セイコーのアストロン状態は美品

今回は「SEIKO(セイコー)」の腕時計2本を実際に買取店で査定に出してみて、その金額の差などを比較してみました。

腕時計は同ブランドの品を2本用意しましたが、ひとつはセイコーの中でもトップクラスの高級モデル、もうひとつは極めて低価格帯のクォーツ腕時計です。

セイコーはあくまで高級ブランドという位置づけではありませんが、その分所有されている方は非常に多いです。

高級時計ではない「身近な腕時計がどれくらいの値段で売れるのか?」という点にも注目して、参考にしていただければと思います。

査定に出したセイコーの腕時計

査定を比較するために買取店に持ち込んだ品は以下の二点です。

  • ASTRON(アストロン)8Xシリーズ セラミックホワイト
  • クォーツ腕時計(名称不明)ステンレススチール

細かな点に関しては下記の項目で解説してきます。

セイコーの中でも高級モデルのアストロン

状態の良いアストロン

一つ目はセイコーの「アストロン」という高級シリーズの品です。

定価は21万円程度と、セイコーの腕時計の中でもトップクラスに高額なモデルとなります。

その分高機能なクロノグラフなどをはじめとする、セイコーが誇る技術のすべてが詰まったようなモデルになっています。

状態も非常に良く保証書など付属品も完備

アストロンの保証書
(写真:アストロンに付属する保証書)

状態も「ほぼ新品同様」と言えるほど綺麗で、写真の通り保証書やケースなどの付属品も揃っています。

査定でマイナス評価される点はほぼないと思われますが、セイコーの高価格モデルというだけあって人気の有無や買取率などは気になるところです。

1万円前後でも購入できるセイコークォーツ

SEIKOのクォーツ時計

もう一つが正式なモデル名不明の「セイコークォーツ」です。一般的な電池式のセイコーの腕時計と思っていただいても良い品です。

このモデルに関しては名称が不明なため、詳細なことは言えませんが、ほぼ間違いなく「定価1万円前後で購入できる品」であると思われます。

状態は中古品として使用感はあるものの、大きな傷などはなく十分買取は可能な範囲だと思います。

付属品はコマがあるが電池切れしている

セイコーのクォーツ
(写真:付属品はベルトのコマだけ)

付属品に関しては「ベルトの余りコマ」だけあります。(※中古の腕時計の買取においては余りゴマは査定に影響する大事な品)

そしてこちらのモデルは電池が切れてしまっていて、動いていない状態です。

元々低価格な品なため高額での買取はまず間違いなく難しい品ですが、電池切れという状態がどう影響するかもチェックしてみてください。

査定をお願いした大手買取店8社

セイコーを査定に出した買取店8社

今回上記の2点を査定に出した買取店は大手ブランド品の買取店などを含む8社です。

  • コメ兵
  • 大黒屋
  • ブランドオフ
  • 銀蔵
  • なんぼや
  • 質セキネ
  • ブランドピース
  • 買取プレミアム

これだけあればそれなりに適正価格が導き出せるはずです。

ブランド品の買取店がメイン

今回査定に出した多くの買取店が「ブランド品を専門に取扱いしているお店」です。

セイコーはブランドなのか?と問われると際どいところではあるものの、アストロンなどの高価なモデルに関しては、力を入れて買取してくれるところも多いはずです。

また「質セキネ」などは買取店でありながら、質屋としてがメインのお店なので、質屋系のお店でセイコーの腕時計が売れるのか?という点にも注目してみてください。

幅広いジャンルに対応している出張買取専門店

最後にある「買取プレミアム」に関しては、ブランド品だけでなく骨董品なども買取が可能な出張買取専門店です。

販売用の店舗を持たない買取専門店なため、当サイトで様々なブランド品を査定に出した際にも、他社と比較して高額な査定を提示してくれる傾向が強いです。

幅広い品を取り扱いしている分、安価な腕時計にも強いのではないか?という視点で今回は査定に出してみました。

セイコーの腕時計2点の査定結果

ずばり、査定の結果は以下のようになりました。

表にまとめていますのでチェックしてみてください。

アストロンスクエアSEIKOクォーツ
コメ兵65,000円0円
大黒屋87,000円0円
ブランドオフ65,000円500円
銀蔵63,000円0円
なんぼや70,000円300円
セキネ70,000円0円
ブランドピース90,000円500円
買取プレミアム80,000円1,000円
MAX査定価格90,000円
(ブランドピース)
1,000円
(買取プレミアム)

各社の査定結果はこのようになりました。

パッと見てもクォーツの腕時計に関しては、8社中4社が「0円査定」を付けるというかなり厳しい評価となってしまいました。

もっとも高値を付けたという意味で評価すると「ブランドピース」が、どちらも安定して高く、クォーツに関しては「買取プレミアム」のみが1,000円を付けてくれました。

高級モデルは価格差も大きい

アストロンの査定結果をまず分析してみると、以下のようになりました。

1位 ブランドピース:90,000円
2位 大黒屋:87,000円
3位 買取プレミアム 80,000円

上位に関しては「定価21万円に対して買取価格8万円-9万円」というかなり良い買取率で買取してくれたと思います。

最高で買取率42%というのは、海外高級腕時計などと比較しても、良い利率であることは間違いありません。

最大で3万円程度の金額差が出た

ただ一番安いところは「銀蔵の63,000円」で、一番高いブランドピースと比較して「27,000円の金額差」がありました。

状態の悪い中古のブランドバッグなどの場合はもっと大きな差が出ることもありますが、これだけ差が出てしまうのであれば、できるだけ比較したりしてから売ることも視野に入れなくてはなりません。

安価なモデルはどこも低評価

今回の査定結果からわかったことは「セイコーの安いモデルはほとんど売れない」という点です。

ちょうど半分の4社が「値段が付けられない・もしくは、うちでは買取が不可」という評価を下したことから、多くの買取店でこの価格帯のモデルは取り扱っていないことがうかがえます。

また高いところでも1,000円という査定結果だったことから、例え買取ができてもほぼほぼお金にならないことは間違いありません。

電池切れしていることも少なからず影響

今回査定に出したセイコークォーツは電池切れしている品でした。

査定においても「それも少なからず影響する」といったことを言われた買取店も多かったです。(だからといって高額買取ができるわけではないだろうが・・・)

単純に中古として販売するときに電池の交換費用なども発生するため、それだったらいらない。といった判断かと思います。

とはいえ最高でも1,000円といった評価がすべてを物語っているような気がします。

まとめ

今回はセイコーの腕時計の買取査定を大手8社の買取店で比較していきました。

結果から伺えるセイコーの買取の傾向としては、

  • 10万円超の高級なモデルなどは高級腕時計と同じようにかなり高い買取率で売れる
  • 2万円以下程度の低価格なモデルは査定が1,000円程度や0円などもザラ

この2点に尽きるかと思います。

買取で高く売れる品の前提としては、中古品としての需要があることです。

やはり高価格帯のモデルはセイコーであっても需要があり、高値で買取してくれますが、もともとの価格が安いような品に関しては買取店ではほぼ相手にしてくれません。

身の回りの品の中でも「腕時計=売れる」というイメージは少なからずありますが、大量生産されているありきたりな品に関してはほとんど値段は尽きませんでした。

セイコーの腕時計をこれから売りたいという方などに、この記事が少しでも参考になれば幸いです。