着物の処分には買取がおすすめ!高く売れる着物の種類や上手に売るためのポイントを徹底解説!

自宅に眠っている「着物」をはじめとする「和装用品」が実は今「かなり高く売りやすくなっている」傾向があります。

また売れるとは知っていても実際以下のような悩みを持っている人も多いと思います。

  • 正直価値がどれくらいなのかわからない
  • どこに売れば一番値が付くのかわからない
  • 量が多いので効率の良い処分の仕方を知りたい

着物の場合は何着も家に眠らせているという方も少なくないでしょう。

思い入れのある品もあるかと思いますが、タンスの肥やしにするくらいなら価値がわかる業者で売りに出し、また違う方に着ていただくのもリサイクルの観点からもおすすめです。

実際に価値の高い着物であれば、「一点数万円以上」の値段で売れる品も存在します。

着物の買取では、数万円以上の査定が出ることは決して珍しいことではありません。

ここでは「着物を損せず売る方法」について解説していきます。

⇒着物の買取でおすすめする買取業者はこちらから

着物買取の基礎知識

まずは必ず知っておくべき「着物の買取にまつわる基礎知識」を解説していきます。

高く売れる品物はどんなものなのか?近年の着物の買取事情などを交えて、詳しくご紹介します。

着物を売る、または処分する方法について

着物売ろうとしたとき、どこで売る手段が思い浮かぶでしょうか?

だいたい以下のような回答がお答えかと思います。

  • リサイクルショップ・質屋・古着屋
  • 着物屋さん・専門業者(?)
  • ネットオークション・フリマアプリ
  • フリーマーケット

まず下記の二つの手段は、着物に関する「専門知識」や「相場への理解」がないと適切な値段で売ることはかなり難しいです。

直接的に取引できるため、もっとも高く売れる方法にもなりえますが、手間などコストもかかってきます。

とはいえ「もっともおすすめできないのがリサイクルショップや古着屋で売ること」です。

リサイクルショップなどで売ると確実に損する

リサイクルショップや質屋、古着屋さんで売って処分するのはとても手軽に思えますが、着物を専門に取り扱いしているお店はほぼありません。

そのため買取することはできても、基本的に着物の目利きはほぼできないことが多いです。

着物の査定に関してはかなり深い専門知識が必要なので、長年経営している質屋の店主などでも、正しい価値がはじき出せる人は全国的にもほぼいないと思われます。

専門知識がない買取業者で売りに出すと、間違いなく二束三文で買い叩かれるため絶対にやめましょう。

着物専門の買取業者で売るのがベスト

着物に関しては着物を専門に取り扱いしている買取業者でないと高い値段で売ることはできません。

購入した着物屋などで買取してくれるケースもありますし、近年では日本の着物の海外からの需要が高まり着物専門の買取業者も増えてきています。

ブランド品などの場合は特に買取業者によって査定金額に差が大きく生じるため、より専門知識に長けた業者を利用することが重要です。

今、着物が高く売れる理由

着物の買取業者が増えた背景には、主に東南アジアなどの海外で「日本の着物」の需要が高まっているからです。

それによって相場も上昇していて、専門業者の査定の目もかなり成長してきている市場になります。

着物が高く売れる理由としては、近年国内でのリサイクルブームもありますが、一番はそうした海外からの需要が高まっていることが要因です。

高級な着物の証明となる証紙や落款

着物の価値を見極める上で重要なのものが「証紙」と「落款(らっかん)」です。

  • 証紙:反物の状態の裾になる部分に縫い付けられたタグ。素材や原産などを表す。
  • 落款:着物の裏側に押される判子のようなもの。作家名などを表す。

ブランド品や有名作家の着物などの場合は、これらが証明する保証書のようなものになります。

ただし古い着物にはもともと高額なブランド着物などであっても、これらが残っていない場合もあります。

着物を専門に取扱いしているお店や買取業者であれば「証紙や落款はなくても判別することができる」ため、着物に関してはそこまで付属品に神経質ならなくとも大丈夫です。

着物の買取業者で売れる着物関連品

着物の買取と一口にいっても、専門業者が買取できるのは着物だけではありません。

以下のような着物にかかわる「和装小物」と呼ばれる品も取り扱いしています。

  • 羽織・コート
  • 帯(帯揚げ・帯締め・帯止め など含む)
  • 草履・下駄
  • 着物用鞄・巾着など
  • 髪飾り・かんざしなど

これらに関してもいわゆるリサイクルショップなどで売るよりは、着物の専門業者で売ったほうが高値が付きます。

着物を売る際に、和装小物も必要ないということでしたら合わせて査定に出すこともおすすめです。

羽織やコート類は着物以上の値が付く品も

着物の上に羽織るコートなどは物にも寄りますが、着物本体と同じくらい高価な品も多いです。

羽織以外の着物用コートとしては以下のように大きく三種類に分けられます。

  • 道行コート(フォーマル用)
  • 雨コート(雨の日用)
  • 道中着(オシャレなカジュアル用)

