高値で売れる一眼レフのレンズ

一眼レフカメラが趣味の人は多いですが、本体以上のペースで増えていくのがレンズです。レンズを集めることも一眼レフの魅力の一つといってよいほど、一眼レフのレンズはバリエーションが豊富です。

高いものでは一眼レフ本体の値段よりも高い商品もザラで、単焦点の望遠レンズともなれば数百万を超える商品もあります。

「カメラレンズは資産」とも称されるように、価値の高いものなら値落ちしないことも特徴です。今回はそんなカメラレンズを売りたい人に向けた情報をまとめてみました。

ブランド姫ブランド姫

たしかにカメラのレンズってとんでもない値段するものもあるわよね。ということはレンズも高値で売れるお宝ということかしら?


買取キング買取キング

価値のあるレンズはけっこう使っていても、性能が衰えてない限りは高値で売れるよ!ほかの品物と比べて中古レンズの需要がそもそも高いから、買取市場も大きいんだ!

どんなレンズが高く売れるの?

レンズと言っても「一眼レフ用」その中にもフルサイズ用とAPS-C用などがありますし、「ミラーレス一眼」などもありますから一概にカメラレンズといってもピンキリです。

ただし高く売れる、金額的に線を引くなら1万円以上で売れるレンズとなるとかなり限定されてきてしまいます。

  • フルサイズ一眼レフ用のレンズ
  • 最低でも新品価格が4万円以上くらいのレンズ

レンズとして価値が高く高値で売れるのはこの辺りを基準にしていただければと思います。

フルサイズ用のレンズが一番人気

最近ミラーレス一眼なども流行っては来ていますが、やはりレンズとしての資産価値が高いのはフルサイズ用のレンズです。若い女性などにも一眼レフが流行っていることもあり「APS-C用レンズ」も需要があることはありますが、価格帯もそこまで高くないこともあり、中古で一万円以上の値段が付くものは少ないです。

ミラーレスも同様で、一部SONYの「α7シリーズ」など高価格帯モデルの専用レンズは高値のものもありますが、それでも1万円を越えるものはかなり少ないです。

ブランド姫ブランド姫

やっぱりミラーレスとかのレンズだと価格も安いしそこまで高くは売れないようね・・・

単焦点とズームレンズどっちが高い?

単焦点とズームレンズではどっちが高く売れるのか?という話ですが、これも明確にこっちということはできません。実際かなり微妙です。ただし単焦点のほうが高額モデルが多く、全体的な傾向でいえば単焦点レンズのほうが高値が付きやすいですが、ズームレンズだと安くなるというわけではありません。

純正ズームレンズの最高峰大三元レンズ

あまりにカメラオタクには有名な純正ズームレンズの最高峰。大三元レンズとも呼ばれる「Canon(キャノン)」「NIKON(ニコン)」「SONY(ソニー)」三社がいずれも展開している「F2.8」通しの広角、標準、望遠の3種類のズームレンズですが、もっとも高く売れるレンズの一つといって過言ではありません。

実売価格はどこのメーカーの大三元レンズも20-25万円くらいとどれをとっても高級品です。中古価格になっても15万円程度に収まる人気商品でもあります。大三元レンズに関しては状態の比較的良いものであれば、10万円以上の査定が付くことも珍しくありません。

単焦点超望遠レンズ(バズーカレンズ)は超高額

大三元以上の価格のレンズはほとんどないといって良いほどですが、カメラレンズの中でも異次元の存在として知られるのが単焦点の超望遠域レンズです。大きさと見た目からバズーカレンズとも言われるほど巨大で、ここからは価格も突き抜けた額になります。

バズーカレンズに関しては最も安い部類でも30万円くらいから、高額なものだと200万円を越える商品も少なくありません。正直見た目もすごいことから素人目でも高く売れるんじゃないか?と思えるほどです。

はっきり言ってこのクラスのレンズはマニアックすぎる領域になっています。価格が価格なだけに中古での価値も相当高く、買取に出しても定価の半値くらいはザラともいえるお宝レンズです。

買取キング買取キング

正直ズームレンズでも高いものは高いし、単焦点レンズは高額なものが多いという感じだね。やはりメーカー純正レンズは比較的値段も高いし売れないレンズというのはまずないよ!

