最新機種から古い機種までiPhoneの買取事情とは

格安SIMの登場でSIMフリーの「iPhone(アイフォン)」もとても増えてきました。

そのため最近「中古のiPhoneの価値が高騰」してきています。

数年前なら中古携帯電話はかなり安い金額でしか売ることができませんでしたが、今では古いアイフォンもかなり高い金額で売ることができます。

もちろんキャリアのiPhoneもSIMロック解除ができますので、SIMフリー以外の品も手軽に売ることができます。

しかし携帯電話には個人情報もたくさん残っていますので、売り方を間違えると自分の個人情報を漏らしてしまうことにもつながり注意が必要です。

ここではiPhoneの売り方の注意点や「最新のiPhone8機種から古いiPhone機種の買取相場」などを徹底解説しています。

iPhoneの売却を考えているからはぜひ参考にしてみてください。

どんなiPhoneが売れるの?

まずどんなアイフォンが売れるか?というそもそもの疑問ですが、現在買取業者で取り扱いしている機種は「iPhone5s・5cからiPhone8・iPhone8 plus」までくらいです。

最新機種であれば買取額6万円近く出る品もあれば、5s以前の古い機種に関しては「1,000円程度」となっています。

高く売れるということになると「iPhone6」くらいまでが今の相場かなと感じます。

それ以前の品になると5,000円未満となる場合がほとんどです。

キャリアとSIMフリーで金額の差はあるのか

アイフォンは現状「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のものとappleのお店で発売されている「SIMフリーモデル」の4種があります。

以前のキャリアiPhoneはSIMロック(※詳しくは後述)がかかっていましたが、最近の機種に関しては中身もほぼ変わりません。

そのためキャリアの品でもSIMフリーの品でも金額の差はほとんどありません。

キャリアで未払いの残債があるものは買取不可

キャリアのアイフォンを使用している多くの方は端末代金を分割払いで購入しています。

主に24回払いを選択する方が多く、2年以上使用していない機種は残債がある場合があります。

原則としては「残債があるiPhoneは売れない」ため注意してください。

中にはそのまま買取してくれる業者もありますが、残債費用として査定を減額されるため、かなり査定は安くなります。

(※残債をチェックできるサイトは後述する「買取に出す前におこなうこと」に記載しています)


残債があると買取できないのはなぜか?

“支払いはどうせこっちがするんだから残債があっても関係ないのでは?”

こう考える方もいらっしゃると思いますが、仮に残債が残ったままのアイフォンが次の人の手に渡るとします。

使用にあたっては何の問題もありませんが、前のユーザーの支払いが延滞されたりするとその端末にロックがかかってしまいます。

中古のアイフォンを購入した人は見ず知らずの理由で突然アイフォンを使えなくなってしまうのです。

端末代金を支払い終えていればロックされる心配はありませんので、買取業者は基本的に残債のないアイフォンを買取対象としています。

iPhoneの機種ごとの買取価格目安

最新のiPhone7赤

ここでは主に買取の対象である「iPhone5S」から「iPhone8」までの機種の買取額の目安をまとめています。

分かりやすいように表にしてまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの買取額目安の一覧比較表

機種 金額目安
iPhone8 plus 75,000円(256G) 65,000円(64G)
iPhone8 65,000円(256G) 55,000円(64G)
iPhone7 plus 55,000円(256G) 50,000円(126G) 40,000円(32G)
iPhone7 40,000円(256G) 35,000円(128G) 30,000円(32G)
iPhone SE 21,000円(128G) 18,000円(64G) 17,000円(32G)
iPhone6s plus 35,000円(128G) 30,000円(64G) 25,000円(16G)
iPhone6s 30,000円(128G) 25,000円(64G) 20,000円(16G)
iPhone6 plus 20,000円(128G) 17,000円(64G) 14,000円(16G)
iPhone6 13,000円(128G) 11,000円(64G) 8,000円(16G)
iPhone5s 3,000円(64G) 3,000円(32G) 3,000円(16G)
iPhone5c 1,000円(32G) 1,000円(16G)

※あくまで目安のため状態によって多少差が生じる場合があります

だいたい平均的な相場は以上のようになっています。場合によっては人気のカラーによる差も1,000円程度発生する場合があります。

最新機種が出るたびに古い機種は金額が落ちていく

iPhoneの買取では最新機種はかなり高い金額で売ることができます。

しかし一世代前のモデルは新しいモデルが出ると2万円程度と大幅に相場が下落します。

二世代前のモデルまでいくと、下落幅は数千円程度ですが、古い品ほど価値が下がっていくのは間違いありません。

容量などにもよりますが、おおまかな買取額は以下を目安としてください。

  • 最新機種(iPhone8):6万円前後
  • 一世代前の機種(iPhone7):4万円前後
  • 二世代前の機種(iPhone6s):3万円前後
  • 三世代前の機種(iPhone6):2万円前後
  • それ以上前の機種(iPhone5s以前):1万円以下

