28022014-IMG_0625

「ROLEX(ロレックス)」の腕時計は精巧な機械ですので、定期的なメンテナンスや場合によっては修理などに出す必要も出てきます。

今回が腕時計のメンテナンスにあたる「オーバーホール(分解洗浄)」についての基礎的な知識などをまとめています。

ロレックスでは正規修理店に当たる「日本ロレックス」でオーバーホールする方法と、社外の修理店や時計店でオーバーホールする2つの方法があります。

それぞれのメリットやデメリット、具体的にどれくらいの料金がかかるのかなども解説していきます。

これからお手持ちのロレックスをオーバーホールに出そうとお考えの方は参考にしてみてください。

機械式の腕時計はメンテナンスが不可欠

ロレックスの腕時計はすべて「機械式」と呼ばれる機構が使われています。

現在発売されている腕時計は全て「自動巻き」となっていて、腕を振ることで自動的にゼンマイが巻かれ腕時計を動かす構造になっています。(古い品は手動でゼンマイを巻く「手巻き式」のロレックスもあります。)

いずれにせよ長年使っていると内部の歯車のオイルが減ってきたり、歯車などの部品が摩耗していき放っておくと故障に繋がります。

そのため機械式の腕時計は定期的に中のムーブメントを洗浄したりメンテナンスする必要があります。

オーバーホールとは?

「オーバーホール(OH)」とは機械式腕時計の定期的なメンテナンスのことです。

オーバーホールな主な内容と工程は以下のようになっています。

  1. ムーブメントを分解する
  2. 部品や歯車などを全て洗浄
  3. オイルなどを差し直す
  4. 元通りに組み立て直す

ロレックスの腕時計のオーバーホールする最適な期間は「3年-5年」に一度だといわれています。

使っていくと徐々に時計のズレや誤差が大きくなっていくため、そうなってきたら早めにオーバーホールしたほうが良いです。

あまりに長い間オーバーホールせずにいると中の歯車が錆びてしまったりして、最悪の場合は完全に元通りにする修理が不可能となることもあります。

古いアンティークロレックスなども人気ですが、定期的にオーバーホールしていたかどうかで中の状態が全く異なります。

長くロレックスを使用していくには定期的なオーバーホールは必要不可欠です。

オーバーホールはどこでするの?業者や価格などの基本情報

rolex submariner 16610

実際にロレックスの腕時計をオーバーホールするには二種類の方法があります。

  • 日本ロレックス(正規店)
  • 社外の時計店や修理店で

どちらを選ぶかで金額やその後のフォローなども変わってきますので、それぞれのメリットやデメリットなども併せながら紹介していきます。

【正規】日本ロレックスでオーバーホールをする

正規でオーバーホールをする場合には「日本ロレックス」にお願いする必要があります。

時計の出し方は基本的に二つ「東京丸の内にあるサービスセンターに時計を持ち込む」「郵送で腕時計を送る」のどちらかです。

詳しくは公式サイト「ロレックスのアフターサービス」に詳細があります。

購入したのが正規店や正規代理店であれば店舗に預けてそこから送ってもらう方法もありますが、その分の手数料を取られる場合がほとんどなので自分で郵送するのがベストです。

郵送は心配だという方も、問い合わせれば無料で腕時計郵送用梱包キットを送ってくれますので安心です。

見積もり了承後に作業の開始となり、だいたい一か月程度で完了します。

日本ロレックスのオーバーホール費用の目安

日本ロレックスにオーバーホールを依頼した際の平均価格は「6万円-10万円」程度です。

日本ロレックスオーバーホール見積もりサブマリーナー

上の写真は「サブマリーナー(黒・ステンレススチール)」の日本ロレックスでオーバーホールを依頼した際の見積もり書です。

基本の「オーバーホール料金が45,000円」となっていて、それ以外の交換パーツなど諸々合わせ「合計8万円」となっています。

基本料金はモデルによって異なります。

  • オイスターパーペチュアル・デイトジャスト:
  • エクスプローラーⅠ:43,000円
  • サブマリーナー・GMTマスターⅡ:45,000円
  • デイトナ:60,000円

(※同モデルでも金無垢モデルなどはさらに高額となります。)

高級なモデルほどオーバーホールの費用も高額だと考えてください。

これプラス修理箇所によって加算されていきますので、安くとも6万円程度で、修理箇所が多めになると10万円を超えることもあります。

日本ロレックスの場合「ケースの磨き・研磨(ポリッシュ)」も基本料金に含まれていて、修理完了した状態はかなり綺麗になって戻ってきます。

しかし中には傷なども味わい深いとする趣向の方もいらっしゃいますので、磨きを希望しない場合には見積もりの段階でポリッシュ不要と伝えておきましょう。

正規でオーバーホールをするメリットは?