この中でもよりフォーマルな場面で用いられる道行コートは、良い品は100万円以上の品もあり、平均的に高価ですので、コート類の中でも特に高い金額で売ることができます。

反物だけでも買取は可能

着物として仕立てられる前の素材の状態「反物」も買取してもらうことは可能です。

実際のところ、古い品などは仕立てる前の反物のほうが価値が高いことも多く、着物は古く状態が悪いため売れないが、反物なら売れるという場合もあります。

素材として価値の高い品であれば、着物と同様に数万円以上の値が付く品も多いです。

着物の買取相場とは?いくらくらいで売れるのか?

着物の着こなし

実際に着物の買取相場はどれくらいになるのか?という点を解説していきます。

着物の一般的な買取額は安いものだと「一点500円-1,000円程度」が相場となっています。

ただしノーブランドでも留袖や振袖など高価な品や良質な素材や製法で作られた品だと「一点5,000円以上」になる品も少なくありません。

基本的に「フォーマルなシーンでも着用できる着物のほうが高価になる」傾向があります。

さらに価値の高いブランド品や、作家品などになると「3万円-5万円」などの値が付く品もかなり多いです。

正直着物の買取相場はかなり幅が広く、物によって一品一品異なるため、だいたい○○円くらいというのが非常に難しいです。

人間国宝」作家の品物などであれば、数十万円以上もの値が付く品も中には存在します。

着物の種類による相場の違い

着物の種類は主にちゃんとした場でも着ていける「礼装」と、カジュアルなシーンや家着にもされている「普段着」の、大きく分けると二種類があります。

やはり礼装の着物のほうが品質的にも優れた品が多く、買取相場としてはこちらのほうが高くなっている傾向が強いです。

高く売れる傾向が強い「礼装」

礼装と呼ばれる着物は以下のような品があります。

  • 留袖・色留袖
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 色無地

上から順により正式な場で着用される品になっていて、より高額だと思っていただいて構いません。

礼装の場合は必ず袋帯を着用するのがマナーで、帯のランクとしても名古屋帯よりも袋帯のほうが上位です。

礼装は紋付といって「家紋」が入っている品も多いですが、家紋があることは着物のランクとしては上位のものを差します。

家紋があるからといって売れないということはありませんのでご安心ください。

「普段着」の上質な品はピンキリ

普段着は主に以下のような着物を差します。

  • 小紋

これらは正式な場に着ていくことはできない着物とされていますが、実際に普段着は柄なども豊富な分、伝統工芸品やブランド品なども多いです。

ノーブランドの小紋などは一着1,000円程度の値段しかつかないケースも多いですが、下でも紹介している「ブランド品などは数万円する品もあり」ピンキリです。

平均的な金額では決して高くありませんが、普段着=安いということではなく、ちゃんとした品は中古でもしっかり評価されています。

高く売れる着物の素材について

着物はそもそも使われている素材などによって中古品としての価値が大きく異なります。

用いられている素材に関しては、証紙に刺繍やシールなどで示されている場合がほとんどです。

まず着物の素材としては以下のタイプに分けられます。

  • 化繊・ウール
  • 木綿
  • 正絹

もっとも高く売れない素材として挙げられるのが「化学繊維」や「ウール」を使用した着物です。

これらは比較的最近になって流通しているもので、ポリエステルなどを使用した着物は低価格で流通していることが多いため、高額査定には至らないケースがほとんどです。

着物の中でもカジュアルな装いといわれる「麻」「木綿」製の品

麻や木綿といった素材を用いて作られた着物は「日常使いができる着物」を前提として製作されています。

化繊やウールと比較すると高価ではありますが、有名作家などの品でない限りは一点あたり「1,000円-2,000円程度」の査定額となってしまいます。

木綿の中には以下のような、地域特産の伝統工芸品と呼ばれる高額な品も存在します。

  • 久留米絣
  • 琉球絣
  • 館林木綿

こういった品でない限りは数万円という値段はなかなか尽きません。

正式な装いで用いられる「正絹」素材の品

いわゆる正式な場の装いとして着られる、しっかりとした着物は「正絹(しょうけん)」を用いた品がほとんどです。

正絹とは「100%シルク」のことを差し、さらっとした肌触りが特徴ですが「紬」などのように織った質感の品も存在します。

正絹を用いた着物であれば平均相場は「一点3,000円程度」となっており、ブランド品である場合も多く1万円以上値の付く品も多いです。