最新機種はやはりずば抜けて高く、古くなればなるほどゆるやかに買取相場は落ちていきます。

不要なiPhoneに関しては「できるだけ早めに売るのが高く売るためのポイント」とも言えます。

iPhoneを売るとき注意すべき点と査定のポイント

実際にiPhoneを買取に出すときには「データの初期化」などをはじめ、あらかじめ準備しておくことが存在します。

ここでは買取時に少しでも査定がアップするようなコツなども併せて解説してきます。

買取に出す前におこなうこと

まずはじめにすべきことは「不正契約のチェック」です。

キャリアで不正に契約された端末はブラックリストなどに掲載されていて利用制限などがかかっている場合があります。

普通に購入した方はまずありえませんが「中古で購入した端末を再度売るなどの場合にはチェック」しておくことをおすすめします。

↓↓↓各社以下のサイトで不正や残債のチェックをすることができます

本体のデータ消去とリセット

不正と残債の確認が完了すれば、そのiPhoneはもう売ることができます。

そのため次にするべきことは「データの消去」です。(※この作業の前には必ずバックアップを作成しておくようにしてください。)

データ消去の作業の流れは以下のようになります。

  1. 「iPhoneを探す」という機能をオフにしましょう。(「設定」>「iCloud」>「iPhoneを探す」という手順)
  2. iTunesに繋ぎバックアップを作成する
  3. 本体データをリセットする。(「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」という手順)

「iPhoneを探す」の機能に関してはオンになっていると、遠隔で端末ロックすることができてしまうため、買取に出す際には必ずオフになっていることを確認してください。

その後はバックアップを作成し、端末本体のデータを削除するという流れになります。

最後にSIMカードを抜く

iphoneのSIMカード
(写真:iPhoneの側面にある小さな穴に付属のピンを差し込むとSIMカードスロットが出てくる)

最後にSIMカードを抜くようにしましょう。

SIMカードは本体の側面に小さな穴が開いていますので、そこにアイフォン購入時に付属してきたピンを指すとスロットが出てSIMカードを抜き取ることができます。

クリップなどの細くとがったものであれば代用することもできますので、必ず忘れずにSIMカードを抜いておきましょう。

iPhoneの買取方法について

いまiPhoneを取り扱う買取業者はかなり増えていて、大手の業者から小さな買取業者までさまざまです。

iPhoneは基本的に日本で発売されているものも海外で発売されているものも機能は同じです。

言語切り替えをすれば国境を越えて利用することができます。

格安SIMなどが広く普及して中古のアイフォン需要が増えたというのもありますが、世界中で利用できる端末ということもありiPhoneは高値で売ることができるのです。

小さな買取業者は少なからず怪しい噂も

iPhoneの買取業者は多岐にわたりますが、買取に出すのであれば大手の企業をおすすめします。

理由は小さな買取業者に使用済みのiPhoneを売却した場合「のちに不正や犯罪など悪用される危険性」が少なからずあるからです。

買取業者間の噂ですが小さいけど高値買取してくれるような業者は卸先が犯罪などに利用される組織の場合もあると聞きます。

関係ないといってはそれまでですが、なんらかの方法で端末からデータを抜かれたりトラブルに巻きもまれるリスクがないとも限りません。

話が矛盾するようですが、1円でも高く売るために怪しい業者を利用するよりも、実績のある大手の業者を利用して売ることをおすすめします。

iPhoneを売るのにおすすめの買取業者3選

大手の買取業者でかつ宅配買取などが利用できて、手軽にiPhoneを売却できる業者をピックアップしています。

iPhoneの売却先を迷った際には参考にしていただければと思います。

  1. ネットオフ

    ネットオフ

    買取実績 5.0
    対応速度 4.5
    オススメ度 5.0
    送料・査定料一切無料
    iPhoneの買取に強い!
    傷があっても関係ない定額買取が高評価!

    ネットオフは実績抜群の宅配買取専門の業者です。キャリア関係なくiPhoneの買取には特に強く、画面の割れなど深刻なダメージがなければ、傷や付属品がないものでも定額で買取してくれますので、状態が悪い品など関係なく高値で売ることができます。

    もちろんそれ以外のスマートフォンも他社より高い相場が魅力です。。個人情報の削除も徹底していて、データ完全消去ソフト「Blancco」導入して安心も謳っています。宅配買取利用時における送料や手数料、査定料などは一切かからないため手軽に査定に出したい時にも便利です。

    管理人のレビュー

    ネットオフは実績抜群で高額査定が可能な宅配専門の業者です。中でも近年スマホの買取には特に力を入れています。スマホ全般買取が可能ですがiPhoneに抜群に強いです。軽い傷などは不問とする定額買取サービスは他にはないサービスですし、iPhone7など比較的新しい機種はかなり高額で買取してもらえます。

    ネットオフで宅配買取の申込み

  2. スマホ買取ネット

    スマホ買取ネット

    買取実績 4.0
    対応速度 4.5
    オススメ度 4.5
    スマホ専門の
    宅配買取業者
    Web一本に特化した高額買取が魅了!