正規日本ロレックスでオーバーホールをする一番のメリットは「正規の修理保証書」がもらえることです。

ロレックスはもちろん正規品でなければ修理をすることはできませんし、修理保証書はインヴォイス代わりにもなります。

実際に真贋代わりに日本ロレックスにてオーバーホールの見積もりをお願いする人もいます。(※偽物だと見積書を発行してもらえない)

もし仮に売るときにも修理保証書は「いついつにオーバーホールした」という保証になりますので、直近でオーバーホールがされているとなればその分査定額にも反映されます。

部品なども当然すべて正規部品で修理が行われますので、安心できるという面でも日本ロレックスが一番確実です。

【非正規】時計店・修理店でオーバーホールをする

日本ロレックス以外にもロレックスをオーバーホールしてくれる時計屋や修理店は多いです。

お店によってクオリティはピンキリでトラブルがあることもあるようですが、作業の質に関しては正規とほぼ変わらない店もあります。

部品も社外品を使用して修理するところから、正規部品を取り寄せて修理するところなど様々です。

内容がかなりお店によって異なるため、正規店と違いしっかり確認してから利用することが重要です。

時計屋や修理店でのオーバーホール費用の目安

非正規店でのロレックスのオーバーホールにかかる費用はお店によってかなり幅があるものの、全体的には「3万円-7万円」くらいが相場です。

だいたい日本ロレックスの費用の50%-70%くらいでオーバーホールできるお店が多いです。

ただし安いところは「修理は全て社外部品」であったりするため注意が必要です。

社外部品で修理するときの弊害


社外パーツを使用したからといってすぐに壊れたりすることはほとんどありません。

しかし社外パーツを一度入れてしまうと、次に日本ロレックスで修理(オーバーホール)を依頼すると、そのパーツは壊れていなくとも正規部品と交換になってしまいます。

その際にはかなり高額になってしまいますので、その時安く修理したい場合には良いものの、あとあとのことを考えると社外パーツで修理するのはあまりおすすめできません。

非正規店でオーバーホールをするメリットは?

メリットは「価格が安い」という点に尽きます。

正規でオーバーホールすると最低でも6万円程度はかかるためかなり高額です。

非正規店あれば、安いところだと「3万円-4万円程度」でオーバーホールできるため安さを求めるならおすすめです。

非正規店でも正規部品を取り寄せているお店を選ぼう

非正規店でオーバーホールをするにしても、後々のことを考えるなら「修理の際に正規部品を使用している業者」を選ぶのが得策です。

完全に全て非正規部品を使用している業者よりも、その分金額は高くなってしまいますが、それでも日本ロレックスよりはだいたい30%程度(2万円-3万円程度)安く済ますことができます。

修理には正規部品を使用していて信頼できるお店の一つに私自身も利用したことがある「千年堂」というお店があります。

そちらも比較的安くロレックスのオーバーホールを請け負ってくれて、かつ仕上がりも丁寧なので少しでも安くオーバーホールをしたいという方にはおすすめです。

>>時計修理の千年堂で無料見積もり依頼

まとめ

大事に使用すれば何十年も使用できるロレックス

ここまでロレックスのオーバーホールに関する費用などについて具体的に解説していきました。

余裕があれば日本ロレックスでオーバーホールをするのがもっとも無難ですが、しっかりしたお店であれば社外でオーバーホールをしても特に問題はありません。

壊れにくく長く使える時計として知られるロレックスですが、実際オーバーホールをしないとけっこう簡単に壊れてしまいます。

ですがロレックスが優れる点は修理の手厚さとも言われています。

ロレックスでは30年以内に発売されたモデルに関しては、すべての交換部品がストックされていて日本ロレックスで修理が可能です。

それ以上前の品に関しては保証こそされていませんが、パーツが残っていれば修理できるという品も多いです。

ロレックスのみならず機械式の腕時計は使用していくうちに、多少の時間のズレやなんらかの不具合が起きることは多いです。

あまり長い間放置するのではなく、気になってきたらできるだけ早めにオーバーホールしてもらうことが、長く使い続ける秘訣です。

最低でも5年に1回はオーバーホールすることを日本ロレックスでも推奨しています。