染物よりも織物のほうが高い

中古の着物においては「染物よりも織物のほうが高く評価される」傾向があります。

織物のほうが染物より全体的に金額が高いということもありますが、それ以外にも以下のような理由があります。

  • 染物は日焼けや色抜けしやすく状態を維持するのが難しい
  • 染物は流行にも左右され古い品物は時代遅れになりやすい

織物は古い品物でも、状態を維持しておくのは比較的容易で、よっぽどのことがない限り売れないほど状態が悪いという場合は少ないです。

しかし染物は日焼けしやすいという特徴に加えて「カビが発生しやすい」という特徴があります。

カビが発生すると中古品として再利用するためには、カビを除去することに手間がかかりその分を差し引くと、二束三文の値段になってしまうケースも多いです。

そのため買取においては、流行に左右されにくく、カビも出ない織物のほうが高く売れる傾向が強いです。

高く売れるブランドや有名作家の着物

高く売れる要素としては「ブランド品(※ブランドというよりは地域特産品)」「作家物」ということが一番に挙げられます。

ブランドとして特に高価なことで知られているのが以下の3つです。

  • 大島紬
  • 結城紬
  • 牛首紬

これらは着物の中でも特に高額で、中古品の人気も非常に高いです。

これらの地域特産の伝統工芸を用いた着物は、ブランド着物として高い価値があります。

ここで紹介した以外にも「久米島紬」や、帯で有名な「京都西陣」など様々な品があり、一概には言えませんが買取平均相場も「一点1万円以上」だと考えてください。

中古着物の中でも特に「大島紬が一番お金になる」と言われています。

もっとも高額な作家物の着物

着物に関してもっとも格が高いと言われるのが「作家物」です。

「京友禅」「加賀友禅」などの有名作家の染ぎ物は中古品としてもとても価値の高い一品です。

数は少ないものの人間国宝作家「森口華弘(もりぐちかこう)」などの品となれば「一点10万円以上」値の付く品も少なくありません。

その他ブランド着物と括られる着物

上記したような伝統工芸品や作家物以外にも、以下のようなブランド品もブランド着物として括られます。

  • 撫松庵
  • Tsumori Chisato(ツモリチサト) など

伝統工芸品ほど高額ではないため、数万円以上値が付く品は少ないですが、これらも一般的な着物よりは高く買取してもらうことが可能です。

基本的に、証紙に何かしらブランド名や地域名などが書いてあればブランド品である可能性は高いです。

それ以外のほぼノーブランドの着物について

ノーブランドの着物に関しては基本的に相場は安く、1,000円以下の値段になる場合がほとんどです。

しかし上記したように正絹を用いた品であったり、特に状態が良い品であれば「2,000円-3,000円程度」値の付く品もあります。

状態が良いことが前提となってしまいますが、着物の場合は「ノーブランド品でも買取できる」というのも特徴の一つです。

着物の査定ポイントや買取のコツ

ここからは具体的な着物の査定ポイントや、買取のコツなどについて解説していきます。

状態によってどれくらい金額が変わるのかという点や、付属品の有無による評価、少しでも査定員の印象を良くするポイントなども紹介しています。

状態が良いというのが何より高額査定に繋がる

着物の査定に関しては状態がほぼすべてといっても過言ではありません。

当然「シミ」や「汚れ」があるものは、ブランド品でも半額程度値下げされることもあります。

どうしても長い時間放置されている着物は傷んだりシミになっていたり、保存状態が悪いと虫食いがあることも少なくありません。

こういった品物は基本的に高く売るということは厳しく、ノーブランド品などは買取不可となってしまう場合もあります。

着物の状態や古さを見極めるポイント

古い品との裏地の比較

着物の年代を調べる上で一番わかりやすいのが写真のような裏地部分です。

どんな着物でも、最初はグレー味がかった白い生地が使用されているため、比較的新しい品や保存状態が良い品はこのままの色をしています。

逆に時が経つにつれてだんだんと色あせていき、写真左側のような色に変色していきます。

アンティーク品として価値ある品も存在する

大正時代や昭和初期以前に作られた着物は、アンティーク品として価値がある品も少なからず存在します。

この時代の特徴としては、かなり派手な装飾・色使いの着物が挙げられそれが現代人の一部の間で需要があります。

基本的に古い品になればなるほど値段は落ちていきますが、作家物などの場合はこうした100年近く前の品でも5万円程度値の付く場合があります。

状態が悪い品や中古で購入した品も売れるのか?

