28022014-IMG_0625
「ROLEX(ロレックス)」の時計は精巧な機械ですから、定期的なメンテナンスや、場合によっては修理などに出す必要があります。

いわゆるメンテナンスにあたる時計の「オーバーホール(分解洗浄)」についてや修理に関する基礎的な知識などを今回はまとめてみました。

これからお手持ちのロレックスをオーバーホールに出そうなどとお考えの方は参考にしてみてください。

ブランド姫ブランド姫

ロレックスとかの高級時計ともなると、維持費だけでも数万円かかるなんて話は聞いたことあるわ・・・そんなメンテナンスが必要なのかしら?


買取キング買取キング

確かに“時計の維持費”なんて理解できない人も多いかもしれないけど、機械式の時計となると定期的なオーバーホールが必要なんだ!ちゃんとメンテナンスしてないと壊れちゃうこともあるんだよ!

機械式の腕時計はメンテナンスが不可欠

ロレックスの腕時計はすべて「機械式」と呼ばれる機構が使われています。ゼンマイを巻いて時計を動かす、文字通り機械的な内部構造をしています。

内部はたくさんの歯車が回っていて、見た目からは想像できないほどとても精工な作りがされています。機械ですので当然定期的なメンテナンスや、壊れたら修理も必要です。

オーバーホールとは?

「オーバーホール(※OHと略されることもある)」とはそんな機械式腕時計の定期的なメンテナンスのことです。簡単に言うと「分解して洗浄をしてまた組み立てなおす作業」になります。

ロレックスの機械式腕時計も毎日使用していけば中の部品が摩耗していきます。オーバーホールでは一度中蓋を空けて中の部品一つ一つをばらしていきます。歯車の動きを円滑にするためのオイルなんかも差しなおす作業もされます。

機械式の場合、長年使っていると少しずつずれるのが早くなっていったりするのは、中のオイルなどが徐々に揮発していってしまうからです。

長く使うためには最低でも5年に1回はオーバーホールするのが良いとされています。

あまりにも長い間オーバーホールせずにいると中の歯車が錆びてしまったりして、最悪の場合修理不可能になることもあります。

古いアンティークロレックスなども人気ですが、どれだけ定期的にオーバーホールしていたかで中の状態が全然違います。

オーバーホールはどこでするの?価格は?

実際にロレックスの腕時計をオーバーホールするには二種類の方法があります。

  • 日本ロレックス(正規店)でおこなう
  • 時計店でおこなう

どちらを選ぶかで値段も変わってきますので、それぞれのメリットやデメリットなども併せながら紹介していきます。

ロレックスのリューズとロゴ
(photo by 竜次)

日本ロレックスでオーバーホールをする

日本ロレックスという正規のロレックス社にてオーバーホールをする方法です。やり方は基本的に二つで「東京丸の内にあるサービスセンターに時計を持ち込む」か「郵送で腕時計を送る」かです。

詳しくは公式サイト「ロレックスのアフターサービス」でも詳細があります。

購入したのが正規店や正規代理店であれば店舗に預けて届けてもらう方法もありますが、手数料を取られる場合がほとんどなので遠方の場合は自分で郵送することがおすすめです。

郵送の場合は日本ロレックスに電話で問い合わせ、郵送用のセットを自宅に届けてもらい送り返すという手順です。後日見積書が届きOKならば作業開始となり、およそ一か月ほどで完了します。

日本ロレックスでオーバーホールすると「オーバーホール代金」として5-6万円はかかります。

パーツの劣化で交換などが必要な場合はトータル10万円くらいになるケースも多いです。長い期間オーバーホールを怠っていると、多くのパーツ交換が必要になり価格もさらに上がります。

高いが保証書なども発行してくれる

日本ロレックスでオーバーホールするメリットは高いけど、正規のサポートとしてオーバーホールをおこなえること、そして終われば正規保証書をもらえることです。

ロレックスはアフターサービスが充実しているメーカーといわれています。本物のロレックスであればインヴォイスや品を保証するものはなくともオーバーホールを受けることができます。

逆に言えば偽物は正規でオーバーホールを受けることはありません。日本ロレックスでのオーバーホールは真贋を兼ねて、中古品・買取業者などが利用することも多いほどです。

ネットオークションなどで手にした品などは真贋がてらオーバーホールに出すというのも手です。

日本ロレックスでオーバーホールに出すと平均して7-8万くらいはかかるといわれています。これが5年に1回となればそこそこ大きい出費ですが、正規でメンテナンスされるのが一番安心という方も多いです。

