CDやDVDは宅配買取で気軽に処分

今回は「CD」や「DVD」の買取情報について徹底解説していきたいと思います。

処分が面倒な品としてよく挙げられるCDやDVDですが、店頭にもっていかなくとも宅配買取などを利用すれば手軽に買取に出すことができます。

ブックオフなど大手業者も店頭のイメージが強いですが、宅配買取や品数が多い場合には出張買取にも対応してくれます。

ここではそうした手軽に処分できる宅配買取に関するメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。

傾向としては漫画の買取と共通する箇所も多いため併せてチェックしていただければと思います。

CDやDVDの買取についての傾向

まずはじめに言っておきますが、CDやDVDを高く売ろうと思うと結構痛い目を見ます。

当サイトで紹介しているような買取のジャンルの中でも買取率(※定価に対していくらで売れるか)という点で比較すると、ブランド品をはじめとするほかのジャンルに比べCDやDVDはかなり低いです。

それに本当に高く売ろうとするなら1点1点、もしくはせめてアーティストごとなどに分けてフリマアプリやオークションに出品したほうが良いです。

しかしあくまで「処分」+「少しでもお金になれば」ということであれば、店頭に持ち込む、もしくは宅配買取はかなり有用です。

まとまった量を全部高く売ろうとすると本当に大変ですので。

だいたいの買取相場はいくらくらい?

ざっくりですがCD・DVDの平均買取相場をご紹介すると

  • シングルCD:5円-20円
  • アルバムCD:20円-30円
  • DVD(映画):50円-200円
  • DVD(音楽):100円-300円

だいたいこのくらいの相場となっているため、ある程度まとまった金額で売りたいとなるとかなりの数が必要になります。

そういう意味であくまで処分という感覚でいるのがおすすめです。金額に対する過度な期待やCDやDVDに関しては持たないほうが良いでしょう。

ただ思い入れのある品であったりは処分はちょっと・・・という方も多いと思いますので、少しでもお金なればと買取を利用する人はとても多いです。

店頭を利用するメリットとデメリット

まずCDやDVDを手軽に売る方法としてはブックオフなど買取サービスを展開しているお店を利用するという手があります。

お店側からすると輸送の手間も省けますし、若干ですが宅配で売るよりかは査定もアップする傾向があります。(※業者によるため一概には言えませんがブックオフなどの場合は店頭のほうが少し高い)

メリットは金額が少し高い可能性があるということですが、反対にデメリットはやはり持ち込みの手間です。

CDやDVDなどの場合数が多くなってくると途方もなく重いです。段ボール一個にまとめたとしても一人で手で持っていくのは本当に大変な量になります。

歩いて数分のところに店頭があるのであれば持ち込みもおすすめしますが、そうではなく「持ち運びに難があるほど量が多い」ということであればかなり大変というのが最大のデメリットです。

宅配買取を利用するメリットとデメリット

宅配買取では申し込みをして、段ボールに売りたいCDやDVDを梱包してあとは配送業者に渡すだけで完了です。

送料や手間賃がかかるため店頭よりも多少査定が落ちるケースが多いというのはデメリットですが、何より手軽に処分することができます。

売りたい、もしくは処分したい品が少なければよいですが、とにかく要らないCDやDVDが多いということでしたら宅配買取の利用をおすすめいたします。

ダンボールがないという場合にも、大手の買取業者の場合事前に段ボールだけ先に送付してもらうこともできます。(※200円程度かかる場合が多いです)

高く売れるCDやDVDはどんな品?

希少価値が高いCDは高く売れる

“どんなCDやDVDが高く売れるのか”

と聞かれれば「希少価値が高い品」というのに尽きます。正直売れているアーティストかどうかや、人気の映画かなどはそこまで関係しません。(とはいえ無名の方の作品は評価しづらいですが)

CDの「初回限定版」であったり、もっとマニアックな「限定配布モノ」などは高く売れる傾向が強く、売れているアーティストの初期の作品などは全体的に高いです。

DVDであれば「ドラマのボックスセット」や、豪華な特典なども付いている「コンプリート版」などは買取率も高い品として挙げられます。

需要が爆発的にあれば買取額も高い

人気不人気はそこまで関係ないといいましたが、需要が圧倒的に高い品ともなれば話は別です。

例えば「嵐」のシングルCDやDVDなどの初回限定版などは1点数千円付く品も多く、ファンが多いからこそ値段が高騰している例です。

他にもアイドル関連の品などは古い品で数が少ない品は相場以上の価格で買取されている傾向があります。

とはいえそれを突き詰めて高く売りたいということであれば、それこそオークションなどで別で出品したほうが高値がつきます。

新しい品のほうが買取率は圧倒的に高い

上で紹介したある種プレミア価格が付いている品以外では、基本的に出てすぐの新しいCDやDVDは高く売ることができます。

当然ですが出てすぐは中古の需要も殺到します、CDやDVDは時間が経てば経つほど人気が再燃などしない限りは需要は下火となっていきます。

新しい品のほうが高額がつく傾向にあるのは漫画などと比較しても同じです。

CDやDVDの宅配買取でおすすめの買取業者はどこ?

