものの、中古市場でも高い人気を持つため高く売れる品物も少なくありません。

ただし買取店によっては取り扱いしていなかったり、あまり良い顔をされないようなブランドでもあるので、査定に出す業者は選ぶ必要があります。

少しでもポーターの品物を高く売れるお手伝いができれば幸いです。