4
ブランド品を本物かどうか?見極める上で一つの指標として「ギャランティカード(保証書)」というものが存在します。

ギャランティカードは本物を購入すれば必ず付くものというわけでもなく、発行していないブランドもあったりと、その扱いもブランドによってさまざまです。

ですが「修理の時」「買取に出す際」などには、大きな役割を果たしたりと重要な側面もあります。<今回はそんなブランド品のギャランティに焦点を当てて、知っておくと便利な雑学としてまとめました。 [char no=9 char="ブランド姫"]ブランド品はできるだけ正規店で買いたいのよね・・・なぜならギャランティカードも付くし、確実にホンモノじゃない?ギャランティがないお店で買うのはちょっと抵抗があるわ・・・[/char]

買取キング買取キング

たしかにギャランティがないのは不安だね。でもブランドによってはそもそもギャランティを発行していないところもあるんだ!

ギャランティカードとは

ギャランティカードとは各ブランドが、その商品の品質を保証するために発行しているものです。正規店で購入したものには、本体商品と一緒にギャランティカードが付属していることが多いです。

ギャランティカードの意味合いは品質の保証(ホンモノだという証)が一番にあります。そのため、その商品が「いつ購入されたか」「どこで購入されたか」「誰が購入したか」などの詳しい情報が記載されています。

これがあることで.

  • 正規店・ブティックでの修理や保証サービスが受けれる
  • 買取に出すときにホンモノの製品だという評価を受けれる

というメリットがあります。

正規店でしか発行されない

ギャランティカードは基本的にブランド品を正規店で購入したときにしか発行されません。正規店というのは「ブランドの直営ブティック」と「正規代理店」の二つのみです。

直営ブティックとは:
ブランドの会社が運営している直営店のことです。ブランド街にずらーっと並んでいる、各ブランドの店舗や、デパートの中に入っているショップもほとんどが直営ブティックにあたります。

正規代理店とは:
ブランドの会社が直接、代理店契約を結んでいるお店のことです。正式に製品を取引しているため、こちらも正規品という位置づけになります。ブランドによっては正規代理店がない場合もあります。

買取キング買取キング

ギャランティカードがあるということは正規店で購入したことの証明になるんだ!


これら以外の並行輸入店や、その他正規店以外の通販ショップなどでは、原則ギャランティカードなどは発行されません。並行輸入品はニセモノというわけではありませんが、ギャランティがないため(※)、オフィシャルのサポートは受けれないブランドも多いです。
※名前や日付が空欄のギャランティがついてくる場合があるが、実際にはあまり効力を持たない

並行輸入品に関する詳しい説明はこちら>>ブランドの並行輸入品ってホンモノなの?並行輸入品って何?

ドン・キホーテなどではギャランティを発行していない

ブランド品の販売で有名な「ドン・キホーテ」ですが、売られているブランド品はほとんどが並行輸入品です。そのためギャランティカードは発行していません。

そのためドン・キホーテで購入したブランド品の多くは、正規のサポートを受けることができません。しかしその分ドン・キホーテで手厚い修理などのサポートを独自で手配してくれます。

このように並行輸入品を取り扱うお店は、“正規のギャランティが発行できないけど、うちの店で別に保証はするよ”というところも多いです。

そのためのオリジナルのギャランティカードなどを発行している通販ショップなども多いです。しかしこれらはあくまでオフィシャルとは関係ないものなので、注意が必要です。

ブランド姫ブランド姫

正規のもの以外のギャランティカードもあるのね・・・これでホンモノだと言い張られても実際に裏付けなどはないってことね。

ブランドによってはギャランティがない場合も

そもそもギャランティカードはすべてのブランドで発行しているものではありません。

人気の海外ブランドでは.

  • CHANEL(シャネル)
  • PRADA(プラダ)
  • Cartier(カルティエ)
  • BVLGARI(ブルガリ)

など多くのブランドがギャランティカードを発行しています。

しかし例外もあり.

  • Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)
  • Hermès(エルメス)

など、ギャランティカードや保証書といった類のものを、一切発行していないブランドもあります。。

もちろんだからと言って正規店で修理ができないわけはありません。ギャランティを発行していないブランドでも、ホンモノの商品を持っていけば正規店の修理やサポートを受けることができます。

そもそもギャランティカードなどなくとも、偽物か本物かなんてすぐわかるという自信の表れなのでしょうか?いずれにせよ、ギャランティが付かないブランドもあるということは知っておきましょう。

買取時のギャランティカードの価値

買取に出す際や、査定に出す際には、ギャランティカードがあるブランドは、ギャランティがあったほうが高評価に繋がることは言うまでもありません。

ただし査定員もプロですので“ギャランティカードがあるからこの商品は間違いなくホンモノだ”というような判断はしません。査定員は付属品の有無ではなく、製品だけを見て、本物か偽物かの判断をおこないます。

中古品でもギャランティを欲しがる人がいっぱいいる

それでも実際にギャランティカードがあると、買取の査定時に金額アップされることも多いです。それは中古品を次に買う人がギャランティを求めることが多いからです。

実際に中古品を販売するときにもギャランティが有る無しでは、売れ行きが全然違います。本物だという信頼感もそうですし、前述した中古品でありながら「正規店でサポートが受けれる」ことが大きな要因です。

プロの査定員の目からしたら、正直ギャランティがあろうがなかろうが一緒です。その商品を見れば、本物の品質でできた商品なのか?偽ブランド品なのか?を目利きするのがブランド品の鑑定士ですので。

ですが次に買う人が「ギャランティカードがあると安心するし、サポートも受けれる」と感じるため、ブランド品を買取に出す際にはギャランティカードがあると、査定額アップにつながります。

買取キング買取キング

中古品でもギャランティが欲しいという人が多いから、査定時にギャランティがあれば査定額アップにつながるんだ!

ギャランティカードが悪用される場合も

事実ギャランティカードは悪用されることもあります。

ネットオークションなどの悪質な出品者などは、ギャランティカードだけを出品していたりするケースもあり、こういった売られているギャランティを、偽ブランド品に付属させ、あたかもホンモノかのように二次販売する悪質業者(個人)も存在します。

これは並行輸入品と謳っていながら、偽ブランド品を販売している悪質な通販業者などにも共通した手口の一つです。

そのため正規店以外で中古のブランド品などを購入するときは、ギャランティや付属品があるからといって、絶対にホンモノだと信じ込むことはやめましょう。

まとめ

このようにギャランティカードは単純に本物の証明ということで存在してるものの、それを利用して偽ブランド品の販売などに悪用されるケースもあります。

実際に自分が正規品としてお店で購入したものを使い続ける分には、修理の時くらいしか出番はありません。万が一ギャランティカードをなくしても、本人であればレシートや購入履歴などをさかのぼり、サポート対応をしてくれるケースも実際には多いです。

ですがブランド品を売りたいときには、やはりギャランティがあるに越したことありません。中古品としてブランドを取り扱う際には、ブランドが発行するギャランティカードはとても重要なのです。