多数のズームレンズたち

純正レンズ以外も売れる?シグマやタムロンの買取事情

ひと昔前まではキャノンやニコンの純正レンズと比較して、性能が落ちるとも言われていた「SIGMA(シグマ)」や「Tamron(タムロン)」などのレンズメーカーでしたが、近年の商品は性能も飛躍的上がり価格も高騰しているといっても良いと思います。

特にシグマの「Artシリーズ」など性能に特化した高級レンズに関しては中古でもあまり値下がりしない人気商品の一つです。シグマやタムロンが従来得意としていた、取り回しの良い低価格帯のズームレンズは値段も値段だけに高く売れる商品ではありませんが、以前よりブランド価値が上がっていることは間違いないかと思います。

人気が衰えない最高級レンズメーカー「カールツァイス」

レンズメーカーとしては欠かすことができないのがドイツ製最高峰レンズメーカー「Carl Zeiss(カールツァイス)」です。カメラ好きなら絶対に一度は憧れるといってよいほど、一眼レフ用のレンズとして最高峰のブランド力と性能を誇ります。

価格帯も平均して20万円以上と高額レンズしか販売していないメーカーです。各メーカーのマウント別でレンズを展開していますが、同じレンズでも人気の高いキャノンのEFマウントとニコンのFマウント用に比較すると、ペンタックスのKマウントやSONYのEマウント用のレンズは若干安くなってしまいます。

それでも買取率50%以上のレンズも多く、高く売れるレンズメーカーとしてはトップクラスです。

超高級カメラとして知られるライカの買取について

別格として扱わせていただきたいのが「Leica(ライカ)」のレンズについてです。ライカに関しては完全に別ベクトルだと考えていて、骨董品としての価値といえるほど、価格が高騰しているものも多いです。

正直ライカに関しては個人的にも完全に専門外なのでなんともいえませんが、ただ一つ言えることは買取査定額30万円などは普通で、中には100万円以上値段の付くレンズも存在します。

それだけ中古レンズの中でもライカの商品だけは別格で、古いものだと当時の価格以上の値がついているものも多いです。

買取キング買取キング

ライカは正直レンズの中でも別枠といって良いほど。通常人気や性能だったりで価値がつけられるけど、ライカの場合は骨董品のようなプレミア価格が多数あるからね。


Leica II

カメラレンズを買取に出す方法とは

レンズを買取に出すのであれば、カメラ専門店を利用するのがもっとも適格です。リサイクルショップなどに持って行っても、相当カメラの鑑定に精通している人がいない限りは十中八九相場より安く見積もられてしまいます。

カメラ専門店であれば販売経路も多数抱えているため、査定も伸びやすいです。ライカなど珍しい商品に関しては「ライカ専門店」のようなショップが高く売れる場合が多いですが、そうでないキャノンやニコンであれば大手のカメラ屋さんが無難に一番高いケースがほとんどです。

実際にカメラ専門店で査定に出す方法としては

  • 実店舗の買取センターに持ち込む
  • 宅配買取や出張買取を利用する

この二つの方法があります。

どっちにしようか迷う

実店舗に持ち込む場合

実店舗に持ち込む場合はレンズをそのまま店舗の買取センターに持ち込むだけです。ただし大きな店舗になると買取センターが別にあるお店などもあるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

都内の秋葉原をはじめとするカメラ専門店などが多く点在する繁華街では、いくつもの専門店があるためいくつか回ってみて一番高いところで売るという方法もおすすめです。実店舗の場合は売りたいレンズが少ない場合でも10-15分ほど、多くなると30分程度査定に時間を要する場合もあります。

宅配買取を利用して売る方法

レンズの数が多い時などははっきり言って持ち込むのはかなり面倒です。そんなときにおすすめなのが「宅配買取」といったサービスです。

宅配買取の場合は梱包キットを申し込みして、届いたキットにレンズを入れて送るだけです。梱包材なども多少もらうことができますが、足りないことも多いため自分で衝撃緩和剤や、なければ新聞紙を丸めたものなどを代用しましょう。

宅配買取では商品を持ち込む必要がなく気軽に査定に出すことができるので便利です。査定額を確認してからキャンセルすることができるので安心です。

カメラの宅配買取専門店⇒カメラ買取のヤマトク

高額な商品の場合は相場調べを欠かさずに

より高額なレンズを売りたい場合には、あらかじめレンズの商品名を検索して、最低でも定価の値段くらいは把握しておくことをおすすめします。

高価なレンズの場合査定額が数万円に達することも珍しくありませんし、複数店の査定ともなればかなりの高値になることもあります。低価格な商品ならそこまで差が出ることもありませんが、高額商品ほど買取業者によって査定金額が大きく変わってきます。

より高く売りたい場合にはいくつかの業者に査定の見積もりを依頼してから売ることをおすすめします。

買取キング買取キング

レンズはカメラ本体以上に資産といわれる通り、使用感があるものでも0円になることはほとんどないんだ!レンズとしての機能さえ果たしている限りは半永久的に価値があり続けるお宝だよ!