ネットオフキャプチャ

今回は宅配買取の大手業者「ネットオフ」の詳細や実際に利用してみたレビューなどを解説していきたいと思います。

他にもいくつかレビューを書いているためご参考までに↓↓↓

ちなみによく勘違いされていますがネットオフは「ブックオフ系列」ではありません。あくまで別の業者です。

ですが遡ると所縁があったりしますので、そのあたりのネットオフの業者の詳細なども軽く触れていきたいと思います。

今回は「漫画」を宅配買取にて査定依頼しましたが、他の買取業者よりも対応が遅いなどといった問題点も感じられました。

もちろん査定が高いのかどうか?ほかのブランド品やゲーム機器やフィギュアなどの買取はどうなのか?

実際に利用した方の口コミなどもまとめながらネットオフの特徴について迫っていきたいと思います。

ネットオフってどんな買取業者?

ネットオフは宅配買取業者の中ではかなりの大手。ネットの古本買取業者で最大手といわれています。

運営元の「株式会社リネットジャパングループ」はマザーズ上場企業でもありますし、店舗を持たない買取業者としてはトップクラスの規模といって間違いありません。

ブランド品や本など何かに特化しているわけではなく、幅広いジャンルの品物をなんでも売りに出せるというのも特徴のひとつです。

宅配買取版の総合リサイクルショップ

ネットオフは言ってしまえば宅配買取版の「総合リサイクルショップ」と個人的には位置付けています。

ネットオフで取り扱いできる品物ジャンル


  • 本・漫画・DVD
  • ゲーム機・ソフト
  • フィギュア・玩具
  • 高級ブランド品・貴金属類
  • PC関連機器・カメラ・家電
  • スポーツ用品・アウトドア用品・ベビーカー

このように従来のリサイクルショップのような幅広いジャンルの品を宅配買取で売ることができます。

主力は本やDVD!?頻繁に査定アップキャンペーンも開催

ネットオフの買取のメインとしているジャンルは「本や漫画」そして「DVDやBlu-ray」などです。

それに続き「ゲーム機器やソフト」「フィギュア」などに力を入れているという印象ですね。

この辺りは頻繁に査定アップキャンペーンなどを開催していて「10点以上で査定○○%アップ!」のような期間が多々あるため、そういったキャンペーンを狙って売るのも良いかと思います。

ブランド品やアウトドア用品などはどちらかというとおまけのような感じかなと思います。

この辺りはブックオフなんかとやり方がとても似ていますね・・・ブックオフも最近本以外のブランド品なんかにも力をいれつつあります。

ブックオフとネットオフの関係性は?本当に無関係の企業なの!?

ブックオフとネットオフはよく一緒の会社でしょ?と思われがちですが、運営元も異なるまったく別の企業です。

余談ですが他にも「~オフ」系の業者というと「ハードオフ」「ブランドオフ」などもありますが、これらもあくまで別の企業です。

しかしここでネットオフとブックオフのロゴを見てみましょう。

ネットオフロゴ

ブックオフロゴ

正直かなり似ていますよね。

実はネットオフとブックオフには深い関連があります。

リネットジャパングループ
・1998年 05月 ブックオフコーポレーションの起業家支援制度の第1号として、三重県四日市市に株式会社ブックオフウェーブ設立。
・2000年 07月 株式会社リサイクルブックセンターを三重県四日市市に設立
・2000年 12月 株式会社イーブックオフに社名変更
・2005年 10月 ネットオフ株式会社に社名変更