状態が悪い品(ノーブランド品だとしても)や、中古で購入した着物なども、基本的に買取不可となるケースは少ないです。

しかし状態が悪いものに関しては、あくまでも再利用を前提とした買取のため、汚れが目立つものなどはかなり安い査定になることは避けられません。

着物自体の状態が悪くても、帯はそこまで状態が悪くないなどのケースも多いため、できるだけそれらもまとめて査定に出しましょう。

状態が悪い中古の着物一品などだと買取業者から見ても印象が悪く、査定の交渉などもしようがありません。

証紙や落款がない着物でも高く売れるのか?

通常ブランドモノの着物には例外なく、証紙や落款があります。

しかし着物はブランド品のような「偽物は限りなく少ない」といっても過言ではありません。

実際に熟練の鑑定士であれば、柄を見ただけでどのブランドかどの作家さんの品か判別することができますし、触れば素材に何を使用しているか判別できます。

もちろんあったほうが中古品としての価値は高いため、査定は伸びやすい傾向がありますが、証紙や落款がないからといって買いたたかれるようなことはまずありません。

作家物も有名作家と無名作家ではピンキリ

落款が押されているからといって、必ずしも高額で売れる着物かというとそうでもありません。

実際にほぼ無名の作家にも拘わらず大層な落款、そして「購入した方のネーム入り」などとして付加価値を装い、高額で売り出している着物も数多く存在します。

人間国宝作家による着物などは当然高いですが、あくまで無名の作家物は正直あまり価値は高くありません。

実際に「購入時の価格はそこまで買取には影響しない」といっても過言ではありません。

たとう紙に包んでおくと印象も良い!?

必ずしも査定に影響するかという断言はできませんが、古い着物は保存状態が大切です。

査定に出す際には、着物を包んでおくための「たとう紙」などに保存されたそのままの状態で査定に出すことも、着物の査定員に好印象を与えるポイントになります。

そもそも着物は虫干しといって定期的に干すことが、長く良い状態で保存するには重要です。

桐ダンスなどにしまいっぱなしの場合、出張買取を利用してそのままの状態で査定員に見せることもできますが、長年開けていない・・・といった状態を見せるのは必ず査定にマイナス評価がされます。

もちろん通気性の良い場所に保存してあることがベストですが、そうしてこなかった場合でも少しでも保存状態を良く見せようとすることはできます。

裏技的な要素とはなってしまいますが、少しでも高く買取してもらいたいという場合には、そうした工夫も必要です。

着物を買取できるお店の情報

着物を買取できるお店は決して多いとは言えませんが、リサイクルショップなども含めるとそこそこ多いとも言えます。

ただしリサイクル総合店の場合、やはり着物の専門的な知識は少ないため高額査定にはなりません。

ここでは着物を高く売ることができるおすすめの専門業者を解説していきたいと思います。

着物を売るのにおすすめな買取業者トップ3

着物を「手軽に査定に出せてかつ高額で売ることができる」おすすめの専門業者をピックアップしています。

専門的な査定の知識に長けていることを前提としたランク付けになっていますので、業者選びに迷った際には参考にしていただければと思います。

  1. スピード買取.jp

    着物スピード買取キャプチャ

    買取実績 4.5
    対応速度 5.0
    オススメ度 5.0
    着物や和装小物全般
    全国どこでも無料出張買取!
    最短即日の出張・高額査定がウリ!

    「スピード買取.jp」は着物や骨董品などをメインに、全国どこでも出張買取にきてくれる優良業者です。地域にもよりますが、最短2時間程度で自宅まで専門の査定員が出張にきてくれて、その場で査定し現金で買取してもらえるというのが最大の特徴です。

    着物の専門知識が深い査定員が常に常駐していて、査定金額も申し分ありません。査定だけの利用も当然可能で、その際にも一切手数料や出張料、キャンセル料なども発生せず完全に無料で利用できることも特徴。素早く着物を売って現金化する上でスピード買取以上の業者はいません。

    管理人のレビュー

    出張買取サービスが人気のスピード買取.jpは最短で即日、地域によっては翌日などのとにかく素早い対応が特徴です。店舗を設けていない分かなり査定は高い傾向があり、状態が悪い着物やノーブランド品でも買取してくれます。着物を売るのであればここを利用するのがベストです。。

    スピード買取.jpで出張買取の申込み

  2. 久家

    久家

    買取実績 4.5
    対応速度 3.5
    オススメ度 4.0
    着物専門買取業者
    オススメ度No.1
    和装関連どんなものでも査定可!!