買取キング買取キング

正規の日本ロレックスでのオーバーホールは高いけど保証書もあるし安心度は一番!長く使いたい時計なら正規品でオーバーホールしておくのが一番

時計屋(非正規)でオーバーホールをする

もう一つが非正規の時計屋さんでオーバーホールする方法です。

ロレックス専門のメンテナンス・修理屋や、高級時計専門のお店も多数あり、お店によってクオリティはピンキリですが、良いところなら作業の質に関しては正規とほぼ変わらないといわれています。

メリットはなんといっても正規よりも安いことです。「オーバーホール代金」も2-3万円くらいが相場で、日本ロレックスの半額くらいです。

非正規の時計店でオーバーホールするリスク

時計屋さんでロレックスの時計のオーバーホールをするリスクは「修理や交換の際に社外品パーツが使用されることが多い」という点です。

中には正規パーツを扱っていたりするお店もありますが、基本的に修理や部品の摩耗などでパーツ交換される際には社外パーツが使用されます。

ロレックスほど有名な時計であれば社外パーツも充実していて質に関しては問題ないことが多いですが、その後日本ロレックスにオーバーホールに出す際に社外パーツが使用されていると、それらのパーツはすべて交換されます。

どういうことかというと・・・正規のオーバーホール代金(パーツ交換費用)がとても高額になるということです。

正直信頼できるお店であればリスクはこれくらいかなと思います。普通にオーバーホールするだけなら分解して洗浄するだけなので問題ありません。

個人的にロレックスのオーバーホールや修理で信頼できるお店に「千年堂」という時計屋さんがあります。無料で見積もりも取れますし、修理時のパーツは正規品を取り寄せて使用してくれるので安心です。ロレックスを安くオーバーホールしたいという方はご参考に。

>>>時計修理の千年堂

買取キング買取キング

非正規でもしっかり腕の良い時計店なら問題ないよ!値段も正規の半額くらいでオーバーホールできちゃうよ!ただお店選びが難しいのが難点だね。

大切な腕時計は定期的にオーバーホールを

オーバーホールは最低でも5年に1回は出そうといいましたが、異変を感じたり“なんか調子が悪いな”と思ったときには出したほうが良いです。

ロレックスは手厚いサポートがウリでもあります。30年以内に販売された時計のパーツはすべて正規サポートで管理していて、修理が可能だといわれています。

ですが内部の腐食、水の混入や錆びなどを長年放置してしまうと修理が不可能になってしまうケースもあります。防水機能も完璧ではありませんので、ゴムなどが緩んでしまい水が入ってしまうことも稀にあります。

「丈夫で長く使える時計」というのはメンテナンスあってこそなのです。

長く使えるロレックスの腕時計
(photo by hypo.physe)

クォーツのオーバーホールについて

ロレックスには電池で動くクォーツの腕時計はありませんが、基本「OMEGA(オメガ)」など高級ブランドと呼ばれる腕時計でもクォーツを採用しているところは多いです。

オーバーホールというとどうしても機械式の場合必要不可欠というイメージがありますが、クォーツの時計でもオーバーホールは必要です。

ただし機械式は5年に一度といわれていますが、クォーツは7-8年に一度で済むと呼ばれています。ですが内部の作りは歯車の構造は機械式もクォーツも同様に存在します。クォーツだからといって内部が傷まないというのは大きな間違いです。

同じように定期的なオーバーホールは必要ですが、クォーツの場合電力で動いています。そもそもアナログな機械式とは違い電池の力があるため、多少傷んできても動くというのが、クォーツはオーバーホールしなくてよいと勘違いされる一番の理由です。

歯車のオイルが多少切れても、歯車が多少錆びていても、電池が無理やり動かすといったイメージです。ですが長く使いたい高級時計なのであれば、クォーツであれ必ず定期的にオーバーホールに出すことをおすすめします。

買取キング買取キング

クォーツはオーバーホールに出すっていうイメージが薄いけど、長く使いたいなら7年に一度くらいはオーバーホールしたほうが良いよ!

オーバーホールで見た目もピカピカに

ロレックスの正規のオーバーホールは外見の研磨もサービスでおこなってくれます。使用にあたりついた小傷などは研磨すればピカピカの新品状態に近づきます。

定期的にオーバーホールをするというのは、内部のみならず見た目もきれいに保つことにもつながります。

研磨は嫌がる人もいるため、見積もりの段階で「研磨なし」を選ぶこともできます。“多少傷があるのも味があっていい”と考えるロレックスユーザーも多いです。

買取キング買取キング

大事に長く使いたいならしっかり定期的にオーバーホールしなくちゃだめだね!精度の高いロレックスならメンテナンスしながら使えば何十年も身に着けられるよ!