    「スマホ買取ネット」はスマホだけに特化した買取業者です。買取対象は「iPhone」「iPad」「androidスマホ」「androidタブレット」「Kindleシリーズ」のみの取り扱いになりますので、その分ほかより高い高額査定が魅力の一つです。

    ここも宅配買取に特化したWeb専門の業者なので、実店舗を持たない高額査定が魅力です。箱や付属品の有無、傷などの保存状態、今の市場価値などを総合的に評価して、細かな査定をすることが評判です。しっかり丁寧な査定を望む場合に適しています。

    管理人のレビュー

    携帯電話の買取業者の中でも大手に属すスマホ買取ネットはスマートフォン買取の専門業者です。申し込みから即日で配送手続き、到着次第当日の入金が可能という対応スピードも魅力です。Web見積もりなどのサービスも充実しているため、手軽に査定したい方などは利用してみるのもおすすめです。

    スマホ買取ネットで査定申込み

  3. SIMフリーiPhone買取ドットコム

    SIMフリーIphone買取ネット

    買取実績 3.5
    対応速度 4.0
    オススメ度 4.0
    SIMフリーiPhone買取専門
    スピード宅配買取が魅力!
    SIMフリーのiPhoneを高額買取!

    「「SIMフリーiPhone買取ドットコム」は名前の通りSIMフリーのiPhoneを専門に取扱う買取業者です。同じiPhoneでもキャリアの品は全て買取してくれませんが、その分SIMフリーのiPhoneにはとても強く業界屈指の高い買取査定が魅力です。

    SIMフリーであれば壊れた品でも買取してくれます。宅配買取だけでなく出張買取にも対応しているのがこの業者の特徴で、素早くSIMフリーのiPhoneを売りたいときなんかにはおすすめの業者の一つです。

    管理人のレビュー

    SIMフリーのiPhoneに特化した買取業者ですので、査定金額は比較的高い傾向にあります。ただし状態などによって査定金額もかなり変わってきますので、きれいで新しい品を売るのにはかなり適していますが、状態の悪い品はおすすめできません。

    SIMフリーiPhone買取ネットで査定申込み

少しでもiphoneの査定がアップするポイント

売る前に、少しでもiPhoneの買取査定額がアップするようなポイントをまとめてみました。

より高く売りたい場合には、査定に出す前に一通りチェックしてみると良いと思います。

箱や付属品を揃えて少しでも綺麗に見せる

誰にでもおこなえる査定のアップのコツは少しでも付属品をそろえるという点です。

付属品でもっとも重要なのが「箱」です。Apple製品は箱のコレクターもいるほど箱にも価値が高いです。

それだけで数百円から数千円査定がアップする場合も多いです。

その他にも充電ケーブルなどももちろんそろっているのがベストです。(※イヤホンは業者によっては買取しないところも多いです)

外見の小傷などは仕方ありませんが、表面が汚れている場合には柔らかい布などで汚れを取っておくと印象も良いです。

壊れている場合は修理に出してからのほうが得な場合も!?

壊れているiPhoneでも今は買取してくれる業者のほうが多いです。

iPhoneは修理業者も今は多く、中には買取業者と提携しているところも非常に多いです。

そのため修理できる程度に破損しているiPhoneであれば基本的に買取は可能です。

しかし壊れている場合には査定の減額が免れません。一番多いのが「画面が割れてしまっているケース」です。

このケースでは、場合によっては修理してから買取したほうが得する場合もあります。

面倒だが修理してから売るのも手

画面が割れてしまった品は最悪の場合、買取相場から3万円ほど減額される場合があります。(※古い品だと買取不可になるケースも多い)

画面割れの場合「Apple(アップル)」の正規サポートで修理に出すと15,000円-20,000円程度かかります。

減額幅が修理金額を超えるため、修理したほうが得という場合もあります。

もし「AppleCare(アップルの正規保障サービス)」に入っている方は、3,400円で画面の修理をおこなうことができますので、この場合は絶対に修理したほうが金額的にはお得です。

iPhoneの修理金額は以下を参考に
iPhoneの修理サービス料金|Apple

その他の格安修理業者を利用する手もありますが、正規以外のサポートを受けてしまうと部品も変わってしまいます。

それによってさらに査定を減額する買取業者もいるため、正直あまりおすすめはしません。

まとめ

iPhoneの買取事情について詳しく解説していきました。

今の買取市場の中でもスマートフォン関連の買取はかなり伸びていて、市場も年々大きくなってきています。

今後さらに格安SIMなどが浸透していけば、iPhoneのみならず他のスマホに関しても相場は上昇していくことが予想されます。

ただし入れ替わりや新しい機種の発売も多いため、プレミア化などはあまり期待できないです。

iPhoneを売る際にはその端末が古くなり価値が落ちる前に、早めに売ってしまうというのがおすすめです。

少しでもiPhoneを売る際にご参考になれば幸いです。