    着物買取をおこなう業者で一番口コミ評価も高くおすすめなのが「久家(ひさや)」です。こちらは宅配買取システムを採用していて、査定申し込み後すぐに届く梱包キットに査定をお願いする着物を入れて配送するという流れです。

    とにかく絹だろうが化繊だろうが、多少汚れていようが、幅広い着物に値をつけてくれます。付属する和装品(バッグや草履・カンザシなど)もすべてまとめて査定が可能です。まとめると査定額20%アップキャンペーンもやっています。

    管理人のレビュー

    着物専門の買取業者の中でも、特になんにでも値をつけてくれるという口コミが多いのが「久家」の特徴です。だからといって全体的に安めの査定でもなく、ブランド品着物に関してはかなり高額な査定が特徴です。日本全国どこからでも宅配することができるので、忙しいときでも利用できるといったメリットがあります。

    久屋で宅配買取の申込み

  3. ヤマトク

    ヤマトク

    買取実績 4.0
    対応速度 3.5
    オススメ度 3.5
    幅広いジャンル
    宅配買取の大手
    創業25年の実績を誇る宅配買取の大手!

    着物をメインに「オーディオ」「カメラ」や「ゲーム」など幅広いジャンルの買取を得意とする宅配買取大手の「ヤマトク」。ネットから申し込みをしたらすぐに梱包キットが届く、宅配買取サービスの元祖企業です。

    中でも高級品の着物に関しての買取はめっぽう強く、1点よりも複数点付属品なども揃っているとどこよりも高額な査定が期待できます。逆に古いものや、汚れがある物などは買取不可にされてしまうこともあるので、注意してください。

    管理人のレビュー

    創業25年の宅配買取の大手というだけあって、買取実績はかなり豊富です。高級品全般を取り扱っていますが、中でも着物はかなり専門的に査定することができます。査定に関しては上の業者には及ばないという傾向が強いものの、あくまで比較してから売りたいということであれば選択肢の一つに挙げられます。

    山徳で宅配買取の申込み

着物買取においては出張買取が便利

買取の方法としては「店頭」「宅配」「出張」の三種類が主に挙げられます。

それぞれにメリットはありますが、着物買取の場合は特に出張買取がおすすめです。

着物を売りたいという場合に一点のみということはあまりありませんし、持ち運ぶとなるとかなりかさばりますし、宅配買取でも段ボールパンパンになってしまいます。(※宅配買取はキャンセルすると送料が発生する場合も多くけっこう高額となります)

そのため持ち運びせずに自宅で査定ができる出張買取が圧倒的に便利です。

全体的な傾向としても出張買取での査定相場はかなり高く、査定員の方と直接言葉を交わし交渉などもできるため金額的満足度も高いです。

ある程度まとまった点数を査定に出すことで評価される

着物査定の傾向として、高額査定が出ている品物はやはり「一点だけの価値」ではなく、まとまった数を評価される傾向があります。

仮にブランドや作家物でない着物でも、10点以上などまとまった数の品があれば2万円程度の評価となる可能性が高いです。

状態が良く品数があれば、それだけで5万円程度の査定になる場合だってあります。

もちろん有名作家などの着物が高く評価されるのは言うまでもありませんが、数があることで一点一点そこまで価値がない品でも評価される傾向が「着物の買取」では特に強いです。

まとめ

着物を売りたいときに知っておくと便利なことを徹底的に解説していきました。

実際に買取査定を出してみて、金額に満足いかなければ複数の業者を利用して査定してもらってから売るというのもアリです。

ただ今着物の相場は上がってきていて、不要だからといって「ただで処分してしまうのはとてももったいない」です。

申込みからすぐに現金化できるようなサービスも整いつつあるため、それらを利用して気軽に売るというのが良いのではないかと思います。

そうすることで着ていなかった着物がほかの人に手に渡り、必要している人にまた着用してもらうことができます。

捨てるよりもそういった処分の仕方のほうが、かなり有意義だと思いますし、そうしたリサイクル品としての価値が高いことも「日本の着物」が世界に評価される理由の一つなのかもしれません。