ネットオフはそもそもブックオフコーポレーションの起業家支援制度の第一号として設立された会社なのです。

当時のブックオフはこのような起業家支援を数々おこなっていて「ハードオフ」や「ブランドオフ」に関しても、元をたどるとネットオフと同じような繋がりがあります。

あくまで別の企業として独立していて契約云々こそありませんが、ネットオフとブックオフは全く関係ない会社というわけではありません。

メディアによると両会社の社長はいまだに親交があるようです。

実際にネットオフの宅配買取を利用してみた

それでは実際に私がネットオフの宅配買取を利用してみて感じたレビューなどをお伝えしていきたいと思います。

今回は漫画「ワンピース」の最新刊まで含めた全85巻を宅配買取に出してみました。

初めに感想だけ軽く述べておくと

  • サービス自体使い勝手は良いが査定など対応は遅い
  • 私に関しては査定額は他所のほうが高かった

この二点が気になったところです。それでは順次解説していきます。

ネットで簡単に申し込みをして待つだけ

ネットオフの宅配買取の申し込みに関しては公式サイトからおこないます。

正直説明する必要もないほど簡単で、申し込み項目を下記のように埋めるだけです。

ネットオフ申し込み項目記入

特になんなく埋めることができると思いますが、荷物の発送方法に関しては「自宅集荷」か「コンビニ持ち込み」を選ぶことができます。

集荷受付には時間の制約もあるため、どうしても仕事などで対応できないという場合にはコンビニ持ち込みを選ぶと良いでしょう。

量が多くなるとダンボールはかなり重くなってしまいますので、自宅集荷が一番便利だと思います。

宅配買取用のダンボールも無料でプレゼントしてもらえますので、必要な個数を入力しましょう。

今回はコミックが全85冊でしたので、サイトの目安を確認して念のため2箱申し込みました。

本人確認は後程マイページからアップするだけでOK


宅配買取にて査定をおこなうには古物取引法により本人確認が必須となっています。

  • 本人確認書類のコピーを同封
  • 本人確認書類をスマホで撮影してアップ

ネットオフでは上記の二種類の方法を選ぶことができます。

個人的にはマイページでアップする方法がとても便利なのでおすすめします。

ネットの宅配買取業者の中には本人確認のコピーが必須なところも多い中で、写真アップロードに対応している点は評価できるかと思います。

ネットオフ申し込み画面確認

次に確認画面へと移行します。ここも特に不明な箇所はないと思います。

パスワードは後程マイページにログインする際に利用しますので必ず忘れないでおきましょう。

ネットオフではこのマイページから「本人確認書類のアップロード」や「査定状況の確認」「買取可否の選択」など様々なことをおこないます。

これで申し込み自体は完了しました。

ネットオフ申し込み書類作成

申し込みが済むと申し込み書類の作成についてという説明が表示されました。

私はコピー機が手元になかったため書面での作成方法へと進みます。

ネットオフ申し込み書類作成方法

なんでも印刷ページを使用しなくとも、大きめのコピー用紙などに手書きしても良いようです。

通常梱包用ダンボールと一緒に申し込み書類が同封されているケースが多いため、この点だけやけにアナログだなと感じました。

少々面倒ですが、集荷希望日までに「印刷して記入」もしくは「書面で手書き」の申込書を用意する必要があります。

申し込みに関する項目は以上となります。

届いたダンボールに本を梱包して集荷に出す

ネットオフ査定に出す商品段ボール

ダンボールは申し込みから2日後に自宅に送付されました。

届いたダンボールに査定してもらいたい漫画を入れて、上記した「手書きの申し込み依頼書」を同封します。

ダンボールは2個いただきましたが、なんとかぎりぎり85冊入れることができたのでダンボール1個にまとめることができました。

集荷は申し込みの際に希望した日程に、宅配業者から電話がきました。対応可能な時間を伝えて、集荷が来たら荷物を渡すだけです。

商品到着から査定まで~長い・・・

品物は集荷の翌日に愛知県にあるネットオフの査定センターまで無事到着したようです。

ネットオフ商品到着メール

丁寧にメールをくれるところまではいいのですが・・・「現在、査定結果のご連絡までに、約10日から13日のお時間を頂戴・・・」

え?そんなにかかるの?

今まで漫画やブランド品など様々な宅配買取を利用してきましたが、最短で当日、長くても4日程度で査定が終わるのが普通でした。

取り扱いしている品物も多いですし、混んでいるのかもしれませんが、早く売りたいという人にとっては10日以上かかる点はあんまりです。

とはいえ送ってしまっては待つしかありませんので、査定完了まで気長に待ちます。

ネットオフ査定を焦らすメール

品物の到着から6日後にこんなメールが届きました。

やはり混雑しているようです・・・ご丁寧にわざわざまあ・・・(早くしてくれないかなぁ・・・)