実際に宅配買取に出すならどこがおすすめかと点をまとめていきたいと思います。

いろいろ私が利用してみた傾向からすると「無難に大手の業者がおすすめ」という結論に至りました。

  • 査定にばらつきがない(極端に安いなどがない)
  • 対応スピードが速い
  • ダンボール配布サービスがある

CDやDVDを専門に扱っている名の知れていない買取業者などは実際にかなり多いのですが、上記3つの項目をすべて満たすところはほとんどありませんでした。

中には同じ品を出しても査定が大手業者の半額以下のところなどもありますので、ある意味ギャンブルに近いです。

アイドル専門といった専門分野に長けているところもありますが、トータルで見るならやはり大手のほうが無難に高いし使い勝手も良いです。

おすすめNo.1は「ブックオフオンライン」の宅配買取

ブックオフオンラインキャプチャ

一番のおすすめ最大手である「ブックオフ」のネット宅配買取サービスです。

実際に査定の高さであったり対応の良さなどは文句なしにNo.1です。申し込みから一週間程度で査定結果が出るスピードも業界随一です。

ダンボールもなければ1個200円で事前に送付してもらうことができます。(ダンボールは1日-2日で届きます)

もちろん自分で段ボールを用意すれば、実質集荷を掛けるだけの手順ですので、全て終わるまでに一週間もかからないと思います。

査定を見てからキャンセルすることもできるため、気軽に査定をお願いしたいという場合にも便利です。

CDやDVDを大量に処分したい、売りたいということであればブックオフオンラインに依頼するのが一番おすすめです。

二番手はネット買取の大手「ネットオフ」の宅配買取

ネットオフキャプチャ

ブックオフの次におすすめなのがこちらも業界大手の「ネットオフ」という買取業者です。(※名前が似ていますがブックオフの系列店ではありません)

こちらは店舗を持たない宅配買取の専門業者です。CDやDVDだけでなくブランド品など幅広い品物を買取できるという特徴もあります。

それを利用してCDやDVDだけでなく家にある不要な品を合わせて買取してもらえるというのが最大のメリットです。

ただ一点ネットオフの配送センターが愛知にあるせいかわかりませんが、査定結果の通知までの対応が遅いという点があります。

過去にブックオフが一週間で査定が完了したのに対してネットオフだと二週間程度かかったことがありました。

そこを除けば利用しやすい買取業者の一つなので、金額を比較したいときに利用してみると良いかと思います。

宅配買取を利用するときの注意点

宅配買取を利用する際には少しだけ注意点もありますのでまとめていきたいと思います。

  • キャンセルは無料だが返送料はかかる
  • 全品キャンセルか全品買取しかできない場合が多い

具体的な注意点は以下のようなことです。

宅配買取は基本的に査定を見てから「買取」か「キャンセル」かを選ぶことができますが、返送料(送料)は自己負担であるケースが多いです。

あとは「期間内にキャンセルの連絡がなければ自動的に買取成立」といった業者もあるため、そのあたりは注意していただきたいです。

CDやDVDの場合原則として1点1点のキャンセルはできません。基本全品売るか返送かのどちらかです。(※1点1点が高価なブランド品などは単品でのキャンセルができる傾向が強いです)

もちろんいくつかの業者を利用して査定額を比較することはできますが、キャンセルには少なからずお金がかかる場合も多いため注意が必要です。

まとめ

ここでは宅配買取を主におすすめさせていただきましたが、CDやDVDの場合他にも「店頭持ち込みでの買取」や「フリマアプリやオークションで売る」という選択肢もあります。

どれも一概に良いということはできず、それぞれにメリットがあるため売りたいCDやDVDがどんな品なのか?によって使い分けていただくのがベストかなと思います。

ただ処分ということを考えると、持ち込みや手間がほとんどない宅配買取が非常に便利なため、当サイトではおすすめさせていただきました。

あるCDをできるだけ高く売りたいといった要望には応えづらい方法のため、用途によって最適な判断をしていただければと思います。