商品到着から12日後に査定結果が

商品が到着しましたとメールをもらってから12日後にようやく査定結果が届きました。

まずはメールで確認します。

ネットオフ査定結果メール

全部で「549円」でした・・・これはかなり安いですね。

以前別の業者で頼んだときもかなり安いと感じましたが、それを上回る安さでしたので素直に残念です。

メールでは査定の内容はわからないので、詳しい査定結果はマイページから見ることができます。

そしてこちらが詳しい査定結果↓↓↓

ネットオフ査定結果WEB

最新刊だけ「110円」がついていますが、あとは「5円」ばっかりです。こんなものかと思う一方で、一応人気漫画なんだから「10円」くらいはつけてほしいなと思います。

状態の悪い12点はリサイクル対象となっていて、これは1点1円で買取してくれるようです。(もはや買取というのだろうか・・・)

さすがにあんまりにも安いのでキャンセルして返送をしてもらいましたが、見事に無駄な送料550円がかかってしまいました。

ネットオフのキャンセルについて


ネットオフのキャンセルについてですが「本やDVD」などの買取に関しては、一点一点キャンセルすることができず、「全部買取」もしくは「全部返却」しか選べません。

今回半ば無理やりダンボール一つにまとめて送ったので返送料550円でしたが、もっと大量に送ってしまったらキャンセルした場合には送料だけでかなりの金額になる気がします。

軽く査定だけ・・・という気軽にネットオフに送ってしまうと、査定の安さとキャンセル時に発生する送料の高さの板挟みになる可能性があるため気を付けましょう。

ブランド品やフィギュアなどの買取は「一点500円」を越える品物に関しては個別にキャンセル・返却ができます。

他にも実際に利用したユーザーの口コミや評判

私のレビューだけで査定の高さや対応の良さなどすべてを測ることはできないため、他にも実際にネットオフの宅配買取を利用したユーザーの声を集めてみました。

是非こちらも参考にしてみてください。

soldier

ユウ(30歳・男性)

振込み手数料や査定などの手数料がかからないという情報を得て、損しないで買取できるかと思いこちらの宅配買取を利用しました。
買取に出したのは、折り畳みモノグラムのヴィトンの財布です。
段ボールに入れて発送しましたが、ちゃんと商品が届きましたよという案内メールがありましたので、安心しましたね。
査定金額は8000円で納得できたのですが、ただ6日後ぐらいの入金でしたので早く入金して欲しかっただけに惜しかったです。でも、ちゃんとしているサービスで概ね満足しました。

women

たこやき(26歳・神奈川県)

数ある買取業者の中でネットオフを選んだのは、まとめ買取のキャンペーンが行われていたからです。私の場合、本 (雑誌、絵本、参考書) をまとめて売ったのですが、10冊で買取価格5%アップ、30冊以上で買取価格10%アップのキャンペーンがやっており、50冊ほど買取を依頼するものがあった私にとってはかなり魅力的なキャンペーンでした。実際に満足のいく買取価格 (¥6,800) がついたので良かったです!

※口コミは随時更新していきます。

口コミの傾向と分析

査定金額はそこそこ高い傾向にあるようです。私は漫画のみでしたが、そのほかの参考書などをまとめて売ることで、査定金額はかなりアップするのではないかと思います。

ブランド品に関しては状態を見てみないとなんてもいえないものの、専門分野でないネットオフにしては「8,000円」という査定はそこそこ高い気はしますね。

対応時間については入金が遅いとの意見はありますが、査定までの時間について書かれているものはありませんでした。混雑状況などにもよるのかもしれません。

業者目線で見るネットオフの総括

私が実際に利用してみたり、利用者の声を聞いて感じたことは、やはり良くも悪くも総合リサイクルショップなのかなという点です。

ブックオフも同様ですが多ジャンルに展開している買取業者というのは、どうしても一点一点の査定は安めの傾向があります。

私はブランド品などを査定に出していないため断言はできませんが、ブランド品など高価な品を売るときは専門業者を使うというのが鉄則です。

ただいろいろなジャンルを取り扱っているということは、様々なものをまとめて売ることができます。

要らない品物だけど捨てるにはもったいないような品をまとめて売りたいときなんかには便利だと思います。

ネットオフに関しては実際に利用してみて高く売るための業者というよりは、処分ついでに買取に出そうという人向けの業者なのかなと個人的には思いました。

他にもレビューや買取情報を書いていますので合わせてチェックしてみてください↓↓↓